nama3の気ままに雑記

カテゴリ:未分類( 20 )

霧と霜と草と木々と

f0224100_10225985.jpg
6月14日の夜明けは奥日光小田代ヶ原で迎えました。晴天になったため放射冷却、小田代
ヶ原は、霜で真っ白でした。着いたときは霧は出ていませんでしたが、すぐに原っぱに白
い一筋の線が現れました。線はみるみる横へ縦へと広がって行きました。ここは、霧が発
生しやすい場所ですが、毎回違うドラマを見せてくれます。土日は、朝4時に、赤沼駐車場
から早朝バスが運行されますが、平日は、バスがないためか、好条件の日でも人は少ない
。14日は、自分を入れて3人だけです。この広い小田代ヶ原は貸し切り状態でした。
f0224100_10232248.jpg
f0224100_10233706.jpg
土日は、シーズンになると身動きもできない程三脚が並びます。故に、「今日はここ」と
決めるとその場を離れることはできません。自由に動けることが妙に嬉しくて、木道の奥
へ進んで撮ったり、朝日が原っぱに入り始めたら光の角度見ながら移動したりと楽しい撮
影になりました。今年3回目にして、いい条件に恵まれました。風景がシャッターを押させ
てくれる。写真的には手あかのついた写真になってしまうけど、無我の境地でどんどん
シャッターを切りました。この感覚、ちょっと久しぶりの感じでした。

by nama3_kitano | 2018-06-17 00:01 | Comments(0)

レンズ棚卸

f0224100_11435150.jpg

自分がマイクロフォーサーズ機(E-M1 E-M1MK2 E-M5MK2 E-PM2 GM-5 GX-8)で使っているレンズを
並べてみました。いつの間にかこんなに増殖してしまった。オリンパスのズーム(9-18 12-40 40-150
7-14 14-35 50-200)6本、パナソニックのズーム(12-32 45-175)2本、オリンパスの単焦点(8 12
17 35 45 50マクロ 60マクロ 75 150)9本、パナソニックの単焦点(12 14 25)3本、シグマの単焦点
(19 30)2本、フォクトレンダーの単焦点(10.5 42.5)2本、トキナーの単焦点(300レフレックス)1
本。他ニコンの引き伸ばしレンズ50㎜を指風琴に改造1本、OM用90マクロ1本。他にレンズ扱いではあ
りませんがボディキャップレンズ2個があります。オリンパスのレンズの中には、FT用のレンズも含まれ
ます。こんなに持っていてもまだ欲しい?物欲とは恐ろしい。特にレンズは、沼という言葉が良く使われ
ますが、マイクロフォーサーズは沼が深いです。いったい何撮るの?レンズの味なんてわからないのに。
困ったものだ!

by nama3_kitano | 2018-05-24 00:01 | Comments(0)

セイヨウフウチョウソウ

f0224100_21090795.jpg
 今、雑草園で一番勢いのある花です。以前、このブログに書いたことがあるような記憶
もありますが、この花、ちょっと不思議なところがあります。それは、花の色が夕方から
夜にかけてと、朝から昼にかけてでは、変わることです。写真の状態は午後6時ごろに撮
影した花です。そして、同じ花を翌日の朝に撮影したのが↓です。時間とともに色あせた
のかもしれませんが、別のロマンのあるストーリーを作りたくなってきます。
f0224100_21103798.jpg
 花の色が途中で変わる花は多くはないですね。自分の知る限りでは、スイカズラとこの
セイヨウフウチョウソウくらいです。スイカズラは、銀(白)が金(黄色)に変わるように
変化しますのでなんだか縁起が良く感じます。セイヨウフウチョウソウは赤が白になるで
紅白、めでたい変化ですね。

by nama3_kitano | 2017-07-25 00:01 | Comments(0)

写真展巡回のあとは永代橋へ

f0224100_00085890.jpg
 梅雨が開けてから暑い日が続きます。午後1時頃、つまり一番暑い時間帯に玄関から出
るとお向かいの奥様とバッタリ。この方70代の方ですがとても元気で、いつも大きな声で
挨拶してくださいます。でも、いつもと違って「暑~い。こんなに暑いのにどちらへ?」
と何時になく声が小さい。たしかにこの暑さですから当然ですね。撮影に出る予定がなか
ったので、写真展巡回、その後隅田川エリアへ行こうと考えてでましたので、とても暑い
午後から外出となったわけです。
f0224100_00100248.jpg
 写真展は、まず、新宿のオリンパスギャラリーへ。今fotopus写真展が開催されていて
知り合いが沢山参加しています。皆さんの写真への熱い思いが写真から伝わってきます。
素晴らしいですね。次は半蔵門へ行こうと思ったのですが、その前にリコーイメージング
スクエア新宿に寄ることにしました。檜谷俊樹写真展「一会一彩~瞬間の感動を求めて~
」が開催中でした。有名な場所で撮影されたと思われる風景写真ですが、風景が輝く瞬間
をしっかり捉えた写真で構成されていていて、執念と苦労が伝わってきました。
f0224100_00110581.jpg
 その後、新宿を後にして半蔵門へ、JCIIフォトサロンへ向かったのです。ここでは今、
田淵行男山岳写真展「北の山」が開催中です。1970年頃の北海道の山の写真です。田淵行
男と言えば、高山蝶であり穂高なのですが、北海道の山の写真も撮っていたのですね。所
謂ピークハンティングではない、確かな視点、揺るぎない思想を感じる写真です。そして
その後はソニーイメージングギャラリー銀座へ。Kyon.J「Amazing Moments」が開催中です
。ご本人が在廊されていましたが、若い東京在住の中国人写真家さんでした。本格的に写
真を撮り始めて3年ぐらいって、本当にビックリです。まさにAmazingな写真でした。
f0224100_00113952.jpg
 写真は、今月3回目の隅田川エリアです。今回は、いつも被写体にする永代橋へ行きまし
た。広角で光跡を撮りたかったからです。やはり土曜日、屋形船が次々にやってきて楽しい
。船に向かって手を振りながらの撮影でした。



by nama3_kitano | 2017-07-23 00:12 | Comments(0)

荒川花ハス園へ

f0224100_18561554.jpg
 先月、ホタルを撮るために出没した荒川花ハス園へ行ってきました。今度は蓮の花を撮
るためです。ここには、4、5種類くらいの蓮が栽培されているいるようですが、花の数
は予想よりも少ない。撮影中、早朝散歩でやってきた地元の方にお聞きしたところ、やは
り今年は少ないということでした。特に大賀ハスのエリアに、ガマが入り込んで増え始め
大賀ハスが駆逐される勢いだということでした。
f0224100_18594080.jpg
 ここの魅力は、蓮の花は勿論ですが、休耕田を蓮池に変えたことから、畦道が残ってい
ることです。主な畦道は、板が置かれて木道のようになっていますが、草ぼうぼうのまま
の畦道も残っています。長靴を履いていますので、その畦道に入るととても楽しい。蓮以
外にも魅力的な雑草や昆虫がたくさんいます。蓮の花が少なくても十分楽しめます。
f0224100_19001563.jpg
 まあ、ハスの花を見に来た人にとってはちょっと残念かもしれませんが、花も少ないな
がらも咲いていないことはありません。種類はよくわかりません(一応看板が立てられて
いますがメモしてきませんでした)が、自分はもともと名前を覚えるの苦手です。図鑑的
に名前を覚えるよりもその美しさを撮りたい。と言いながら、図鑑的な撮り方が好きだっ
たりします。
f0224100_19004273.jpg
 蓮の花の追っかけは、今年は、極めて変則的、そして回数も少なかった。今回の撮影行
が、今年の蓮お追っかけの最後になって仕舞うと思います。連休初日と最終日の2回、蓮
の花を沢山撮影しましたので、今週は、蓮の花ばかりがこのブログに登場すると思われま
す。ご容赦ください。


by nama3_kitano | 2017-07-18 00:01 | Comments(0)

観天望気 はずれ

f0224100_20361668.jpg
 今日の写真は、7月3日の夕焼けです。電車を降りてこの撮影ポイントまで小走りでやっ
て来ました。電車を降りた時西の空が染まりだしたのが見えたからです。山登りをしてい
たころ、観天望気について色々覚えました。夕焼けは晴れの前兆というのがあります。で
も天気図では台風が接近している筈。下り坂でも夕焼けになることがあるのですね。雲が
黄金に輝く夕焼け、とても美しかった。この写真を撮ってから24時間後、つまり昨日の帰
宅時は、大雨でした。そして今も激しく降っています。

by nama3_kitano | 2017-07-05 00:01 | Comments(0)

桜巡礼福島編 秋山の駒桜と・・

f0224100_11264550.jpg
秋山の駒桜、今回、一番北で撮った桜です。場所は、川俣町。と言ってもなかなかイメージできない
でしょう。福島市のちょっと南側です。あの花見山もひと山越えればすぐの場所です。この桜は、2回
目です。前回来たときは、夕方でしたので、今回は、光線が逆方向になる早朝にやってきました。東向
きの山の斜面に立つ一本桜です。非常に孤高なイメージがします。
f0224100_11274352.jpg
予想通りというか、下から見上げるように撮るときは順光です。天気は快晴のため、発色の良い写真が
撮れる。いろいろなアングルから撮影してみました。日の出の時間を二本松の合戦場の桜撮影で使いま
した。そのあとここへ移動してきたのですが、車で30分以上はかかっています。ですから、ここで撮影
を始めたのは7時過ぎです。この時間は、撮影者が少ない。自分の他にもう2人です。貸し切りに近い
状態です。他2人のカメラマンの位置やレンズの向きをチェックしながら、邪魔にならないように撮影
しました。自分は、桜にうんと近づいて、這いつくばるようなローアングルなどで狙うことが多いので
他のカメラマンには、ちょっと気を使います。
f0224100_11275895.jpg
桜の樹の後ろに回って、逆光でも撮影しました。面白いです。サンシュウなどが咲いていましたので
前ボケに使ったり、対面の斜面の桜入れてみたり、レフレックスレンズで撮ってみたりといろいろ楽し
みました。最後にずっと気になっていたことがあって、対面の斜面を登って、そちらから狙ってみるこ
とにしました。
f0224100_11281891.jpg
白い塀がずっと気になっていたのです。なんだろうと。対面の斜面を登って駒桜の方角を見て分かり
ました。除染土の置き場になっていたのです。震災前は、美しい棚田だったかもしれない場所です。
美しい風景写真はもちろん撮りたいです。でも、風景写真を撮るものとして、こういう問題も正面か
ら考える必要性を痛感しました。


by nama3_kitano | 2017-04-27 00:01 | Comments(0)

野火止用水に沿って

f0224100_22252256.jpg

冬眠宣言をしましたが、なんだかんだと毎日3時間は歩いています。今日は、急に思い立って、平林寺
へ行ってみることにしました。いつも紅葉シーズンには、バスか自転車で行くことが多いのですが、年末
スペシャル、歩いて行く事にしました。距離的には、7,8キロくらいだと思います。コースは、野火止用水
にできるだけ沿って歩くことにしました。用水の末端まで、我が家からは3キロ位の距離です。住宅街の
路地から路地を伝わって行ったのですが、途中、広い空き地があって、写真のような光景に出会いまし
た。枯れたネコジャラシとセイタカアワダチソウですが、冬の日差しに輝いて、まったくもって美しい光景
を作っていました。周りは住宅地ですので、1,2年のうちには、開発されてしまうことと思われます。つま
り、これは今だけの風景です。 続きはMoreへ

More
by nama3_kitano | 2015-12-30 00:10 | Comments(4)

olympus デジタルカレッジ

f0224100_230124.jpg

olympusデジタルカレッジに、参加しています。一昨年の桃井先生のストロボテクニック講座
以来ですので、本当に久しぶりです。今回は、組み写真撮影テクニック講座です。講師は、街
角写真家佐々木啓太先生です。先生は、いつもニコニコ優しい方のようにお見受けします。



f0224100_2332426.jpg

第一回目は、座学で、カメラの設定や撮影実習を行う川越のこと、撮影の心構え、マナーな
どについてでした。大事なことですね。今回の講座、撮影については、25ミリ単焦点一本と
いうレンズ縛りがあることは聞いていました。35mm換算50ミリの標準レンズでの撮影です。
でも、話が進むうちに、「聞いてないぞ!」ということが出てきました。それは、カメラの設定
です。


f0224100_2374366.jpg

それは、「Light-umber 2」という設定です。聞いてないぞー!そんな設定、初めて聞くぞー!
当たり前です。佐々木先生が編み出した設定です。しかも、E-M5以降に発売されたオリンパス
のミレーレス機のみで設定可能です。昼休み、早速その設定で試してみました。全く使ったこと
のないライトトーン、アスペクト比スクエア、ハイライト&シャドーコントロール、そして露出は、プ
ラス0.7以上って。こりゃ、いじめだー!でも、にこにこ楽しまなければ・・・先生、顔に似合わず
頑固な鬼かもしれません(笑)
by nama3_kitano | 2015-01-14 23:34 | Comments(0)

台風の後のご近所散歩カラー編

f0224100_2052589.jpg

同じような写真の連発で、飽きられてしまうかな。今日は、昨日の続きというか、昨日と同じですが、モノクロ
変換前のカラー編です。台風通過直後の空は、独特の雰囲気でした。明るい中にも、特長ある雲が浮かん
でいました・・・Moreへ

More
by nama3_kitano | 2013-09-19 00:01 | Comments(2)