nama3の気ままに雑記

カテゴリ:カメラ( 319 )

まだまだ現役、頑張れ

f0224100_22011744.jpg
自分のことではありません。カメラの話です。そのカメラとは、OLYMPUS OM-D EM1です。
2013年10月発売日に予約購入して丸6年経ちます。ボディのエッジなどは、擦れていかにも
使い込んだボディという感じになっています。実際使い込んでいますけどね。デジタル製品
は、5年も経てば、性能が大きく進歩して見劣りしてしまいます。この辺がフィルムカメラと
の違いの一つでしょうか。つまり、消耗品的なイメージが強いと感じます。ですから写真を
趣味としてデジタルカメラを使っている人は、製品の入れ替えが早い。少なくともフィルム
時代では考えられないほど入れ替えているのではないでしょうか。自分もデジタルに移行し
てからは、毎年のようにカメラを買い替えたり買い足したりしてきました。しかし、今、そ
れが曲がり角に来ています。そうそうひょいひょいカメラを買うほどの経済的ゆとりがない
し、そもそもその必要を最近はあまり感じなくなってきているのです。カメラを変えても自
分の撮る写真が変わらないことも大きいかな。
f0224100_22013067.jpg
今、現状、マイクロフォーサーズ機7台が手元にあって、それを使いまわしています。レン
ズは、フォーサーズ&マイクロフォーサーズ規格レンズがボディキャップレンズも含めると
30本あります。でもレンズの稼働状況を見ると最近は単焦点レンズが中心になっています。
まあ、必要十分、どちらかというとお腹いっぱいの状態で使いこなせていないかもしれませ
ん。でも、それでもレンズに関してはまだ物欲があるところがちょっとどうしようもないで
すね(笑)
f0224100_22014551.jpg
そんなカメラ事情の中で、E-M1は、とても愛着を感じます。MKⅡと2台併用で撮影に行くと
シャッター数はMKⅡの方が多いので、そちらをメインにしていることがわかります。が、帰
って、撮った写真をチェックすると、案外、E-M1で撮った写真の方が良かったりします。そ
んなこともあってE-M1は、まだまだ現役続行です。シャッター数は、12万をこえていますが
、動かなくなるまで使い倒そうと思っています。頑張れE-M1!
※写真は小田代ヶ原 E-M1 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-09-16 00:01 | カメラ | Comments(0)

スマホで蓮を

f0224100_11214727.jpg
スマホ写真というと、自分の場合ですが、時折FACEBOOKにあげるときに撮っています。
オリンパスもパナソニックもスマホとは、WIFIでつなぐことが出来ますので、以前は、
そうしたときも、カメラからスマホに転送して、その写真をアップするようにしてきま
したが、やはり、手順が増えるし、そもそもSNS上にアップする写真にそんな高画質は、
必要ありません。スマホで撮影して、すぐにアップした方が圧倒的に機動力があります
し、簡便です。そんな使い方をしてきましたが、スマホ写真の画質ってどうなのよと最
近思えてきました。故に今回、初めてプリント用に撮影してみることにしました。今回
アップした写真はスマホでの撮影です。
f0224100_11215548.jpg
自分が使っているスマホは、日本で一番売れているiphoneではありません。何かと今
話題の中国HUAWEIのスマホです。通信にかかる出費を抑えるため、退職直前に、MV
NOと契約して導入したスマホです。性能的には十分満足いく性能です。現役時代に業
務用として借りていたSONYのスマホ以上だなと感じる部分もあったりしました。この
スマホ、カメラ機能を売りにしているだけあって、SNSにあげる程度ならこれで十分以
上と満足もしていました。それが最悪Googleのサポートも受けられなくなるとなると
はただ事ではありません。スマホを買い替える?
f0224100_11220325.jpg
いやいや、それは最悪の場合です。スマホとして使えなくなった場合でもカメラとして
は使えるのではないか、そもそもそこまでこじれる前に手打ちされるだろう、な~んて
、あくまでも楽観的です。でも考えたらカメラとしてテストしたことはない。非常に回
りくどい説明になってしまいましたが、要するに米中の経済戦争で話題になったことを
きっかけに、カメラとしてどうなのかを考えようということになったのです。そして今
回、それを実行に移しました。まずはこのスマホをカメラとして見ていなかったことを
思い知りました。露出補正とかWBの設定とか、いろいろできることに今更ながらに驚
いています。使い始めて3年目なのにです。これはもうちょっと使い込んでみよう。
そして撮った写真をプリントしてみようと思いました。
※HAUWEI P10PLUS

by nama3_kitano | 2019-06-28 00:01 | カメラ | Comments(0)

E-M1MK2ファームアップと2倍テレコンMC-20

f0224100_22265136.jpg
オリンパスから2倍テレコンMC-20発売の案内とE-M1MK2のファームウェアのアップデート
の案内が来ました。さそっくファームウェアは、Ver3.0にアップしました。先代のE-M1か
らファームウェアのアップデートで機能を追加するというオリンパスの姿勢は、素晴らし
いと思います。今回も内容が凄い。E-M1MKⅹの機能のうちハード的に移植できる内容は、
限りなくすべて盛り込んだように感じました。まだテスト撮影はしていませんが、個人的
には、「低感度画像処理(解像優先)」「高感度時ノイズの改善」「LV表示速度優先」
「USB RAW編集」「フリッカーレス撮影」が嬉しい。ちょっと地味ですが、ISO感度の低感
度が64と100になったのもいいと思います。来週からいろいろテストしてみようと思ってい
ます。
f0224100_22271336.jpg
f0224100_22272594.jpg
そして2倍テレコンの発売です。自分的には、超望遠域はあまり使いません。1.4倍テレコ
ンも持っていますが、稼働率は低いのが現状です。でもちょっと気持ち的に「あっても良
いかな」とも思っているのです。普段、野鳥や昆虫を撮影するのは、大抵「ついでに」撮
ることが多いのです。本日の写真も先日の奥日光で、戦場ヶ原を移動中に撮影した野鳥で
す。首から下げたE-M1にたまたま40-150㎜ズームを付けていたので、近くに来た野鳥や巣
作りしている野鳥を見かけたので、撮影しました。確かに2倍テレコンを付ければ300㎜F5.6
(35㎜換算600㎜相当)になりますので、かなり大きく撮影することが出来ます。最短撮影
距離を考えれば望遠マクロになります。でもでもちょっと躊躇もしています。理由は、「
遊んでしまう=機材に振り回される」ことになってしまう可能性があることです。画質的
な心配もあります。まあ、急ぐことはありません。Robinさん等の色々作例写真が出てから
考えることにします。
※E-M1 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8


by nama3_kitano | 2019-06-23 00:01 | カメラ | Comments(0)

何やってんだ俺

f0224100_00003817.jpg
約一か月前のことですが、中野へ行く用事があって、ついでにあの有名なカメラ店にふ
らっと入りました。カメラ機材については購入するつもりはありません。あくまでも時間
つぶしのために入ったのです。メーカーごとに仕切られたガラスケースを順繰りに見てい
くうちに、自分がメインに使っているオリンパスやパナソニックのコーナーになりました
。その中で1台のカメラが気になりました。そして、「すみません。あれを見せてもらえま
すか」とほとんど無意識のうちに店員さんに声を掛けていました。「おいおい、何やって
んだ俺、まずいよ」という内なる声が聞こえてきましたが、外観があまりにも新品に見え
るので、ついつい、覚えたばかりのパナソニックカメラの裏メニュー表示を試してみたく
なったのです。「レンズを何かお持ちしましょうか」「何でもいいですがちょっと貸して
もらえますか」とパナライカの標準ズームを借りて、空シャッターを切ってみる。いい感
じ。裏メニューを弄ってみたが、表示が出ない。再度、再再度試みると出ました出ました、
シャッター数です。これまでに切られたシャッター数が、122です。えっ、122。それっ
て殆ど使われていない!
f0224100_00010307.jpg
ああ、もう駄目です。これはきっと運命に違いない。これはきっと、俺を待っていてく
れたのかもしれない。気が付けば、購入手続きをしている。やっちゃった。何やってん
だ俺。という訳で、マイクロフォーサーズ機がまた1台増えました。世の中、フルサイズ
ミラーレスばかりが話題になり、さらに1億画素のカメラまで発表される時代なのに、相
変わらずの自分がいます。ははは。すでにお気づきになっていた方もいるかと思います
が、そのカメラは、GX-7MK3です。ちょっと地味目なカメラですが、超小型のGM-5、防
塵防滴のGX-8に続いて3台目のパナソニック機です。
GX-7MK3 DG SUMMILUX15㎜F1.7

by nama3_kitano | 2019-06-03 00:01 | カメラ | Comments(0)

マクロで遊ぶ 渡良瀬遊水地

f0224100_09594094.jpg
朝の風景撮影が終わった後、場所を移動してマクロレンズで雑草相手に遊ぶことにしま
した。以前は、こういう撮影がメインだったりしたこともありましたが、最近は、本当に
たまにしか行いません。太陽が高く昇る前が一番のチャンスです。季節的にも主に雑草で
はありますが、一番生き生きしているときです。光線は、まだ斜めから、そして朝露もた
っぷり残っています。渡良瀬遊水地でなければ、踏みつけられたり駆除されてしまうであ
ろう植物たち、肉眼ではないマクロの世界で、多彩な表情をしていました。
f0224100_09595337.jpg
f0224100_10001993.jpg
f0224100_10002757.jpg
カメラは、6年前に買ったE-M1、レンズは10年以上前に買ったZD50マクロレンズです。こ
の組み合わせ、今でも一番好きな組み合わせです。慣れ親しんでいるからということもあ
りますが、帰って自宅のPCに画像を取り込んでみると撮影時以上の結果になっていること
が一番多いのです。レンズは、発売時「神レンズ」と言われましたが、今でもまったく色
あせていません。マクロレンズは、数本持っていますが、今でもこのレンズを付けた時が
一番気合が入ります。オリンパスのEシリーズ時代、カタログに載っていたレンズロード
マップに100㎜マクロがありました。いつの間にか消えてしまいましたが、M.ZUIKOで復活
して欲しいなあ。この50マクロを使うたびに思います。
E-M1 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-05-11 00:01 | カメラ | Comments(0)

DG SUMMLUX15㎜を持って、ちょっと横浜へ

f0224100_00363459.jpg
「PHOTO-Lab-054 第四回例会」に参加するために横浜へ行かなければなりませんでした。
写真展前日で、あたふたしていたのですが、昼過ぎにエイヤーで出かけました。切りがない
からということもありますが、実は、レンズテストをしたかったのです。全く購入する予定
は無かったのですが、ひょんなことから、ほぼ新品のSUMMILUX15㎜を譲っていただきました
。カメラは、最近あまり欲しいとは思わないのですが、これがレンズになると話は、別にな
ってしまう。ちょっと病気かも知れません。例会は19時からのなので、約3時間ほど時間を作
ってこのレンズテストを兼ねて、横浜山の手を散歩しました。水曜日は、洋館が休館してい
るところが多かったのですが、時間を考えるとちょうど良かったかもしれません
f0224100_00364583.jpg
f0224100_00365640.jpg
ここまでが、撮ってだしの画像です。どうでしょうか。噂にたがわぬ写りです。スナップ
には、最適かもしれません。シグマの16㎜がちょっと欲しかったのですが、これでその物欲
を抑えることが出来そうです。それにしても12㎜2本、14㎜、15㎜、17㎜、19㎜それにボディ
キャップレンズ15㎜を所有して、どう使い分けるのか。やはり病気ですね。
f0224100_21362559.jpg
本日14時から始まります。よろしくお願いします。
※E-M5MK2 DG SUMMILUX15㎜F1.7

by nama3_kitano | 2019-03-14 00:37 | カメラ | Comments(0)

久しぶりのOM-1

f0224100_09095854.jpg
12年ほど前に、持っていたフィルムカメラ(Nikon F2とFE2そしてローライ35)をドナド
ナしました。それ以来、フィルムカメラでの撮影はしてこなかったのですが、先日、ひょん
なことからOLYMPUS OM-1を手に入れました。実は、手に入れたその日にヨドバシに走って、
コダックの400TXと富士フィルムのネオパン100ACROSを購入、テスト撮影をしました。昔
、モノクロフィルムというと自分は、トライ-XパンとネオパンSSを使っていましたので、こ
の2本にしたわけです。撮影していて、当初、一番戸惑ったのはフィルム巻き上げです。考
えてみれば、デジタルに移行してからシャッターを押す前にフィルムを巻き上げるという行
為をしてきませんでした。ピントは、マクロ撮影などMFを併用してきましたし、露出も補正
をしないでシャッターを切る方が少なかったので、全く違和感はなかったのですが、巻き上
げだけはね。フィルム時代にワインダーとかモータードライブを使ったことは一度もありま
せんでしたので、尚のことです。ピントを合わせて、構図を決めて、露出を決めてシャッタ
ーを切る。あれっ、シャッターが下りない。ああそうか、巻き上げていないや。そういうこ
とが多かったのです。そして、この巻き上げるという行為が撮影のリズムやテンポに大きく
かかわっていたことを改めて認識しました。デジタルでは、そういう撮影の区切りがないの
で、素早い撮影は可能ですが、心地よい撮影のリズムを作れない。それはそういうことだっ
たのですね。OM-1のアバウト且つアナログ露出計も撮影してとても良いですね。この「いい
加減」さがとても良いのです。写真をプロとして撮られていた方は、必ず露出計で露出を測
って撮っておられたと記憶しています。露出計で露出を測る行為が、とてもカッコいいと思
っていましたし、ちょっと憧れでもありました。でも自分は、記録や記念写真を撮っていた
ので、その辺は、「テキトーにこんな感じで」と露出はカメラの露出計まかせでした。OM-
1を使うのは、35年ぶりくらいだと思いますが、いろいろなことを思い出せてくれます。デ
ジタルでの撮影に応用するなら、1枚1枚もっと丁寧にということが今のところ一番感じてい
る部分です。
f0224100_09100900.jpg
現像が上がって来ましたので、早速、スキャナで読み込んでみました。1枚目100ACROS、2
枚目が400TXです。レンズは、両方ともZUIKO AUTO-S50㎜F1.8です。

by nama3_kitano | 2019-02-26 00:01 | カメラ | Comments(0)

ちょっと迷走 オ、オ、オーエムワン

f0224100_16013520.jpg
やはりというかなんというか、虎穴に入って虎になったかミイラ取りがミイラになった
か。はい、そうなりました。フィルム写真の整理を始めて10日くらい経ちますが、それを
切っ掛けにフィルムカメラが欲しくなってしまった。ここ2,3日、写真塾の日を除いて、
銀座や新宿のカメラ屋さんを右往左往、でも、程度の良いのがなかなか見つからない。ネ
ットでいろいろ調べて、最後は横浜まで遠征して、ついにまあまあの個体に出会いました。
もう迷わず購入しました。OLYMPUS OM-1です。今から約40年ほど前、初めて購入した
一眼レフがカムバックです。美しい銀の粒に目が眩んだわけではありません。今、自分に
必要なのは撮影の不便さなのです。1枚1枚ゆっくり考えながら撮影することです。メイン
がデジタルであることに変わりはないし、これで作品作りができるとも思えません。それ
よりもデジタルでの作品作りにもっと力を入れたい。と言いながらこれに触手を伸ばして
しまった。これは一種の迷走ですね。早速フィルムを一本調達して装填しました。レンズ
は、OMマウントのレンズが6本あるのです。って、あ~あ、何やってんだかオレ。
※E-M1MK2 DG SUMIMLUX25㎜F1.4 FL-600R

by nama3_kitano | 2019-02-06 00:01 | カメラ | Comments(4)

フィルム写真の整理と危ない考え

f0224100_22452802.jpg
15、6年前、20代から撮りためた山の写真を整理しようとキヤノンのフィルムスキャナを
買って、PCにつないで作業を始めたのですが、写真の量の多さに頓挫しました。この作業は定
年退職してからやろうと決めたのでした。そしてのそのスキャナは、箱に戻してそのまま
時間が経過しました。そして昨日、箱から出して、PCに繋ぎました。購入した当時は、
10万円近くした機種ですが、もうすでにドライバーがありません。でも、古いスキャナで
もつなげることができるドライバーがあることを知り、作業を始めたのです。
f0224100_22453958.jpg
お試しでソフトをダウンロードしてやってみたところ、その古いスキャナが息を吹き返
しました。ネガやポジを窓の方に向けながら、画像を見始めるとそれだけで時間がどんど
ん過ぎていきます。これは大変な作業になりそう。とりあえずそのソフトを購入することにし
て3枚ほど読み込んでみました。それが、今回の写真です。
f0224100_22460214.jpg
1枚目は、20年ほど前に登った富士五湖西湖畔の毛無山~十二ヶ岳~鬼ヶ岳を縦走した時
のものかなと思います。カメラはNikon F2フォトミック、フィルムはコダクロームです。
2枚目は、40年ほど前の八ヶ岳で撮った写真と思われます。フィルムはネオパンSS。そして
、最後は、多分、平ガ岳で撮った写真でしょうか。30年くらい前です。これは、フジクロ
ームを使っています。まだ触っていない現像済みフィルムがダンボール箱に眠っています。
それともう一つ、処分してしまったフィルムカメラ、1台購入しようかななどと危ない考え
も浮かんでいます。これはちょっとやばいかも。

by nama3_kitano | 2019-01-30 00:01 | カメラ | Comments(0)

まだまだ咲いている薔薇

f0224100_15414102.jpg
大桟橋から山下公園へ移動中、日没を迎えました。どんどん暗くなる中で薔薇に取り付
きました。ご存知の通り、水の守護神の噴水周りはバラ園になっています。カメラのモー
ドを白黒からスタンダードに換えて撮影を始めました。レンズは、HEXANON50㎜です。1
970年代に生産されたと思われるレンズですが、絞るととてもシャープなレンズです。今回
は、薔薇の撮影ということと薄暮の中での撮影のため、絞り開放付近で撮っています。ボケ
方が、やはり昔のレンズです。うるさいボケでお世辞にも美しいとは言えません。でも、な
んとなくこういうボケに惹かれます。不思議ですね。
f0224100_15441979.jpg
ピントリングを最短付近において、背面液晶を拡大モードにして、カメラを前後させなが
らピント合わせをしました。白髪頭のおっさんがしゃがみ込んで、何をやっているんだかと
いう感じに見えるだろうなあ。でも周りは、アジア系の旅行者ばかり、守護神をバックに記
念撮影に忙しい。気にされない感じなので、こちらもゆっくり撮影に没頭しました。それに
しても、薔薇って、年間を通して咲いているのかな。その花に潤いは感じませんが、この
姿、美しい。
※機材 α-7 HEXANON AR 50mmF1.4

by nama3_kitano | 2019-01-20 00:01 | カメラ | Comments(2)