nama3の気ままに雑記

カテゴリ:散歩( 93 )

吸い寄せられた

f0224100_19554171.jpg
とても面白い。デザインとしてもこの絵柄、とても魅力的です。表面にできた割れ目も
面白い。そしてそのテクスチャも魅力を感じました。錆好きというのは自覚していました
が、こんなものが眼前に現れたら、それは、張り付く以外にありません。場所は、自宅近
くにある市立中学校の近くです。何かといえば仮囲いの鉄板です。設置して時間が経って
いるのか、もともと古い鉄板を使って囲ったのかわかりませんが、表面がクリーム色のペ
ンキで塗装されています。それにひびが入ったり、はがれたりして面白い「デザイン」に
なっているのです。
f0224100_19555543.jpg
f0224100_19560597.jpg
ちょうど下校時間で、すぐ横を姦しくおしゃべりしながら帰宅途中の中学生が通ります
が、全く気になりません。もうこの塀に夢中です。カメラを向けていろいろ切り取って遊
びました。もともとここを通る予定ではなかったのですが、近道をしたためにここを通っ
たのでした。ここでだいぶ道草をしましたので、結局、近道どころか、とんでもなく時間
がかかってしまった。でも、気分的にはノリノリでした(笑)
※DP2Merrill

by nama3_kitano | 2019-09-20 00:01 | 散歩 | Comments(0)

廃屋?ゴミ屋敷?

f0224100_15462935.jpg
六本木のフジフィルム写真歴史博物館で開催中の今道子さんの写真展示を見に行った帰り、
表通りからちょっと入ったところにある本日アップした写真の建物が目に入りました。こ
の日は、普段あまり使わないカメラをバックに入れてきたので、一瞬だけどうしようかな
とも思ったのですが、やはりとういか、ほとんど無意識に道路を渡ってその路地に向かい
ました。「昭和」の残像のようなものや建物、朽ちかけたものや鉄錆等を見つけるといつ
も条件反射のようにそうなるのです。
f0224100_15464475.jpg
撮影に熱中しているとき、「あのー、すみません」と声を掛けられました。気の小さい
自分は、ドキッとして振り向きました。ビデオカメラを持ったやや若い男の人でした。「
この建物の関係者ですか?」「いえ、違います。通りがかりのものですけど」「写真を撮
っていましたよね」「はい、まずいですか」「いえいえ、私は、○○○○(テレビの番組
名)の取材をしているものです。ゴミ屋敷問題を取材中なのです」とのことでした。「こ
ういう建物、どう思われますか。」「どんな風に撮っているのですか」とちょっと質問攻
め。壊れかけた古い建物に興味ある事や廃屋とゴミ屋敷は違うのではないか等、答えまし
た。液晶でこれらの写真を見せると「なるほどね」ということになりました。ゴミ屋敷は
、基本、人が住んでいることが多いですよね。この建物は、人が住んでいるようには見え
ません。たぶん、1年後には更地になるか、いかにも六本木だというような建物に生まれ
変わっているのではないでしょうか。滅びの美しさのようなものを感じます。まあとにか
く街で撮影しているといろいろありますね。撮る時はどうどうと「撮ってるぞー」と目立
つようにして撮るようにしています。声を掛けられたのは目立ってたからかな。よしよし。
※α-7 ZUIKO AUTO-S50㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-09-18 00:01 | 散歩 | Comments(0)

根と岩と苔と 青木ヶ原樹海

f0224100_11385838.jpg
溶岩上のわずかな養分に芽を出して、長い年月をかけて根を伸ばす。その根に苔が生え
て、まるで大蛇のように地面を這う。時には溶岩を割って根を伸ばすこともある。そんな
根と岩と苔が創り出す世界が青木ヶ原樹海にはあります。
f0224100_11391793.jpg
青木ヶ原樹海は、今から1150年前の大噴火で流れ出た溶岩流からできていると言われて
います。つまり、1000年以上の時間をかけて作られた森という訳です。面積が約300ヘク
タールだそうです。ここを覆う樹木で古いものでも樹齢400年程度のようです。溶岩流で
出来てたので、地層が薄くて、地下深くに根を伸ばすことが出来ないのですね。なので、
ある程度の太さになると倒れてしまうのでしょう。苔むした倒木が多いのはそのためだと
思われます。
f0224100_11393154.jpg
季節をかえて、時間を変えて、色々な天候の樹海をもっともっと体感したい。たぶん、
また違った樹海を感じることが出来ると思います。樹海散歩、当分続くことになりそうで
す。今度は、紅葉の頃計画しようかな。できれば天気は秋晴れの日が良い。
※E-M1MK2 DG SUMMILUX12㎜F1.4

by nama3_kitano | 2019-09-10 00:01 | 散歩 | Comments(2)

インク切れ

f0224100_09474435.jpg
プリンターのインクが切れた。無くなりそうなインクは、事前に買っておくことが多い
のですが、今回は買い置きがない。仕方く、新宿ヨドバシへ買いに行くことにする。ブラ
ックインク2種類といつも使っているプリンタ用紙、エプソンのフォトマット紙顔料専用を
購入した。そのまま帰っても良かったのですが、折角なので、オリンパスギャラリーとリ
コーギャラリーを覘いてから帰ることにした。オリンパスの方は広田泉さんの写真展が開
催中でした。鉄道写真の写真展かなと思いながら入りましたので、いい意味で期待を裏切
られました。鉄道は写っているものもありましたが、内容は旅写真です。個人的には、テ
ツ写真よりこちらの方が良いと思いました。さりげなくテツ写真が入っているのも好まし
く感じました。リコーの方は、中村守さんの富士山写真です。改めて、富士山は、登るよ
り眺める山だと感じました。麓から望遠レンズで撮影した写真が多いですが、山そのもの
よりもそれを取り囲む空気が良いと感じました。ついでに書店によって、「読みたい」と
感じる本を見つけました。時々本屋を覘くのは楽しい。ちょっと有意義な買い出しになっ
たかな。
※写真と文は無関係です
※E-M1 ZUIKO AUTO-MACRO90㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-08-20 09:47 | 散歩 | Comments(0)

酔いどれ散歩で浅草

f0224100_23291818.jpg
普段はこんなことはないのですよ。といきなり言い訳。朝10時雷門に集合して、浅草寺に
お参りしました。清く正しい行為です。でも今回の目的は「酔いどれ散歩」です。清く正し
い生活習慣に風穴を開ける仲間がいまして、時折、こういう誘惑をしてくるのです。普段は
意思が強いのですが、ついフラフラと行ってしまった。ああ、それはちょっとまずくない。?
f0224100_23293962.jpg
f0224100_23295888.jpg
お参りのあとは、梯の始まりです。煮込みが良い店があれば立ち寄って、ビールに煮込み
で乾杯、クジラを出すみせがあれば立ち寄って、ビール酎ハイハイボールで乾杯、もんじゃ
の店があれば立ち寄ってまたまたビールに酎ハイハイボール、もうだんだん気が大きなって
くる。高血圧に高血腫に糖尿病も頭からは消え去って、ルンルンです。
f0224100_23303343.jpg
f0224100_23302318.jpg
 浅草だよ。浅草といえば電気プランでしょうと神谷バーに立ち寄って、電気プランで乾杯だ
。フフフ、もう駄目止まらない。浅草だよ。浅草といえば吾妻橋の向こうに聳える○○○ビ
ルのアサヒビールでしょ、とアサヒビールへ行って乾杯。こんな日曜日があっていいのでしょ
うか。一体何件はしごしたのだろう。これはきっと夢に違いない。
※写真はスマホで撮影。

by nama3_kitano | 2019-07-08 00:01 | 散歩 | Comments(0)

昭和の残像

f0224100_22221145.jpg
先日、本当に久しぶりに旧中山道を巣鴨から板橋まで歩きました。勿論カメラ散歩です
。撮りたいテーマを持っての散歩ではなく、気になるものがあったらレンズを向ける。気
軽に歩くことが目的でカメラはついでです。故にカメラはデジタルではなく、OM-1です。
OM用のレンズは、今、6本ほど持っていますが、28㎜広角レンズをカメラに装てんして、交
換用のレンズは持ちませんでした。予備に広角単焦点を付けてデジタルも持ちましたけれど
もね。
f0224100_22221944.jpg
装填していた36枚撮りフィルムの現像が仕上がりましたので、本日、じっくりと見てみま
した。そこで思ったのですが、自分がレンズを向けているものにある特徴がありました。そ
れは、何かというと昭和の香りがするものです。なんとなく懐かしく感じるものにレンズを
向けているのです。
f0224100_22222807.jpg
1枚目の写真は、大正大学の近くで見つけた建物です。看板から文具店ですね。木造のかな
り古い建物で、とても雰囲気が良い。大学近くにあるのも、いかにも大学周辺という感じが
しました。2枚目は、単なる空き地です。自分が子供だった頃も空き地は多かった。そして
こんな囲いはなかったような記憶があります。空き地は、子供の遊び場で、ちょっとした空
き地でも、人数が揃えば三角ベースなどをして遊びました。今は、子供が外で遊んでいる姿
は、あまり見かけませんね。3枚目は、ヤマハのバイクに反応しました。ツーストエンジンの
バイクが、走り屋の間で流行ったのは、1980年代でしたでしょうか。自分も一時期バイクを
乗り回していたことがありますが、自分の場合はオフロード車でした。当時、友人が乗って
いたスズキのγを借りて乗った時、そのトルクの違いにびっくりしたことをこのTZRで思い出
しのでした。自分の場合、旧中山道のような場所を歩くと自然に昭和の残像を探してしまう
のです。
※OM-1 G.ZUIKO AUTO-W28㎜F3.5 T-MAX400

by nama3_kitano | 2019-07-07 00:01 | 散歩 | Comments(4)

都電を歩く 大塚~王子

f0224100_09543357.jpg
10年近く前になると思いますが、「都電を歩く」と称して、東京にある唯一の路面電車
=都電荒川線沿線をカメラを持って歩きました。実は、5月の検診で運動不足を強く指摘
されたこともあって、撮影に出ない日もできるだけ外を歩くことにしました。これは撮影
のために歩くことではありません。あくまでも「治療」です。楽しく治療をするために、
運動不足を解消するために行うのです。カメラを持ては、全く苦になりませんからね。
f0224100_09544817.jpg
都電を歩くを思い出したのは、前回歩いたとき、沿線にバラの花が多かったことを雑草
園のバラを見た時思い出し、また歩いてみたくなったのです。そして、前回と同じように
3回に分けて歩くことにしました。その1回目は、バラの花は少ないけれど、足慣らしには
やはり、ここかなということで、大塚から王子までの区間にしました。あまり、路地裏に
は入らず、出来るだけ都電の線路に沿って歩くようにしました。このコースは、距離が、
比較的短いので、本当は、路地に入り込んだ方がおむしろいのですけどね。
f0224100_09551686.jpg
久しぶりなので、既視感があまりなく、とても新鮮に感じました。庚申塚駅周辺は、巣
鴨のとげぬき地蔵高岩寺から続く旧中山道かな。ちょっと横道にそれて歩きたい誘惑があ
りましたが、何とかそいれには負けず、線路沿いを歩きました。旧中山道は、また別に計
画したい。
f0224100_09550468.jpg
そうこうしているうちに飛鳥山に着きました。もうこの山を下れば今回の終点王子駅で
す。意外と呆気なくついてしまった。次回の都電を歩くは、王子駅から三ノ輪橋までにし
たい。一番、バラの花が多い区間のなので、バラの咲いている近々に実行します。
 このブログにこれからいろいろ街のスナップなど、今までとちょっと毛色の違った写真
が増えるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いします。
※GX-7MK3 DG SUMMILUX15mmF1.7

by nama3_kitano | 2019-05-12 00:01 | 散歩 | Comments(0)

桜追っかけ 飯田無名の桜

f0224100_14215356.jpg
飯田市内の桜ですが、2日目は、パンフレットに乗らないような桜を探すツアーになりま
した。とても面白いことです。方向だけ決めて車を走らせ、「これはすごい」とか「これ
良い」とか目にとまった桜を撮影するというものです。スタートは舞台桜の麻績の里から
としましたが、その前に見かけた桜から始まることになりました。それが1枚目の桜です。
竹林を背景にピンクがやや濃い桜です。飯田は、近い将来、リニアがの駅ができるのだそ
うです。そのリニア関連の工事が始まるとこの桜は伐採される可能性が高い場所に咲いて
いました。故にこれが見納めになる可能性もある訳です。
f0224100_14221329.jpg
f0224100_14222799.jpg
この後、麻績の里で徹夜で撮影されていた大 だいとしぃさんご夫妻と合流しました。舞
台桜の周辺で撮影開始したのですが、舞台桜にカメラを向けるメンバーが殆どいないこと
にビックリ。地面にはいつくばっている人、、穴を探す人等々、ちょっと変わった集団に
なってしまいました。
f0224100_14230016.jpg
f0224100_14233326.jpg
 お昼まで松吉さんの運転で、周辺の桜を探し歩きました。それがこちらの写真です。他
にも写真はたくさん撮りましたが、飯田の桜追っかけシリーズ、今回を最終回といたしま
す。瑠璃寺や松源寺、杵原学校など、写真はあるのですけどね。とくに杵原学校は、今回
の中でもお気に入りの場所でした。写真は、この時、モノクロフィルムを詰めたOM-1を
メインに使って撮りましたので、現像に時間がかかります。そんなこともあってここにア
ップすることが出来ません。いつか機会がありましたらアップしたいと思います。一緒に
撮影に参加くださった皆様、何から何までお世話になった松吉さん、大変ありがとうござ
いました。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0他

by nama3_kitano | 2019-04-13 00:01 | 散歩 | Comments(0)

久しぶりに横浜

f0224100_11052738.jpg
写真家生越文明さん主宰の勉強会「PHOTO-Lab-054」に参加するため、久しぶりに横浜
へ行きました。「PHOTO-Lab-054」は今回で3回目ですが、いろいろ事情があって、私が
参加するのは、今回が初めてです。どんなことをやっているのか、具体的にわからないの
で、見学するつもりで参加しました。今回は、「音」をテーマに撮った(または過去の作品
からセレクトして)写真をそれぞれが持ち寄って、写真から音が感じるかどうか、音を写真
で表現するのにはどうしたら良いのかなどを生越先生を中心に学びあうというものでした。
今回持ち寄られた写真は、前回、つまり2回目のときに、参加者それぞれが、音の写真のイ
メージを絵コンテに書いて、撮影したものまたは過去に撮った写真の中からセレクトしてき
たようです。次回は、「寒い」を感じる写真です。次回までにできるだけ絵コンテに書いた
イメージの写真を撮って、撮れなかった場合は過去の在庫からセレクトして参加しようと思
います。とても面白い勉強会です。まだ、テーマが感覚的なことになっていますが、これが
より抽象的なテーマになるとハードルは上がりますが、写真はよりバラエティに富んできて
、いろいろな表現方法を学べそうです。それともう一つ、確か「ワインでも飲みながら・・
」とあったように記憶していましたので、実は、自分の分だけですが缶ビールを用意してい
ました。でも、それをバックから取り出す勇気が出ないような真面目な雰囲気でした。勿論
、気が小さいので出しませんでした。
f0224100_11054206.jpg
f0224100_11060011.jpg
本日の写真は、昨年夏に参加した「Monochrome・Workshop2018」のとき以来の横浜
写真です。勉強会に参加するために行くなら、早めに行って撮影しようと考えて行った訳
です。お遊び的に歩くので、カメラは、普段あまり使わないα7にしました。レンズは、O
M用のZUIKO28㎜1本だけにしようと思ったのですが、標準も持って行くことにしました。
これも最近あまり使っていないKONICAのレンズを持参しました。日本大通り駅から元町
までを、ぶらぶらしました。西に傾いた冬の透明な光がとてもきれいでした。山下公園で
は薔薇を、薄暮の元町ではイルミネーションを撮ったりしました。それらの写真は、後日、
アップします。今日は、「Monochrome・Workshop2018」を思い出してモノクロ写真
です。
※機材 α-7 HEXANON AR 50mmF1.4 G.ZUIKO AUTO-W28㎜F3.5

by nama3_kitano | 2019-01-19 00:01 | 散歩 | Comments(0)

乱反射

f0224100_23274751.jpg
新宿の超高層ビル街を歩くとよく出うのがこの光です。特に冬は、太陽の位置が低くい
ため、出会う機会が多い。そればかりでなく、東京の冬の光は透明感がある。故にか、高
層ビルを巨大なレフ板にしたこの光がたまらなく美しく感じます。ちょうど昼時で、足早
にサラリーマンが行き交っている。カメラのレンズを向けても気に留めることもなく足早
にレンズの前を通り過ぎていきます。街でカメラを出すときは、できるだけ目立つように
「写真を撮っている」事がわかるように撮影することにしています。この美しい反射光に
惹かれているのがわかるように、小さなカメラを大きく構えるのです。それって、ちょっ
と気持ち良い。
 ズイコー倶楽部湘南支部写真展、本日、最終日です。昼前から在廊します。よろしくお
願いします。
※GM-5 SPEEDMASTER25㎜F0.95

by nama3_kitano | 2019-01-14 00:01 | 散歩 | Comments(0)