nama3の気ままに雑記

<   2018年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

寒波が続く、どうなる写真展

f0224100_21034912.jpg
完全に日本列島が冷蔵庫の中という感じの寒さが続きます。暦ではもうすぐ立春ですが、
今年の春は、まだまだ先のようです。2月1日からゴミゼロ倶楽部写真展が始まりますが
それにタイミングを合わせたかのように雪の予報が出てしまいまいました。明日の午前中
、設営ですが、午前中だけでも混乱なくあって欲しいと願うばかりです。写真は、29日に
撮影しました。ゴミゼロ倶楽部写真展で展示する写真をクロネコの営業所へ持ち込んで、
ひと足早く送りました。その帰り、そのまま帰宅するのも芸がない。最近身につけたフラ
リーマンをやってしまいました。
f0224100_21041647.jpg
行った場所は、先日、凍った池を撮影した秋ヶ瀬公園です。一週間経ちますが、まだ沢
山残雪がありました。フラリーマンする予定がなかったので、長靴を準備して来ませんで
した。なので、自由に歩き回る事はできません。残雪が少ないところを選んであるきまし
た。日没時間が近い時間でしたので、生き物に出会うこともないだろうと思っていました
が、このエリアで一番大きな野鳥がいました。アオサギです。
f0224100_21043709.jpg
気づかれないようにそう~っと近づいたつもりなのですが・・・駄目でした。
※1枚目はトリミングしています。

by nama3_kitano | 2018-01-31 00:01 | その他 | Comments(0)

第10回ゴミゼロ倶楽部写真展

f0224100_22185832.jpg
2月1日(木)14時から2月4日(日)16時まで(2日、3日は10時から18時)第10回ゴミゼロ倶
楽部写真展が開催されます。今回、久しぶりに実行委員長の大役を仰せつかっています。久
しぶりなので、四苦八苦して、まだまだ準備が終わりません。何とか、間に合わせるように
したいと思います。
f0224100_22191967.jpg
そして今、心配の種がもう一つ。天気です。1日~2日にかけて雪の予報が出てしまいまし
た。1日午前中に会場設営を行います。2014年だったか、大雪の影響で、作品が全部揃わない
ままオープンしたことがありました。こればかりは、人間の力ではどうしようもないので、
降ったとしても、ただただ、無事オープンができること程度の雪であって欲しい。
f0224100_22193432.jpg
会期中、初日以外は、会場にいます。自分の展示は2点だけですが、プロアマ34名102点の
力作が並びますので、是非、足をお運びください。またお声をかけてくださるとうれしいです。
よろしくお願いします。※2枚目3枚目の写真は日比谷公園で撮影

by nama3_kitano | 2018-01-30 00:01 | 写真 | Comments(0)

乱反射、巨大なレフ板

f0224100_21543236.jpg
朝の日比谷公園でも見つけました。新宿御苑や新宿中央公園でも良く見ます。早朝や夕方が
特に激しい。それは乱反射です。朝日や夕日がビルにあたって、それが乱反射して、公園の
中に入ってきます。直射光も勿論入ってきますが、巨大なビル群がレフ板のような役目をし
て入ってくる光は、柔らかい、とても優しい光です。
f0224100_21554965.jpg
f0224100_21563188.jpg
土曜日の日比谷公園の梅林には残雪が残っていました。雪面には、直射光が入ってきていまし
たが、花の方は日陰です。でもよく見るとレフ板の光を当てたような状態です。写真に撮っ
て見ると面白い。とても色が美しいだけでなく、凄い立体感を感じます。地面が雪でレフ板
の役目をしているだけでなく、巨大なビル群からの反射光も当たって、この不思議な立体感
を産んでいるのだと思います。
f0224100_21570400.jpg
 こんな撮影をした後、ダメ押しで、もう一度鶴の噴水へ戻りました。予想以上に人が増
え、池の周りに人の輪が出来ていました。今年は、寒いので、しばらくは、こういう状態
が続くのでしょうか。

by nama3_kitano | 2018-01-29 00:01 | 自然 | Comments(0)

新たな一歩

f0224100_20194781.jpg
まあ、別に生まれ変わるわけではないですが、今日から新たな一歩です。どこでその一歩
を踏み出すか、実は全然考えていませんでした。ですから深い意味もなく行く場所を決めま
した。そこは、なんと日比谷公園です。冬の日比谷公園と言えば、つららを下げた鶴の噴水
です。普段は、写真を撮りに行くというとできるだけ山の方へ向かうのですが、今回は、そ
んな気持ちがまったくなく、どちらかと言うと方向的には全く逆の方向へ行くことになりま
した。朝7時前に着いたのですが、もうすでに三脚を立てている人が10名位いました。狙いは
勿論、鶴の噴水です。この時期、この時間の日比谷公園は勿論初めてです。故にかどうか、
気分的には初陣です。なので、撮影ポイントを探して、池の周りをゆっくり一周しました。
そして見つけたポイントは、3箇所です。あとは、光の周り具合でその3箇所のどこにするかを
決めることにしました。
f0224100_20200461.jpg
 なんというか、落ち着きがない。朝日が公園に入り始めました。そのまま、鶴とつららを撮
っているべきなのでしょうけど、入り始めた朝の光が、あまりにも美しいので、もっと開けた
場所へ移動したくなりました。確か大噴水のところは、噴水のそばに大きな花壇があって、開
けていることを思い出しました。「行こう」と思うまでもなく、足が自然に大噴水へ向かって
いました。予想以上に光が美しい。早起きし来て良かった。そう思った瞬間でした。新たな一
歩のスタートです。全然、今までと同じじゃないなんてツッコミはなしでお願いします(笑)

by nama3_kitano | 2018-01-28 00:01 | 自然 | Comments(4)

フリーランス

f0224100_22061403.jpg
今日からです。昨日で延長再雇用が終わりました。正確には3月末なのですが、ちょっと
早めに自分で引導を渡しました。そして、今日からは自由人、つまりフリーランスです。
そう言うとなんか軽い感じもしますが、実は、結構悩みあったりします。でも、頭を抱え
込んでも、良い結論はたぶん出ないでしょう。暗くならずに悩んで大きくなろう。俗に一
年の計は元旦にありなんて言いますよね。今日は、フリーランスの元旦ですね。どう過ご
しましょうか。このブログがアップされる時間は夢の中、どう過ごしたかは、明日、ここ
で報告したいと思います。どうしよう・・・
写真は、職場で頂いた花束2つと日本酒は娘達がプレンゼントしてくれました。嬉しい。

by nama3_kitano | 2018-01-27 00:01 | その他 | Comments(6)

雪の日点描

f0224100_12591292.jpg
先日の大雪の日に撮った写真です。時間がたって、早くも新鮮味に欠けてしまいますが、
まだ、写真がたくさん残っていますので、あと少しだけお付き合いください。
f0224100_12593841.jpg
f0224100_12595006.jpg
f0224100_13001565.jpg
この日は、午後4時に仕事を切り上げて早退しました。事務所から駅に向かっていつも通
り抜ける公園で撮りました。普段は全くの素通りで、桜の時期や紅葉の時期以外は、足早
に通り過ぎてしまいます。でもやはりというか、雪が積もると見慣れた景色が激変して、
とても素通りできるものではありません。おまけにこの日は、カメラレンズは防塵防滴仕
様です。池、ベンチ、点在する木々、人の足跡さへとても新鮮に見えます。こんなフォト
ジェニックなシーンは、その時だけのもです。普段5分ほどで通り抜ける公園ですが、あた
りが暗くなり始めるまで撮影しました。何のための早退?結局帰りの電車は、激混みでし
た。何やってんだか。
f0224100_13003986.jpg
 さて、本日は、最終出勤日です。足取り軽く、出勤したいと思います。

by nama3_kitano | 2018-01-26 00:01 | 写真 | Comments(4)

青天の霹靂

f0224100_14063581.jpg
長野群馬県境の草津白根山の突然の噴火、まさに青天の霹靂です。昨年6月、噴火警戒レ
ベルが2から1へ引き下げられたばかりでした。個人的には何回か登ったことがある山です。
昨年も7月に登りました。今回噴火した本白根山には、その稜線に夏になるとコマクサが群
落を作ります。コマクサといえば高山植物の女王です。北アルプス後立山連峰や八ヶ岳の
硫黄岳~横岳周辺など、標高の高いガレ場の稜線に咲く花で、見るためにはそれなりのアル
バイトが必要です。唯一(自分の知っている限りですが)、比較的簡単に登れて、コマクサ
を見ることが出来る場所が白根山です。自分は車で行って、駐車場から歩きます(約2時間く
らい)が、ロープウェイとリフトを乗り継げば、更に簡単にその稜線に出ることができる
のです。故に夏は、登山者というより観光客的な登山者が大勢登ってきます。そして、今回
噴火したと言われる鏡池周辺はそのハイキングコースです。冬のスキーシーズンと夏のコマ
クサシーズンは、特に訪れる人が多いので、亡くなられた方も出てしまいました。地球が牙
をむく訳ではありませんが、こういうことは予測ができない。残念なことです。亡くなられ
た方には、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。
※写真は、昨年7月に撮った本白根山(右のピーク)です。このピークの向こう側の斜面に今
回の火口、鏡池があります。

by nama3_kitano | 2018-01-25 00:01 | 自然 | Comments(2)

雪景色

f0224100_15532870.jpg
いつもより30分ほど早く家を出て、ずっと遠回りして駅へ向かいました。久しぶりの大雪
で、見慣れた景色が一変しました。こんな日に見てみたい場所があったのです。前夜(22日
)帰宅途中にも立ち寄っていますが、朝の光を浴びるとどんなふうになるのか、とても気に
なっていました。やはり、期待以上、なんでもない柿の木畑やカラタチの木がシュールな景
色に変貌していました。夢中でシャッターを切っていたら、後ろを通った老年の男性から声
をかけられました。ちょっとだけ立ち話して、時間も気になるけど撮影に戻りました。また
後ろに人の気配、振り向くと今度はちょっと若い女性がスマホをこの景色に向けていました
。ここは、人通りがとても少ないところなのですが、同じことを考える人がいるものですね。
f0224100_15535178.jpg
f0224100_15540211.jpg
こんな呑気なことをしていますが、雪国の人たちにとっては、この程度の雪は日常、雪は
どちらかというと困った存在になっているのではないかと思います。でも、自分たちにとっ
ては、非日常です。雪が風景を抽象化してくれる、こんな機会はできるだけ有効にしたい。
そんな思いになってしまいます。上の写真は、このブログに初めて登場する我が家です。雪
が雑然とした部分を覆い隠してくれました。時々写真をアップしてきた雑草園とは、この家
の周りです。実は猫の額ほどの広さです。望遠やマクロでバックをぼかして誤魔化してきま
した。
f0224100_15541366.jpg
仕事でなければ早朝から車で出かけるところですが、それは、来年以降のお楽しみにとっ
て置くことにします。

by nama3_kitano | 2018-01-24 00:00 | その他 | Comments(0)

大雪

f0224100_20324702.jpg
久しぶりの大雪です。大雪で喜ぶのは犬と子供と写真家でしょうか。フラリーマンいや
もとい、サラリーマンにとっては、通勤のことで大変な困り者なのですが、カメラを持っ
ていると途端にテンションが上がります。昼休み、積もり始めた公園へカメラ散歩です。
雪の中、散歩もないものですが、見慣れた公園も雪をかぶると新鮮な景色です。雪は風景
を抽象化します。そう、自分の好きな霧と同じ役目を雪がしてくれるのです。散歩をして
いるときは積もり始めたばかり、積もり始めは積もり始めの情景を見せてくれますね。
f0224100_20331675.jpg
帰宅の足がちょっと心配。今、多くの路線で相互乗り入れが行われていますので、走行
距離が長くなって、通常の利用では、乗り換える手間が省けたりして、とても便利です。
でも便利は時に両刃の刃になるのです。それが遅延です。全く関係なさそうな路線で起き
た遅延がドミノ倒しの様にやってきて、乗っている電車が遅れる、そんなことが日常茶飯
です。もうすぐ定年の身ということもあって、ここは気軽に早退することにして、電車が
込み始める前に帰宅することにしました。
f0224100_20333789.jpg
でも、考えることは同じ人が多い。ラッシュが始まる前の時間なのに、電車は激混みで
す。雪でスピードを出せない。故に遅延する。仕方なく間引く。この悪循環ですね。混む
のは仕方ない。安全運転が一番、ということで皆さん、我慢我慢。通常約1時間の通勤時間
ですが、1時間半ほどで帰ることが出来ました。

by nama3_kitano | 2018-01-23 00:01 | 散歩 | Comments(0)

出会いと別れの季節

f0224100_22030740.jpg
本日の写真は、玄関に飾られた花です。下の娘が職場からいただいてきました。大学院を
卒業して、そのまま研究室で働いていたのですが、3月で退職することになりました。一ヶ
月の三分の一ほど練習船に乗っていましたが、最終航海を終わって、乗組員の皆さんから
いただいたのだそうです。今月末から20日間ほど、別の船で小笠原への出張が研究室での最
後の仕事になるようです。4月からは、高校の教師になることが決まっています。これから
4月にかけては、卒業や進学、就職などで、全国で別れと出会いがたくさんある時期になり
ます。本日は、私事で恐縮ですが、自分も今週金曜日を最後に完全定年退職します。別れは
終わり、出会いは始まりといえなくもないです。何が始まるのか、それが問題ですね。



by nama3_kitano | 2018-01-22 00:01 | その他 | Comments(4)