nama3の気ままに雑記

<   2018年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

電飾獅子舞

f0224100_14353981.jpg

獅子舞の最後は電飾獅子による獅子舞でした。会場のライトも消されて、動くイルミネー
ションです。街のイルミネーションはそんなに写真欲を感じませんが、これは良い。舞台で
舞い、ほかの獅子舞と同じように観客席にも降りてきて、お客さんたちの頭をガブリとやっ
て厄落とししてくれます。会場のライトが消されていますので、師子のLEDで周りの顔が浮か
びあがりますが、笑顔笑顔笑顔です。笑顔は伝染します。気がつけば自分の顔も笑顔です。
祭りがくれる力はこうやって伝播して、参加者にパワーをくれるのですね。もう写真は、完
全にいい加減です。ピントや構図や手振れなんて気にしていられない。舞台のリズムに体が
自然に動いてしまいますからね。
f0224100_10330747.jpg
f0224100_10333908.jpg
f0224100_10335802.jpg
中国の伝統芸能を演じるのは地元横浜中華学院とその卒業生の皆様だそうです。拍手、拍手
です。春節行事の最終イベントは3月2日の元宵節燈龍祭だそうですが、3月2日は野暮用があ
って来られません。ちょっと残念ですが、春節イベントの撮影は、今回が最後です。また来
年、来られたら来ようと思います。

by nama3_kitano | 2018-02-28 00:01 | | Comments(0)

ロックオン!、キター!、ギャー!、おめでとう!

f0224100_17182100.jpg
ロックオン!お、俺?
f0224100_17192746.jpg
キター!!向かってキター!!
f0224100_17200247.jpg
ガブリ!!!ガブリ!!!頭をさげろ!!!
f0224100_17204101.jpg
ギャー!!!!やられたー!
f0224100_17210990.jpg
獅子にガブリで開運厄除け。これで今年は招福到来です。やったー!おめでとう!!!!

by nama3_kitano | 2018-02-27 00:01 | その他 | Comments(0)

春節を撮る

f0224100_09315839.jpg
春節行事を撮るため、今月2回目の横浜中華街詣でです。今回は情報収集することなく、
勢いだけで来てしまいました。春節期間中の日曜日なので何かやっているだろうと来て
しまったわけです。一応メインストリートから関帝廟を歩いて情報集しました。結果、
春節娯楽表演という行事が山下町公園で行われるということがわかりました。公演は、
3回予定されていましたので、その3回目を撮影することにして、17時ごろまで、周辺を
撮影しながら歩くことにしました。久しぶりに山下公園へも足を延ばしました。でも吹
く風がとても冷たくてすぐに退散、中華街に戻って時間をつぶしました。
f0224100_09321213.jpg
第3回目は、17時半ごろからですが、最前列を確保するため17時ごろに山下町公園へ行
って待ちました。そして始まりました。続きは明日。

by nama3_kitano | 2018-02-26 09:33 | 写真 | Comments(0)

備忘録

f0224100_12012804.jpg
2日続けて根本先生の講座に参加しました。スキル的なことはまだまだこれからたくさん
練習をしなければ身に付きません。ただ、備忘録として以下のことはしっかり覚えておか
なければならないと思います。それは、
「撮影者が視認したものを、より撮影者の認識に近づけ、自分以外の人に撮影者が認識し
たビジュアルとして伝える」ということ。
根本先生が書かれたレジュメの中でPhotoshopを説明するために書かれた文章です。Phot
oshopを使う意味は、ダメな写真をいい写真に変えるツールではなく、「作者の感覚を思う
ように伝える」ことが出来るようにするためのツールということですね。その意味で、撮
影がいい加減であってはだめだし、何をどう撮るのか、なぜとるのかといった基本的な部
分をしっかり持たなければならないと感じました。写真の勉強だけでは全然足りないです
ね。先は長い。一歩一歩地道に行くことにします。
f0224100_12025852.jpg
フ~

by nama3_kitano | 2018-02-25 12:01 | 写真 | Comments(0)

Photoshop教室へ

f0224100_21034389.jpg
根本タケシ先生のPhotoshop教室へ参加しました。自分が如何にPhotoshopを使っていなか
ったかを思い知りました。自分がシャッターを切った時の思いを如何にして画像に表現する
か。道は遠い。でも非常にやりがいを感じました。自分の伸びしろがたくさんあることと、
撮影がやはり大事であることも痛感しました。極めて奥が深いので牛歩で行こうと思います
。今日がそのスタート日です。
f0224100_21035681.jpg
写真は、久しぶりに歩いた淡路町から秋葉原、根本先生の事務所がある浅草橋まで歩きま
した。途中、とったものですが、居酒屋のディスプレイが面白い。それだけ撮り歩くのも
ありかもしれません。また明日も同じ場所で写真塾です。

by nama3_kitano | 2018-02-23 21:04 | 写真 | Comments(0)

至上の印象派展でインプットの時間

f0224100_15272248.jpg
新国立美術館で開催中の「至上の印象派展」へ行ってきました。昨年秋、前売り券発売と
同時に購入しておいた展覧会です。個人収集家のビュールレが取集した作品は、あまり国外
で公開されることがないそうです。今回64点の作品が来日していますが、たぶん、自分が生
きている間に見ることが出来る最後の機会ではないかと思いました。64点中約半分が日本初
公開の作品です。目玉は、ルノワール、セザンヌ、モネの作品でしょうか。個人的には、ゴ
ッホやキュビズム時代のピカソが良かった。本で見たことのある作品ですが、その微妙な色
あいとかマチエールといった重要な部分は実物を目の前にしないとわからない。約3時間ほど
かけて鑑賞しましたが、至福の時でした。
f0224100_15273675.jpg
f0224100_15282125.jpg
その後、歩いてすぐの場所にフジフィルムスクエアがありますので、当然、立ち寄りまし
た。ここの楽しみは歴史博物館の展示です。今回は、民族写真の芳賀日出男の作品が展示さ
れていました。昭和30年代の自分にとっては懐かしを感じる情景です。開催中の写真展では、
「小川康博写真展日本海沿い」が良かった。写真が自分にとってのツボ、見入ってしまいま
した。

by nama3_kitano | 2018-02-22 15:28 | その他 | Comments(0)

ツーピイツーピイツーピイ♪

f0224100_08523897.jpg
落ち葉を撮るためにさいたま市の秋ヶ瀬公園に出没しました。今の時期は、落ち葉が腐り
始める時期です。落ち葉の撮影と言えば、秋から冬にかけてがピークでしょうか。紅葉して
散った落ち葉は美しい。そんな落ち葉の撮影は楽しいものです。自分も大好きです。落ち葉
は10年ほど前から撮影の対象としてきましたが、特に真冬のこの時期の落ち葉も個人的には
大好きなのです。故に、秋ヶ瀬公園へ行ったりするわけです。落ち葉撮影時は当然下を向い
て歩きます。そんなとき、ツーピイツーピイツーピイ♪という野鳥の鳴き声がしました。そ
うお馴染みの鳥、シジュウカラです。シジュウカラは鳴き声で会話する鳥と言われています
が、春になると恋の季節で雄が声高らかに囀ります。ツーピイツーピイツーピイ♪がまさに
その囀りです。地泣きの鳴き声からは想像できない美声です。これはシジュウカラの春告げ
と言うこともできますね。
f0224100_08525386.jpg
空気に刺すような冷たさを感じない昼下がり、池でノンビリ狩りをするアオサギも見かけ
ました。先日、氷が張っていた池です。水がぬるんで小魚が活発に動くようになったのでし
ょう。見ている間だけでも結構捕まえていました。そんなアオサギの動きからも。本格的な
春が近づいていることを感じました。

by nama3_kitano | 2018-02-21 08:53 | 自然 | Comments(0)

小さい春を探せ

f0224100_15360054.jpg
f0224100_15361114.jpg
小さい秋見つけた♪というサトウハチロー作詞、中田喜直作曲の名曲がありますが、季節
はその歌とは真逆の冬から春への変わり目の頃です。今日が、2018年の雨水です。雪の季節
から雨の季節に変わるころという訳です。ならば、小さい春がどこかにあるに違いない。そ
ういう訳で、板橋区立赤塚植物園へ行って見ました。この植物園では、早春の花が、早めに
咲き始めます。今頃ならセツブンソウやひょっとしたら雪割草も咲き始めているかもしれない。
f0224100_15364799.jpg
f0224100_15363758.jpg
やはり、セツブンソウが植えられているとことにはしゃがみ込んで撮影している人がいまし
た。tatsukikuさんでした。他にもハナミネさんもいました。タイガーウッドさんも来ている
し、obokazaさんにも会いました。fotopus花コミュは終わってしまったけれど、off会は続い
ているし、恒例の写真展も5月に開催するそうです。なんだかとても嬉しい話をお聞きするこ
とができました。
f0224100_15392021.jpg
f0224100_15372464.jpg
小さい春のほうはご覧の通りです。セツブンソウ、セリバオウレン、フクジュソウ、雪割草
に河津桜も咲き始めています。フキノトウも見つけました。3月に入るとここは一気に花の種
類が増えます。楽しみも比例して増える季節です。

by nama3_kitano | 2018-02-19 15:47 | 散歩 | Comments(2)

メンタルの強さ

f0224100_10391394.jpg
オリンピック中継は見ないと宣言して、その舌の根も乾かないうちに中継を見てしまった。
それも釘付けに近い状態で。フィギアスケート男子の中継です。結果はご存知のとおり、羽
生選手の金メダル、宇野選手の銀メダル、まことにお見事としか言いようがない。中継を見
ていて一番感じたことは、こういうトップレベルの選手のメンタルの強さです。あれだけの
プレッシャーの中で、自分の持てる力を出し切るメンタルの強さって、本当にすごいとしか
言いようがありません。そういう意味で、アメリカのネイサン・チェン選手もすごかった。
前回の浅田真央さんを彷彿させるフリーでの巻き返し、彼は若いので、次のオリンピックで
はとてつもなく凄い選手として登場するような気がします。
f0224100_10392576.jpg
本日の写真は、三十槌の氷柱撮影後に立ち寄った清雲寺の枝垂れ桜です。春になると桜を
撮りに来る場所ですが、今の時期の冬枯れした桜の古木も大好きです。樹齢数百年の樹木の
存在感って、本当にすごいです。冬枯れのその姿にそういう存在感を強く感じます。桜はや
はり、自分にとって、花の時期だけではなく、年間を通じて撮影すべき対象です。改めて、
そう思いました。

by nama3_kitano | 2018-02-18 15:38 | その他 | Comments(2)

春節だ!中華街だ!

f0224100_11364867.jpg
所属しているズイコー倶楽部湘南支部の写真展が、今年9月に新宿のオリンパスギャラリ
ーで開催されます。テーマが「We love 湘南」ということで、神奈川県内で撮った写真を
展示することになりました。自分は、自称「元沼南ボーイ」(誤字ではありません)のエ
セ湘南ボーイです。本音で言えば、別に湘南loveではありません。それで困った困ったの
日々が始まっているのです。細かいテーマがいくつかあるのですが、あえて、「暮らしや
祭り」の写真を撮ることにしました。自分で自分のハードルを上げてどうするの?ますま
す気分を重くしたのでした。でも、動かないわけにはいきません。という訳もあって、中
華街の春節から始めよう。それも元旦の2月16日にスタートしようとなった訳です。俗に
「一年の計は元旦にあり」なんて言いますからね。
f0224100_11371447.jpg
f0224100_11375157.jpg
初めから言い訳ばかりですが、元旦に行われる「採青(ツアイチン)」という行事がど
ういうどういうものなのかがわかりません。NETで調べて、初めてわかりました。要する
に爆竹を鳴らし、獅子舞をしながら、中華街の各店舗を練り歩き、商売繁盛を願う行事の
ようです。公式ホームページに16時からスタートとありましたので、14時ごろに中華街入
りして撮影に良さそうな場所をロケハンしながらぐるっと一周しました。龍の飾り付けあ
るストリートが良いかなとそこで待機しました。そしたら、新聞社やNHKクルーも近くで
待機し始めましたので、場所選びは良かったのかななんて、気分も上がってきました。
f0224100_11380927.jpg
f0224100_11384089.jpg
派手な爆竹音で、始まりましたが、どう撮ればよいのかわかりませんし、人垣をかき分
けるのもなあなどと思いつつ、遠目に観察したところ、最初に爆竹部隊が爆竹を鳴らし
先導していることがわかりました。なので、爆竹部隊のところで待てば、人垣の最前列
や撮影しやすい場所を確保できることがわかってきました。今回は、たぶん人垣でうま
く撮影できないことが予想されましたので、一脚を持ってきました。一脚を伸ばして背
伸びしなくても人垣越しに獅子舞を狙う作戦です。これ、結構うまく行ったと思います。
でも残念なのは、アングルが同じような写真を量産してしまったことです。春節期間中
にもう一度、違う行事で再チャレンジしようかと思います。
f0224100_11390192.jpg

by nama3_kitano | 2018-02-17 15:35 | その他 | Comments(0)