nama3の気ままに雑記

カテゴリ:写真( 398 )

葦焼き2018 渡良瀬遊水地

f0224100_18040757.jpg
人出が多い行事がちょっと苦手ということもあって、ちょっと躊躇していた渡良瀬遊水地
の葦焼きに行ってきました。「多くのカメラマンがくるから何も自分が撮らなくても・・」
などとうそぶいて来ましたが、自分の眼前で行われる葦焼きには、興奮してしまいました。
以前、熊本阿蘇の野焼きに連れていてもらったことがありますが、あの時とはまた違った興
奮でした。阿蘇の野焼きは渡良瀬遊水地の葦焼き以上に大規模で、近づくとちょっと危険と
いう感じがしたし、初めてのことでじっくり観察する余裕もありませんでした。渡良瀬の葦
焼きは負けず劣らず大規模ですが、堤防の上から遠巻きに観察する感じです。興奮はしても
心の奥では極めて冷静でいられます。目の前で起きる様々な現象をしっかり観察できるわけ
です。
f0224100_18042989.jpg
前日に雨が降ったこともあって、8時半スタートが1時間繰り下げられて、9時半に始まりま
した。葦が相当濡れていたのでしょう、煙は上がり始めましたが、なかなか火の手が上がり
ません。業を煮やして「真面目に火を付けろーっ」ってやじるカメラマンも出る始末です。
『おいおい、カメラマンのために葦焼きをやっている訳じゃないだろう。そんなバカなこと
を言うから白い目で見られちゃうんだよ』と言いたかったですが、気が小さいので心の中で
つぶやきました。待ちきれずに移動する人も出始めるほど、火の広がり方がゆっくりでした
。個人的には、それがかえって良かったように思います。
f0224100_18045933.jpg
これも偶然ですが、自分の隣に陣取った方は、写真が目的ではありませんでした。画版に
綴じた用紙になにかを記入していました。見るとはなしに見てしまったのですが、放射能を
測定していたのでした。そのことから始まって、葦焼きのことなど普段知ることのできない
ことをいろいろ教えていただきました。震災に伴う原発事故で、放射能が漏れ、一時は関東
各地で計られていた放射能です。今やすっかり風化しつつありますが、始まる前から15分ご
とに測定して変化を記録するとのことでした。2013年に再開された年は、かなり数値が上が
って、子供などは近づけない方が良いと感じたそうです。他にも葦が近年、痩せてしまって
いることなどいろいろ教えていただきました。
f0224100_18290073.jpg
火の手が近づいてくると撮影に夢中になりました。炎もすごいし、葦焼きの熱によって、
彼方此方でつむじ風がおきるのもすごい迫力でした。毎年来るようになる行事になるかもし
れません。約1,000枚ほど撮影しましたので、もう少し葦焼き写真が続きます。

by nama3_kitano | 2018-03-19 00:01 | 写真 | Comments(0)

カメラにおまかせ ヒレンジャク

f0224100_09051860.jpg
今はカメラが何でも撮ってくれる時代なのかもしれません。ヒレンジャクの群れが来てい
ると聞きましたので、早速、秋ヶ瀬へ行って見ました。以前、撮影したことのある場所へ行
ったのですが影も形もありません。それより、2週間ほど前に着た時とは状況が様変わりし
ていました。水が上がってきていて、林の中の遊歩道も水没している箇所がある。鳥がいな
いので、そんな風景を写真に撮っているとバードウォッチャーから声をかけられました。「
何か水棲の生き物でも撮っているのですか」と。「いえいえい風景を撮っています。今日は
、ヒレンジャクが来ていると聞きましたので来てみたのですが、いないので・・」「ヒレン
ジャクなら今日はここじゃないよ。今日もカメラマンが大勢来ているので行けばすぐわかる
よ」と場所を教えてくださいました。他に人がいないことを良いことに、その後1時間以上も
話し込んでしまいましたが、そのことはいつかまたべつに報告したいと思います。
f0224100_09053544.jpg
f0224100_15390197.jpg
行って見ると確かに30人くらいの鳥撮りカメラマンが三脚を立てていました。隅の方に陣
取らせて貰って、自分も参戦しました。目的は、ヒレンジャクとカメラテストです。「プロ
キャピチャーモード」を試してみたかったのです。結果がこちら↑です。確かにこれはシャ
ッターチャンスを逃さない。凄い機能です。自分のような素人でもこのくらいの写真は撮れ
てしまうのですから。でもちょっと考えてしまいました。凄い瞬間を記録できるけど、自分
が撮ったと言えるかどうかです。ある狙いがあってこの機能を使いこなすなら自分の表現と
して見せることはできるけど、カメラ任せで、カメラの機能におんぶにだっこで撮っても、
それが、自分の表現となるだろうかと。カメラテストをしているだけかもしれない。少なく
ともそうではない何かを自分なりにしっかり持って、これらの機能を使い、何を撮り、何を
表現したいのかを写真に込める必要があるのではないかと。そういう意味でこの機能を使い
こなせたら、素晴らしいと思います。自分的には、現状では、たぶん、あまり使う場面がな
い機能かなと感じました。それでも凄い機能なので使いこなせるようにはしたいです。

by nama3_kitano | 2018-03-17 00:01 | 写真 | Comments(0)

春節を撮る

f0224100_09315839.jpg
春節行事を撮るため、今月2回目の横浜中華街詣でです。今回は情報収集することなく、
勢いだけで来てしまいました。春節期間中の日曜日なので何かやっているだろうと来て
しまったわけです。一応メインストリートから関帝廟を歩いて情報集しました。結果、
春節娯楽表演という行事が山下町公園で行われるということがわかりました。公演は、
3回予定されていましたので、その3回目を撮影することにして、17時ごろまで、周辺を
撮影しながら歩くことにしました。久しぶりに山下公園へも足を延ばしました。でも吹
く風がとても冷たくてすぐに退散、中華街に戻って時間をつぶしました。
f0224100_09321213.jpg
第3回目は、17時半ごろからですが、最前列を確保するため17時ごろに山下町公園へ行
って待ちました。そして始まりました。続きは明日。

by nama3_kitano | 2018-02-26 09:33 | 写真 | Comments(0)

備忘録

f0224100_12012804.jpg
2日続けて根本先生の講座に参加しました。スキル的なことはまだまだこれからたくさん
練習をしなければ身に付きません。ただ、備忘録として以下のことはしっかり覚えておか
なければならないと思います。それは、
「撮影者が視認したものを、より撮影者の認識に近づけ、自分以外の人に撮影者が認識し
たビジュアルとして伝える」ということ。
根本先生が書かれたレジュメの中でPhotoshopを説明するために書かれた文章です。Phot
oshopを使う意味は、ダメな写真をいい写真に変えるツールではなく、「作者の感覚を思う
ように伝える」ことが出来るようにするためのツールということですね。その意味で、撮
影がいい加減であってはだめだし、何をどう撮るのか、なぜとるのかといった基本的な部
分をしっかり持たなければならないと感じました。写真の勉強だけでは全然足りないです
ね。先は長い。一歩一歩地道に行くことにします。
f0224100_12025852.jpg
フ~

by nama3_kitano | 2018-02-25 12:01 | 写真 | Comments(0)

Photoshop教室へ

f0224100_21034389.jpg
根本タケシ先生のPhotoshop教室へ参加しました。自分が如何にPhotoshopを使っていなか
ったかを思い知りました。自分がシャッターを切った時の思いを如何にして画像に表現する
か。道は遠い。でも非常にやりがいを感じました。自分の伸びしろがたくさんあることと、
撮影がやはり大事であることも痛感しました。極めて奥が深いので牛歩で行こうと思います
。今日がそのスタート日です。
f0224100_21035681.jpg
写真は、久しぶりに歩いた淡路町から秋葉原、根本先生の事務所がある浅草橋まで歩きま
した。途中、とったものですが、居酒屋のディスプレイが面白い。それだけ撮り歩くのも
ありかもしれません。また明日も同じ場所で写真塾です。

by nama3_kitano | 2018-02-23 21:04 | 写真 | Comments(0)

久しぶりのハイレゾショット 三十槌の氷柱

f0224100_10131623.jpg
三十槌の氷柱撮影では、久しぶりにハイレゾでも撮影しました。動きのないこういった被
写体では、より精細に撮った方が立体感が出るのではないかと考えたわけです。当初から、
そのつもりで三脚を持参しました。昼の撮影では、三脚を使う事は殆どありません。でもハ
イレゾショットのような特殊な撮影では、三脚が必要になります。オリンパスのカメラを主
に使っていますが、手振れ補正が搭載されたE-510以降、三脚を使う機会ががくんと減ったの
ですが、E-M1、E-M5Ⅱをメインにするようになって、逆に使う機会が増えてきたように感じ
ます。
f0224100_10133088.jpg
アップした写真は、縮小していますので、ハイレゾで撮ったものと普通に撮ったものの違い
は、たぶんほとんどわからないと思います。違いが一番出るのは、大きく伸ばしてプリントし
た時でしょう。それもA1サイズくらいの大伸ばしです。家でのプリントはA3ノビが最大ですの
で、ハイレゾにする意味はあまりないかもしれません。でも、より高精細に撮れるなら撮って
置きたい被写体はあります。その点で、ハイレゾ機能が搭載されたカメラなら安心です。次に
新しいモデルを導入するなら、自分的にはこの機能が搭載されたカメラが最有力候補になりま
すね。
f0224100_10134807.jpg
三十槌の氷柱、あまり期待はしていなかったのですが、正直ライトアップは興味がないので
午前中の自然光で静かに撮影出来て、とても良かったと思いました。惜しむらくは、もう少し
氷柱に近づきたかった。川を挟んで対岸にある氷柱撮影でしたが、まあ、昨日のように気温が
高い日は、崩落しますのこのくらいの距離が安全なのかもしれません。

by nama3_kitano | 2018-02-16 15:12 | 写真 | Comments(0)

写真展終了しました

f0224100_08580678.jpg
第10回ゴミゼロ倶楽部写真展、終了しました。期間中、大勢のの方に見ていただくことが
出来ました。久しぶりに実行委員長の大役を仰せつかり、至らない点ばかりでしたが、皆さ
んのフォローで無事終了することが出来ました。来場くださった皆様、写真展に出展くださ
った部員の皆様に感謝申し上げたいと思います。
 写真は、写真は最終日恒例のギャラリートークの様子です。↓は空き時間に最新のレンズ
(M.ZUIKO DIGITAL 45㎜F1.2)をHOSSIEさんにお借りして撮ってみたものです。
f0224100_08582993.jpg
f0224100_08583795.jpg
凄い写りでちょっとやばいです。因みにカメラは、LUMIX GM5です。


by nama3_kitano | 2018-02-05 08:50 | 写真 | Comments(2)

写真展3日目終了

f0224100_23462147.jpg
写真展3日目が終了、そして本日が最終日です。なんか、あっという間という感じです。
3日目は土曜日ということもあって、特に午後からは、切れ目なく沢山の方にご覧いただく
事ができました。プロの写真家の方も沢山おいでくださいました。ゴミゼロ写真展は、色
々な方に見ていただいて、自由に交流できるところが素晴らしい写真展です。出展者それ
ぞれが自由に取った写真を展示しています。写真の優劣とか関係ありません。今回、ギャ
ラリーのスペースが変更になり、展示に苦労したこともありますが、無事、最終日までく
ることできました。最終日は、午後1時位からギャラリートークも予定されています。16時
まで、ご覧いただくことが出来ますので、よろしくお願いします。
 ※写真と文章は無関係です。写真は10日ほど前に戸山公園で撮ったボケです。

by nama3_kitano | 2018-02-04 00:01 | 写真 | Comments(2)

写真展2日目は雪

f0224100_22480039.jpg
ゴミゼロ倶楽部写真展2日目は、雪の中でのスタートとなりました。心配したほどの大雪
にならなかったのがせめてもの救いです。「今日は暇だろうなあ」と思っていましたが、
個人的にはとても嬉しい一日でした。第1回目の写真展からご来場いただいていて、このブ
ログを通じても親しくさせていただいているA谷さんが、雪まじりの雨も何のその元気な姿
で来場くださいました。昨年のこの写真展以来の再開で、身の回りのことや写真のことなど
今回もいろいろ話すことが出来ました。その後、4年ほど前に定年退職した元職場の同僚が、
「ブログで見た」とフラッと来場くださいました。写真を見ながら会場を一周、とても楽し
い時間でした。さらに先週まで一緒に働いていた同僚がこちらもニコニコ顔で来場くださっ
て、またまた楽しい時間を過ごしました。来場者は、平日悪天候ということもあって多いわ
けではありませんでしたが、説明しながら、世間話をしながら展示写真をゆっくりじっくり
見ることが出来ました。とても楽しい充実した1日にすることができました。
f0224100_22482679.jpg
写真展も日程的には半分終わったわけですが、今日土曜日が、例年、来場者が最も多い日
です。そんなわけで十分な応対ができないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

by nama3_kitano | 2018-02-03 00:01 | 写真 | Comments(0)

写真展、始まりました

f0224100_23521186.jpg
天気の心配もありましたし、ギャラリーがちょっと模様替えしたこともあって、どうな
のか、ちょっと心配だった写真展、無事、始まりました。今回の参加者は、プロ合わせて
41名、102点の作品が並びました。自分は、展示作業が終了する前に、所用があって中座
しました。16時半頃、戻ってみると心配だった展示も全く違和感なく、うまく出来たと思
います。
f0224100_23523156.jpg
心配は、天気です。帰宅時間には、本格的な雪模様です。今日の朝当番は、自分なので、
早めに出ようと思っています。勿論、カメラを持って。フフフ。

by nama3_kitano | 2018-02-02 00:01 | 写真 | Comments(2)