nama3の気ままに雑記

カテゴリ:写真( 469 )

PHOTO-Lab-054例会で横浜へ

f0224100_09245073.jpg
ちょっとした引き籠もりからのスタートは、PHOTO-Lab-054例会でした。今回の課題は、
「はずむ」でしたが、自分の場合、4月桜追っかけに没頭していたため、例会も休んでし
まいました。ですので、今回の課題は、「パス」させていただいて、3月の課題「かおり」
の写真を持って参加しました。こういう緩さが、この例会の個人的に好きなところです。
勿論、課題をしっかりやって参加した方が勉強になりますが、万が一、課題が出来なくて
も参加することが出来ますし、ほかの参加者の写真や話を見聞きするだけでも、自分のイ
メージが広がります。「弾む」というテーマも自分では絶対に思いつかなかった「弾む」
写真がたくさん出てきて、楽しかった。楽しいばかりではなく自分の発想が豊かになって
いく「気」になりました。次回は、「時」がテーマになります。弾むは、パスしてしまい
ましたが、次回は、ステートメントに沿った写真とたぶん撮影していく中でイメージが広
がった場合は、もう一つステートメントを用意して撮影してみようかな、なんて考えてい
ます。
f0224100_09245732.jpg
早めに家を出たつもりでしたが、途中都内で雑用があったため、横浜での撮影には、ち
ょっと中途半端な時間しか残っていませんでした。仕方なく、大桟橋まで行こうと決めた
のですが、途中、山下公園のバラ園で引っかかりました。バラは苦手な花です。以前読ん
だ新渡戸稲造の「武士道」という本の中に出てくる薔薇の話に激しく同感し、以来、自分
の中では、バラに対する「偏見」が出来上がっています。撮影していて、横を通りすぎる
人たちの反応を感じるとき、やはり自分の見方は「偏見」以外の何物でもないと強く感じ
ます。それにしても赤いバラの花はうまくとれないなあ。否、うまく撮る必要はないか・・
※GM-5 SPEEDMASTER25mmF0.95

by nama3_kitano | 2019-05-07 09:25 | 写真 | Comments(0)

そろそろ始動

f0224100_22205895.jpg
連休も本日で終わりです。自分は、今、毎日が日曜日のようなものなので連休はあまり
関係ないのですが、世の中の動きに合わせて、この10日間は、動かないという意味での休
み期間としました。故に撮影には全然出ていません。1日に茨城の実家に行った以外は、殆
ど引き籠もり状態と言っていいような感じでした。4月に撮った桜の写真の整理や美術史、
写真史、エッセイなどを読んで過ごしました。本日は、夕方から横浜で、参加している「
PHOTO-Lab-054の例会があるため、夕方から横浜へ出かけます。まあ、撮影テーマはあり
ませんがカメラは持って出るつもりです。時間があったら、少しだけ撮影もしようかな。
f0224100_22210728.jpg
そんな訳で本日の写真も一番手近な雑草園で撮影した写真です。雑草園は、花の季節に突
入していて、いろいろ咲き始めました。大好きなヤエドクダミも蕾が膨らみ始めました。と
ても楽しみです。
※E-M5MK2 LUMIX G MACRO30mmF2.8

by nama3_kitano | 2019-05-06 00:01 | 写真 | Comments(0)

写真のお勉強 トレースしてみる

f0224100_12293531.jpg
ゴールデンウィーク中は、なるべく外出せず、撮影にも出ず、可能な限り自習の時間を
作ろうと考えていました。といっても、何やかやの雑用があって、なかなか時間を作るこ
が出来ませんでしたが、連休後半は、何とか少しだけは、自習の時間が出来そうです。本
日は、有名写真家の写真を自分なりにトレースしてみることにしました。本日は、エドワ
ード・ウェストンです。ご存知の方も多いと思いますが、アメリカの写真家で、アンセル
アダムスなどとともに「グループf/64」の創設メンバーです。そんな巨匠のトレースが本
当に出来るのかとも思いますが、別に作品を作るわけではありません。
f0224100_12294679.jpg
エドワード・ウェストンといえば、ヌード、静物、野菜、風景などいろいろなモチーフ
を使って、「対象の持つ実在感や生命感」(「写真を紡ぐキーワード123」大和田良著)
を映し出した写真家です。自分がトレースしようと考えていたのはそのことです。今の身
近にあるものでは、雑草園の植物です。これにレンズを向けて実在感や生命感を出すには
どうすればいいのかを自分なりにやって見る。そういうことです。
f0224100_12295389.jpg
ほとんど意味がないと言えば意味がないかもしれません。でもそれでも良いかな。だた
ボーっと写真を撮るよりは、明確な目的を持って被写体に向かってみる。自分に足りない
ものもなんとなくだけれど見えてくるような気がします。その積み重ねを細々とですが、
やって行こうと思っています。
※E-M1MK2 E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0 M.ZUIKO DIGITAL60㎜F2.8

by nama3_kitano | 2019-05-03 00:01 | 写真 | Comments(0)

桜追っかけ 会津へ

f0224100_20362877.jpg
山形置賜からその日のうちに福島会津へ移動しました。会津でどうしても見たかった桜があったの
です。それがこちらです、石部桜と言います。推定樹齢650年のエドヒガンです。宮嶋康彦先生の本で
その存在を知り、一度は、訪ねてみたいと思っていたのですが、それを実現したわけです。自分が想像
していたのは人家のない田んぼの中の一本桜でしたが、実際は、だいぶ違っていました。田圃の中にあ
ることは想像通りでしたが、意外と街並みが近い。それが意外でした。でも幹の近くまで行ってみまし
たが、流石に樹齢に相応しい立派なものでした。木道が作られ、石碑も立っていて、この桜が如何に親
しまれているかを強く感じました。
f0224100_20364284.jpg
f0224100_20365304.jpg
日の出をここで迎えたわけですが、撮影を一通りやって、次どうするか、ちょっとだけ考えました。
このまま、中通りに戻っても良いのですが、桜が満開の鶴ヶ城に立ち寄ることにしました。鶴ヶ城には、
過去3度か4度ほど来ていますが、春の桜の時期に来たのは、初めてです。7時には、市営駐車場に車を
入れて、本丸まで撮影しながら行きました。すでに人は多めですが、混雑と言うほどでは、ありません
。お濠の内側をぐるっと一周、撮影しながらなので2時間以上時間を掛けました。流石に9時近くなると
人が増え始めました。そろそろかなという訳で、撤収して、三春の方へ戻りました。
 お城での桜撮影は、やはり観光写真的になってしまいますね。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0 M.ZUIKO DIGITAL40-150mmF2.8

by nama3_kitano | 2019-04-26 00:01 | 写真 | Comments(0)

桜追っかけ 見かけた桜に萌える

f0224100_17545203.jpg
車を走られながらも、桜が気になる。と言ってもキョロキョロしては危ない。運転は慎
重に、スピードをできるだけ出さないようにしました。そんな事もあって、やはり、桜が
視界の中に入ってくるとチラッとですが、見てしまいます。そして、「これは撮りたい」
と思う桜に結構出会います。でも、道路事情優先で、車を止められない場所では、残念な
気持ちを残しつつ、見送ります。道路が広かったり、駐車スペースのような場所が、運良
くある場合は、車を止めて、撮影しました。1枚目は、なんのことはない田んぼの中の小さ
な神社ですが、2本桜の木が守っていました。ちょうど、日の出の時間で、空気が済んで、
光も美しい。こんな素晴らしい光景、撮らないわけにはいきません。
f0224100_17551473.jpg
2枚目の写真は、三春市街で撮影した桜です。福聚寺で有名なしだれ桜を撮影したあと、
次へ移動中、何気なく路地の向こうに1本の桜が見えました。上空には、輪っかが出来てい
るではないですか。そう、日暈です。こういう光景に出会うと萌えますよね。撮らないわ
けにはいきません。
f0224100_17553379.jpg
3枚目は、会津若松へ向かって、車を走らせていたいたときです。ちょっと広い直線道路
で、視界にこの桜が入りました。路肩に止めてよく見ると、川に沿ってあぜ道が出来ていて
その向こうに神社が見えます。神社の鳥居のところにも桜が見えて、これは、神の桜回廊か
もと思ってしまいました。カメラを取り出して、あぜ道に降りたことは、言うまでもありま
せん。こんな光景を見てしまったら、撮らないわけにはいきません。
本日、福島から帰宅予定です。ですが、時間的にブログを更新できません。明日は、こ
のBlog、お休みなります。よろしくお願いします。
※E-M1MK2 ZUIKO DIJITAL 14-35mmF2.0 GX-8 DG SUMMLUX12mmF1.4

by nama3_kitano | 2019-04-22 00:01 | 写真 | Comments(0)

桜追っかけ 分かっちゃいるけど

f0224100_19070172.jpg
福島の桜の古木で、人を多く集める桜には、たいてい菜の花が植えられています。この
組み合わせ、写真にするとベタな写真になってしまう。でも、やはり綺麗です。分かっち
ゃいるけどやめられない。ついついたくさん撮ってしまいます。なんだか基本のような気
がしないでもない。よく「撮らされる」といって、明確な狙いを持って撮影している人は
好まない撮影があります。自分はどうなのか。狙いはあってもどんどん撮らされます。そ
れで良いなんて思ってるのです。写真は、楽しくですね。
f0224100_19072637.jpg
19日、福島から山形の置賜地区に行ってみました。桜回廊が素晴らしいと聞いたからで
す。期待通りだったら、そのまま置賜地区の何処かに一泊と考えていましたが、結局、夕
方、福島に戻りました。置賜地区は、福島中通りより、一週間以上、桜の開花が遅い感じ
です。銘木と言われている何本かは、撮影しました。でも花は、ほとんど蕾でした。見頃
は、来週ですね。今回は、出直すことは出来ません。いつか、機会があったら、やってみ
たいと思います。
f0224100_19075571.jpg
そんな訳で、明日は、会津を回ります。どうしても見てみたい桜があるのです。その後は
また、三春周辺へ戻るかもしれません。もう少し、桜巡礼、続けます。
※E-M1MK2 ZUIKO DIJITAL 14-35mmF2.0 ZUIKO DIJITAL 7-14mmF4.0

by nama3_kitano | 2019-04-20 00:01 | 写真 | Comments(0)

桜追っかけ 夜桜ライトアップを撮る

f0224100_17214568.jpg
松吉さん企画の飯田桜ツアー、早朝から夜までスケジュールがぎっしりです。普段、夜は
早く寝てしまう人なので、夜の撮影はあまり行いません。こういうツアーは、そういう意味
で、普段できない夜の撮影など、貴重な体験をさせてもらえます。まず、1枚目は、初日の
最後に行った、飯田市美術博物館の庭にある安富桜です。樹齢450年の古木ですが、何の支
えもなくすっくと立つその姿は、誠に凛々しく美しい。その見事な幹をしっかり描写したか
ったので、普段あまり使わないハイレゾショットで撮影しました。
f0224100_17215910.jpg
そして、2枚目も安富桜です。1枚目の反対側に回り込んで撮影しました。こちら側は、広
いので、夜桜見物の人も多い。でもカメラの向きは、桜と反対側です。飯田市美術博物館の
ガラスに写り込んだ桜が、この世のものとは思えない幻想的な美しきでした。自分のスキルが足
りなくて写真はこれが精一杯です。やはりライトアップ撮影は、自分にとってはハードルが高い。
f0224100_17221214.jpg
3枚目は、安富桜の前に撮影した舞台桜です。昨年もこのアングルから撮影していて、ちょ
っとした課題を感じたので、再チャレンジしたのでした。でも、今回もちょっと今二くらい
のできになってしまった。もっと経験をつまないと・・・でも年をとったせいか、朝なら2時
でも3時でもOKなのですが、夜はちょっと辛い。来週、福島へ一本桜巡礼にいきますので、ラ
イトアップも可能な限り撮影して経験を積み重ねようと考えています。という訳で、今日の
写真はお粗末ですが、見逃してください(笑)
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL12mmF2.0 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0

by nama3_kitano | 2019-04-11 00:01 | 写真 | Comments(0)

モノクロで桜を

f0224100_22132230.jpg
今年の桜追っかけの課題。いくつかあるのですが、その一つは綺麗に撮ろうという意識
からの脱却。そして、昨年から撮り始めている人との関わりをもっと表現したい。そこで
今年は、それらの課題を追求する上で、モノクロでの桜撮影をもっと積極的にやりたいと
思っています。色情報をとって、より桜の何たるかに迫ってみたい。単なる記録写真に終
わってしまうかも知れない。桜から感じる気を写し込みたいと考えていますが、自分のス
キルでは難しいかも知れないが、やらずにはいられない。
f0224100_22133395.jpg
桜と人との関係を考えてみると花見がまず思い浮かびます。花見の宴が流行したのは、江
戸時代からと言われています。でも、それ以前から春に行われる「花祭り」は、花見の原型
という説をなにかの本で読んだことがあります。つまり、春の花=桜の咲具合で、秋の豊作
を占う行事ですが、それが今の花見へと変形していったという話です。真偽の程はわかりま
せんが、それほど昔から人と花(桜)との関わりが深いということは、確かなことと思いま
す。それを写真で表現すると考えるととてつもなくハードルは高いのですが・・・
※GM-5 DG SUMMILUX15mmF1.7

by nama3_kitano | 2019-04-02 00:01 | 写真 | Comments(0)

写真展、ついでに都心の桜

f0224100_22013981.jpg
富士フォトギャラリー銀座で開催中の「小林民子写真展 砂の途上<スペース1・3>」にお
邪魔してきました。写真展は、とても素晴らしい展示でした。モロッコのひと、くらし、
自然を鷲掴みにしたような写真で、久しぶりに揺さぶられた感じです。会期が28日までで
すが、超オススメです。そして、今日の写真は、その帰り、真っ直ぐ帰るもの何なので、
京橋から東京駅まで咲いている桜を撮りました。
f0224100_22020693.jpg
f0224100_22021937.jpg
と言いながら、これは桜ではありません。でも、その見事な姿に見惚れるほどでした。名
前はわかりません。わかる方がいましたら是非教えてください。
f0224100_22023823.jpg
f0224100_22025096.jpg
ソメイヨシノは、3,4分咲きという感じでしょうか。都心の桜の面白いところの一つは、
反射でしょうか。建物のガラスに写り込んだ桜が面白く、映り込みを見つけるとついつい
遊んでしまいました。
※E-PM2 DG SUMMILUX15㎜F1.7 DG SUMMILUX25㎜F1.4 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-03-27 00:01 | 写真 | Comments(0)

第11回ゴミセロ倶楽部写真展、終了しました

f0224100_09103182.jpg
半年前の10月に、会場確保から始まった写真展ですが、会期が4日間と短いこともあって
スタートするとあっという間に終わってしまった感じがします。その短い4日間に大勢の方
に来場いただきました。ありがとうございました。このゴミゼロ倶楽部写真展ですが、来
年は、開催が出来るかどうかわかりません。理由は、会場として使わせていただいている
エコギャラリーが、改修工事のため、ちょうどこの時期は使えないためです。東京オリン
ピックを理由に、東京中に再開発の波が押し寄せているような感じですが、新宿中央公園
にもその波が来ているようです。第12回写真展がいつになるのか、出来るのかどうかも不
透明な状態ですが、開催の運びになった時には、また、よろしくお願いします。個人的は
しばらくは、この写真展から離れます。ありがとうございました。
f0224100_09104584.jpg
本日の写真は、はるばる長野から来場してくださった松吉さんにお借りしたレンズで撮
っています。自分の知らない良いレンズが、マイクロフォーサーズにはまだまだたくさん
ありますね。
※E-M1MK2 DG VARIO-ELMARIT 12-60mmF2.8-4.0

by nama3_kitano | 2019-03-18 09:10 | 写真 | Comments(0)