nama3の気ままに雑記

カテゴリ:自然( 224 )

冬の萩

f0224100_16511019.jpg

小石川後楽園の帰り、水道橋駅近くの神田川沿いの歩道で遭遇しました。「えっ!今頃?萩だよね」
って思いました。萩の花は、秋の七草当然季語も秋です。帰って調べてみると花期は9月から10月と
あります。今は間違いなく12月です。ちょっと狐につままれたかのような気分になりました。

f0224100_1654543.jpg

バックにしまったカメラを再び出して、撮影です。撮らないわけにはいきません。葉っぱが黄葉になり
かけているのが、唯一今の時期を感じさせます。このような姿は、以前、赤塚植物園で撮りました
が、花の数が全然違う。あの時は、干からびかけた花が一輪だけたっだのですが、今回は、たくさん
ついています。

f0224100_1658494.jpg

考えてみれば、今年は11月も非常に暖かかった。インデアンサマーが毎日続いたような天気でした。
寒くなったのはここ一週間ほどです。それでかな。これも地球温暖化の影響か。本当に日本の季節は
、地球の摂理は、どうなっちゃうのだろう。今、パリでcop21が、開催されているが、たぶん、利害の対
立で、まとまらないだろうなあと思っています。

f0224100_172115.jpg

本当は待ったなしの状況にあるように感じます。化石燃料をエネルギー源としている今の文明にどっ
ぷりと浸かっている身としても、何らかの対応をすぐにでも始めないと本当に人類は滅亡するかもしれな
い。なんて、冬の萩を撮りながら・・・・ふー!でもきれい。
by nama3_kitano | 2015-12-08 00:01 | 自然 | Comments(4)

小石川後楽園で落ち葉の美学α遍

f0224100_9481852.jpg

落ち葉の美学、撮影は粛々と進行していますが、いまいち、ビビッとくるものが撮れません。やはり、心の肥やしが
足りないのかもしれません。でもまあ、それが現在の自分の到達点です。背伸びしても始まらない。小石川後楽
園は、自分の心にフィットしている場所の一つなので、今回は自然に肩の力も抜けて、撮影に臨むことができまし
た。音楽を聴きながらの撮影なので脳がリラックス状態だったのかもしれません。久しぶりに「美しい」と思った光景
にいくつか出会いました。落ち葉もその一つです。

f0224100_953382.jpg

気分を変える意味で、今回は、久しぶりにSONYのα7にZUIKO AUTO-MACRO90㎜F2をつけて、これをメ
インにサブは使い慣れているE-MIにM.ZUIKO DIGITAL40-150㎜を使いました。カメラを変えても見る目が
同じですから撮れる写真にそんなに違いはありません。使い慣れていないので、操作に時間がかかりますが、それ
がかえってゆっくりものを見て、じっくり撮影する、そんなゆっくりしたリズムを与えてくれているようにも感じました。

f0224100_9575939.jpg

一つの場所に滞在す時間が、いつもよりはるかに長い。同じ場所で、狙いを変えて撮影し直すという行為を久し
ぶりにやったような気がします。紅葉を撮りに来たのに紅葉した木々は完全な脇役にしてしまった。今年の紅葉撮
りのフィナーレと考えていましたが、どうも下ばかりにレンズを向けていたように感じます。
by nama3_kitano | 2015-12-07 00:01 | 自然 | Comments(0)

平林寺off会で撮った

f0224100_1530322.jpg

22日の平林寺off会で撮った写真をほとんどアップしませんでしたので、今日は、その中からE-M1
で撮った写真をアップしたいと思います。今回、機材は、ボディ2台と単焦点レンズ3本という軽装備
でした。紅葉は、始まったばかりという印象で、例年なら、完全に見頃と言ってもおかしくないくらいに
なっているのですが、一週間くらい遅れている感じです。この数日、ちょっと冷え込みましたので、今
週末くらいが本当にいい状態になっているのではないかと思われます。

f0224100_1535445.jpg
f0224100_15362440.jpg
f0224100_1536587.jpg

写真は、代り映えしないものばかりで、なんだかなあという感じです。今週末は、新宿御苑で開催さ
れるゴミゼロ倶楽部のoff会に参加予定です。本日、ボディ2台とレンズ7本のファームウェアのアッ
プグレードも終了しました。バージョンアップしたボディで、追加された新機能を出来るだけ試して見
たいと思います。
by nama3_kitano | 2015-11-27 00:01 | 自然 | Comments(2)

ようやく

f0224100_23481756.jpg

北日本も山も、雪模様となりました。「ようやく」という感じです。東京も冷え込みました。コートを着ようかどうか
ちょっと迷いました。今は、寒さに体を慣らす時期、冬山に行っていたころは、そういう意味で年内はどんなに寒
くともコートは着ませんでした。もう、そんな年ではないので、我慢する必要はありません。でもなんとなく意識の
どこかにその時代の名残があって、まずは寒さに体を慣らすことということが頭をもたげます。故にコートを出すこ
とありません。寒さを愛でるというとちょっと大げかもしれませんが、この寒さ、ちょっと嬉しく感じています。

f0224100_23484813.jpg

遅れていた東京の紅葉もこれで一気に進む可能性が出てきました。今週末は、ちょっと忙しくなりそうです。
フフフ、あっ、いや、平日はもっと忙しいのですけどね。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。
by nama3_kitano | 2015-11-26 00:01 | 自然 | Comments(0)

冬枯れの美

f0224100_21322341.jpg

紅葉の時期が終わって、雪が来るまでの間、山の木々は冬枯れとなっています。この冬枯れの
状態、自分的には、紅葉の時期より好きかもしれません。ここ小田代ヶ原でも、シラカバ、ズ
ミ、カラマツ、ミズナラなどの木々や、湿原の植物ヤマアワやノガリヤス、ホザキシモツケ等
々、殆どの植物が冬枯れとなっています。この美しさを写真で表現したい。でも、これが非常
に難しい。

f0224100_213588.jpg

23日、外出の予定もなかったので、写真の整理をしながら、そのことを考えていました。そし
て、いろいろ試してみました。最終的にはプリントしてみなければなんともいえませんが、そ
の中で一番イメージに近い結果が得られたのは、今回、アップした写真のイメージです。

f0224100_21362760.jpg

あざとい手法に感じられてこれまであまりやることはありませんでした。それにpsで加工した
のが一目瞭然です。ネイチャーフォトでこれはありかなとちょっと躊躇もしたのですが、冬枯
れの樹木で、自分が一番美しいと感じる部分を画像にとしてそれなりに定着できていると思い
ます。勿論、ディスプレイで見る画像が最終ではありません。プリントをしてみてどうなのか
です。用紙の選定やプリントの調整等々まだまだ試行錯誤が続くことになるでしょう。大事な
ポイントは思いが伝わるかどうかです。
by nama3_kitano | 2015-11-25 00:01 | 自然 | Comments(4)

本栖湖畔で落ち葉の美学2

f0224100_14542324.jpg

昨日の続きです。今回は、地面に落ちている落ち葉が主役です。落ち葉が美しいという場合、2つの
意味があります。ひとつは、文字通り物理的な美しさです。今の時期は、赤、黄色、橙色などなど、落
ち葉という言葉からイメージ出来ないほど華やかでもあり、艶やかでもあります。そしてもう一つ、自分
的には、こちらの方が、強く感じるのですが、それは、様態としての落ち葉です。木にあっては、光合
成という大事な役目を負っているわけですが、落ちてからも、朽ち果てて、土に戻っても第2の役目を
果たしていく。人の生き様にも相通ずる何かを強く感じます。そしてそれは、この上なく美しい。これぞ
落ち葉の美学です。

f0224100_145693.jpg
f0224100_14562794.jpg
f0224100_14564283.jpg
f0224100_14565117.jpg

それを写真的に表現したいと思っています。艶やかで綺麗な落ち葉も当然撮りますが、様態としての
落ち葉の美学を表現したい。難しい課題ではありますが、修行しつつ、それが感じてもらえるようにな
りたいと思っています。
by nama3_kitano | 2015-11-19 00:01 | 自然 | Comments(2)

本栖湖畔で落ち葉の美学

f0224100_1431472.jpg

昨日の続き。本栖湖畔では、紅葉が終盤戦、ということは、落ち葉は最盛期という訳で、落ちたばかりの
ものや腐食が始まっているものまで、たくさんの落ち葉をみることが出来ました。今回は、そんな中から、
雨上がりによく見られる樹に張り付いている落ち葉を中心に集めてみました。落ちたばかりの「新鮮な」
落ち葉たちです。
f0224100_143651100.jpg
f0224100_1437957.jpg
f0224100_1437472.jpg
f0224100_14383277.jpg

まだまだあるのですが、今回は、このくらいで。
by nama3_kitano | 2015-11-18 00:01 | 自然 | Comments(0)

本栖湖畔で椛撮り

f0224100_12404658.jpg

下部温泉からの帰り、本栖湖に立ち寄りました。同行の皆さんが、湖畔のレストランでお茶するという
ことなので、その時間、ひとり湖畔で撮影させてもらうことにしました。富士五湖のなかでも、本栖湖と
精進湖は、なかなか来る機会がないのです。そんなこともあって、「撮りたいなあ」と思っていたのです。
いざ、撮影を始めると、風景よりも椛が気になる。紅葉が終盤戦に入っている感じで、落ち葉も良いの
です。

f0224100_12413062.jpg

f0224100_12461986.jpg

そんなわけで、約1時間、たっぷりと撮影させてもらいました。紅葉する樹木中でも椛は、「花形」の
存在です。色を狙っても、落ち葉の美学を狙っても、本当に素晴らしい。今年は、この後、22日の平
林寺、29日の新宿御苑、そして、最後にいつもの小石川後楽園は、12月月最初の土曜日あたりに
行こうかと思っていますが、主役は、椛になると思います。
by nama3_kitano | 2015-11-17 00:01 | 自然 | Comments(2)

落ち葉の季節

f0224100_12373798.jpg

東京でも本格的な落ち葉の季節に突入しました。それに合わせて、落ち葉の美学、こちらも本格的に
始動しなければなりません。と言っても、ターボチャージャーとかアフターバーナーは持ちあわせてい
ませんので、粛々と進めることにします。


f0224100_12375353.jpg

メインpcとしているデスクトップもwin10にアップグレードしました。ノートの時は、8.1からのアップグ
レードでしたが、今回は、7からのアップグレードでしたので、バックアップを取って、慎重に行いました。
作業には1時間半ほどかかりました。約1週間経ちますが、今のところ、問題は発生していません。動
きは7の時より早くなったように感じます。スタートボタンもあって、使い勝手もそんなに変わりません。
不具合がでたら、こちらで報告したいと思います。

 ※今日明日、ある会合があって、山梨方面へでかけます。明日の更新はお休みになるかもしれま
せん。
by nama3_kitano | 2015-11-14 00:01 | 自然 | Comments(2)

霧の朝

f0224100_22561415.jpg

一週間のご無沙汰でした。不定期更新になるかもしれませんが、再開します。この一週間、可能な
限り、アナログ的生活を送らせてもらいました。ブログの更新もお休み、facebookも気が向いた時
にだけ、ログインする。通勤の電車では、本を広げ、夜は、なるべく早く寝る。自分がどうも、バーチ
ャルの空間に身を置き過ぎて、現実の自分とバーチャル空間の自分との関係性が怪しくなっている
ように感じ、そこから疲労感がどっと押し寄せてきているように思ったのです。web時代のコミニュケ
ーションツールは、しっかり活用した方がいいと思っていますが、それはあくまでもツールでしかあり
ません。気がつくと主客転倒、ツールに振り回されているような気がしました。それで、これはちょっ
と距離をおいてみようとなったのです。

f0224100_2342581.jpg

距離を置くことによって、本もゆっくり読むことができました。そして、自分にとっての写真について、
じっくり考えることができたように思えます。そして、一つの結論として、写真のことばかり考えていて
は駄目というごく当たり前の考えに行き着きました。自分の思いを写真を通して伝えたい事があるな
ら、大げさに言えば自分に哲学がなければ駄目ということです。遅まきながら、しっかり勉強もしなけ
ればと思います。ですから、これからは、写真から離れることもあるだろうし、ブログ更新も不定期に
なることがあるだろうと思います。まあ、与太話は、それくらいにして、今日の写真について。

f0224100_23121363.jpg

今日の写真は、全て11月3日の早朝撮ったものです。前日の夜、雨が降って、3日は晴れの予報
が出ていました。それは、朝霧が発生しやすい条件です。それならと3日は、5時前に起きて、荒川
の土手に急ぎました。結果は、ピンポーンです。最初は、ちょっと幻想的な風景を撮ろうと構図を考
え、アングルを決めて、パチパチやり始めました。

f0224100_23163057.jpg

明るくなるに従って、散歩する人、走る人、写真を撮る人などなど、人が増え始めました。そこで、
ある事に気づいたのです。自分は、風景写真を撮る時、人物や人工物をできるだけ写しこまいな
いように、それを無意識にしていることです。それって、考え方が浅すぎかな。堤防のすぐ外側は、
住宅地になっているこの場所で、素晴らしく美しい朝が来たのです。そんな朝の空気を一緒に愛で
よう、そして切り取ろう、そんな考えに、切り換えました。人も人工物も気にすることなく、入れ込ん
で、清々しい朝の空気を感じようと。でも、人を画面の何処に配置しようかとか、しぐさはどうかなど
、なるべく綺麗に撮ろうとしている自分にちょっと笑いがこみ上げてきた朝でした。
by nama3_kitano | 2015-11-07 00:01 | 自然 | Comments(10)