nama3の気ままに雑記

<   2018年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ツーピイツーピイツーピイ♪

f0224100_08523897.jpg
落ち葉を撮るためにさいたま市の秋ヶ瀬公園に出没しました。今の時期は、落ち葉が腐り
始める時期です。落ち葉の撮影と言えば、秋から冬にかけてがピークでしょうか。紅葉して
散った落ち葉は美しい。そんな落ち葉の撮影は楽しいものです。自分も大好きです。落ち葉
は10年ほど前から撮影の対象としてきましたが、特に真冬のこの時期の落ち葉も個人的には
大好きなのです。故に、秋ヶ瀬公園へ行ったりするわけです。落ち葉撮影時は当然下を向い
て歩きます。そんなとき、ツーピイツーピイツーピイ♪という野鳥の鳴き声がしました。そ
うお馴染みの鳥、シジュウカラです。シジュウカラは鳴き声で会話する鳥と言われています
が、春になると恋の季節で雄が声高らかに囀ります。ツーピイツーピイツーピイ♪がまさに
その囀りです。地泣きの鳴き声からは想像できない美声です。これはシジュウカラの春告げ
と言うこともできますね。
f0224100_08525386.jpg
空気に刺すような冷たさを感じない昼下がり、池でノンビリ狩りをするアオサギも見かけ
ました。先日、氷が張っていた池です。水がぬるんで小魚が活発に動くようになったのでし
ょう。見ている間だけでも結構捕まえていました。そんなアオサギの動きからも。本格的な
春が近づいていることを感じました。

by nama3_kitano | 2018-02-21 08:53 | 自然 | Comments(0)

小さい春を探せ

f0224100_15360054.jpg
f0224100_15361114.jpg
小さい秋見つけた♪というサトウハチロー作詞、中田喜直作曲の名曲がありますが、季節
はその歌とは真逆の冬から春への変わり目の頃です。今日が、2018年の雨水です。雪の季節
から雨の季節に変わるころという訳です。ならば、小さい春がどこかにあるに違いない。そ
ういう訳で、板橋区立赤塚植物園へ行って見ました。この植物園では、早春の花が、早めに
咲き始めます。今頃ならセツブンソウやひょっとしたら雪割草も咲き始めているかもしれない。
f0224100_15364799.jpg
f0224100_15363758.jpg
やはり、セツブンソウが植えられているとことにはしゃがみ込んで撮影している人がいまし
た。tatsukikuさんでした。他にもハナミネさんもいました。タイガーウッドさんも来ている
し、obokazaさんにも会いました。fotopus花コミュは終わってしまったけれど、off会は続い
ているし、恒例の写真展も5月に開催するそうです。なんだかとても嬉しい話をお聞きするこ
とができました。
f0224100_15392021.jpg
f0224100_15372464.jpg
小さい春のほうはご覧の通りです。セツブンソウ、セリバオウレン、フクジュソウ、雪割草
に河津桜も咲き始めています。フキノトウも見つけました。3月に入るとここは一気に花の種
類が増えます。楽しみも比例して増える季節です。

by nama3_kitano | 2018-02-19 15:47 | 散歩 | Comments(2)

メンタルの強さ

f0224100_10391394.jpg
オリンピック中継は見ないと宣言して、その舌の根も乾かないうちに中継を見てしまった。
それも釘付けに近い状態で。フィギアスケート男子の中継です。結果はご存知のとおり、羽
生選手の金メダル、宇野選手の銀メダル、まことにお見事としか言いようがない。中継を見
ていて一番感じたことは、こういうトップレベルの選手のメンタルの強さです。あれだけの
プレッシャーの中で、自分の持てる力を出し切るメンタルの強さって、本当にすごいとしか
言いようがありません。そういう意味で、アメリカのネイサン・チェン選手もすごかった。
前回の浅田真央さんを彷彿させるフリーでの巻き返し、彼は若いので、次のオリンピックで
はとてつもなく凄い選手として登場するような気がします。
f0224100_10392576.jpg
本日の写真は、三十槌の氷柱撮影後に立ち寄った清雲寺の枝垂れ桜です。春になると桜を
撮りに来る場所ですが、今の時期の冬枯れした桜の古木も大好きです。樹齢数百年の樹木の
存在感って、本当にすごいです。冬枯れのその姿にそういう存在感を強く感じます。桜はや
はり、自分にとって、花の時期だけではなく、年間を通じて撮影すべき対象です。改めて、
そう思いました。

by nama3_kitano | 2018-02-18 15:38 | その他 | Comments(2)

春節だ!中華街だ!

f0224100_11364867.jpg
所属しているズイコー倶楽部湘南支部の写真展が、今年9月に新宿のオリンパスギャラリ
ーで開催されます。テーマが「We love 湘南」ということで、神奈川県内で撮った写真を
展示することになりました。自分は、自称「元沼南ボーイ」(誤字ではありません)のエ
セ湘南ボーイです。本音で言えば、別に湘南loveではありません。それで困った困ったの
日々が始まっているのです。細かいテーマがいくつかあるのですが、あえて、「暮らしや
祭り」の写真を撮ることにしました。自分で自分のハードルを上げてどうするの?ますま
す気分を重くしたのでした。でも、動かないわけにはいきません。という訳もあって、中
華街の春節から始めよう。それも元旦の2月16日にスタートしようとなった訳です。俗に
「一年の計は元旦にあり」なんて言いますからね。
f0224100_11371447.jpg
f0224100_11375157.jpg
初めから言い訳ばかりですが、元旦に行われる「採青(ツアイチン)」という行事がど
ういうどういうものなのかがわかりません。NETで調べて、初めてわかりました。要する
に爆竹を鳴らし、獅子舞をしながら、中華街の各店舗を練り歩き、商売繁盛を願う行事の
ようです。公式ホームページに16時からスタートとありましたので、14時ごろに中華街入
りして撮影に良さそうな場所をロケハンしながらぐるっと一周しました。龍の飾り付けあ
るストリートが良いかなとそこで待機しました。そしたら、新聞社やNHKクルーも近くで
待機し始めましたので、場所選びは良かったのかななんて、気分も上がってきました。
f0224100_11380927.jpg
f0224100_11384089.jpg
派手な爆竹音で、始まりましたが、どう撮ればよいのかわかりませんし、人垣をかき分
けるのもなあなどと思いつつ、遠目に観察したところ、最初に爆竹部隊が爆竹を鳴らし
先導していることがわかりました。なので、爆竹部隊のところで待てば、人垣の最前列
や撮影しやすい場所を確保できることがわかってきました。今回は、たぶん人垣でうま
く撮影できないことが予想されましたので、一脚を持ってきました。一脚を伸ばして背
伸びしなくても人垣越しに獅子舞を狙う作戦です。これ、結構うまく行ったと思います。
でも残念なのは、アングルが同じような写真を量産してしまったことです。春節期間中
にもう一度、違う行事で再チャレンジしようかと思います。
f0224100_11390192.jpg

by nama3_kitano | 2018-02-17 15:35 | その他 | Comments(0)

久しぶりのハイレゾショット 三十槌の氷柱

f0224100_10131623.jpg
三十槌の氷柱撮影では、久しぶりにハイレゾでも撮影しました。動きのないこういった被
写体では、より精細に撮った方が立体感が出るのではないかと考えたわけです。当初から、
そのつもりで三脚を持参しました。昼の撮影では、三脚を使う事は殆どありません。でもハ
イレゾショットのような特殊な撮影では、三脚が必要になります。オリンパスのカメラを主
に使っていますが、手振れ補正が搭載されたE-510以降、三脚を使う機会ががくんと減ったの
ですが、E-M1、E-M5Ⅱをメインにするようになって、逆に使う機会が増えてきたように感じ
ます。
f0224100_10133088.jpg
アップした写真は、縮小していますので、ハイレゾで撮ったものと普通に撮ったものの違い
は、たぶんほとんどわからないと思います。違いが一番出るのは、大きく伸ばしてプリントし
た時でしょう。それもA1サイズくらいの大伸ばしです。家でのプリントはA3ノビが最大ですの
で、ハイレゾにする意味はあまりないかもしれません。でも、より高精細に撮れるなら撮って
置きたい被写体はあります。その点で、ハイレゾ機能が搭載されたカメラなら安心です。次に
新しいモデルを導入するなら、自分的にはこの機能が搭載されたカメラが最有力候補になりま
すね。
f0224100_10134807.jpg
三十槌の氷柱、あまり期待はしていなかったのですが、正直ライトアップは興味がないので
午前中の自然光で静かに撮影出来て、とても良かったと思いました。惜しむらくは、もう少し
氷柱に近づきたかった。川を挟んで対岸にある氷柱撮影でしたが、まあ、昨日のように気温が
高い日は、崩落しますのこのくらいの距離が安全なのかもしれません。

by nama3_kitano | 2018-02-16 15:12 | 写真 | Comments(0)

三十槌の氷柱へ

f0224100_21050124.jpg
以前から行ってみたいと思っていた秩父市の三十槌の氷柱を見に行ってきました。天気
予報通り、とても暖かい日でした。ひょっとしたら溶け始めて、このシーズン最後の姿に
なる可能性がある。見に行くなら今年のラストチャンスかもしれない、などど考えながら
です。9時前に到着、駐車場も氷柱に近い場所を確保できました。今度の日曜日=18日ま
でが開場期間ということもあります。ちょっと観光地化しているの可能性が高いので、ど
んな感じなのか心配もありました。
f0224100_21052859.jpg
でも、それはライトアップが行われていた先週までのことのようです。シーズン末期の
ためかとても静かでした。そして、氷柱は、大きく2箇所あって、一箇所は自然に出来た
もの、もう一箇所は、人工的に作られた氷柱です。でも、それはうまく自然の地形に溶け
込むように作られたらしく、とても自然な感じでした。
f0224100_21054938.jpg
巨大に発達した氷柱は、予想以上に見応えがありました。でも撮影中、気温がどんどん
上昇したこともあって、大きな氷柱の崩落も目撃しました。それもまた、迫力があってす
ごかったですけどね。写真は、色々な角度から撮影しましたがとりあえず、本日は、報告
ということで3点ほどアップしました。

by nama3_kitano | 2018-02-15 21:06 | 自然 | Comments(0)

プチ気嵐 渡良瀬遊水地

f0224100_17375503.jpg
最近、渡良瀬遊水地で日の出を迎える場所は、だいたいこの場所です。小さな池の辺りで
す。この日も気温は氷点下4度ほどに下がりました。日の出直前になると、池の水面から、
湯気のような蒸気が登り始めます。気嵐です。ただ、規模は非常に小さい。ゆえにプチ気嵐
と個人的に呼んでいます。水面に日差しが差し込むとその動きが急に早くなり、やがて、消
えてしまいます。動きは朝霧が発生した時の霧と同じような動きです。今回、初めて、池畔
まで降りて、水面とレベルの状態で見ることが出来ました。空気の動きが、気嵐によってよ
く見え、写真を撮るのを忘れるほど面白かった。朝霧がでない日でもなにかある渡良瀬遊水
地の朝です。今度は、野焼きされる前の風が強い日に来たいなあと思っています。
f0224100_17382531.jpg

by nama3_kitano | 2018-02-14 17:41 | 自然 | Comments(0)

オリンピック中継

f0224100_14254431.jpg
本日は、つまらない話です。戯言として読んでください。
オリンピック中継放送を見るのをやめました。出場している選手は応援しています。活躍し
てほしいと思っています。でも、なんだかなあって感じるのです。理由はいくつかあるので
すが、まずは、競技が始まる時間。時差のほとんどないお隣の国で開催されているとは到底
思えない。冬のスポーツは、主に欧米で人気があることから欧米のTVのゴールデンタイムに
合わせているのでしょう。スポンサーなしでは開催できない規模になっていますので、その
筋からの要望は何にもまして重要なのでしょうね。でもプライオリティ的には、まずは選手
でしょう。次に競技会場の観客でしょう。と、思うのですが・・・。それと政治との関係。
オリンピックが政治に利用されていることは自明のことです。それは2020年とて同じことと
思います。でも今回はあまりにも露骨すぎる。一生懸命競技している選手たちそっちのけの
政治ショー、見るに堪えません。かの国の応援団の様子がテレビで流されていますが、自分
的には、30年ほど前、原宿駅前で見た某宗教集団の選挙応援風景と重なって見えます。やは
り何だかなあです。
 ※写真は、渡瀬遊水地で撮影しました。シュールな光景にびっくりしました。

by nama3_kitano | 2018-02-13 14:26 | その他 | Comments(0)

渡良瀬へ、そして

f0224100_20572426.jpg
渡良瀬遊水地へ行ってきました。そして、これがファーストショットです。夜明け前の空
に輝いていました。1月31日に撮った月食の時の赤い月とは全く違った色、形。月の満ち欠
けも面白いが、背景の違いが舞台装置。時間によって色がこんなに違うのかと改めて思いま
した。冷え込むとの予報通り、とても寒い朝でした。日の出間近の一日で最も気温が下がる
時間帯。いろいろな場所で、色々な時間帯で月を追いかけるのも良いかなと思いました。こ
れからの新しいテーマが出来たような気分です。↓は1月31日に撮影した皆既月食の赤い月
です。
f0224100_20581594.jpg

by nama3_kitano | 2018-02-12 21:02 | 自然 | Comments(0)

雑草園に春のさきぶれ

f0224100_14341771.jpg
5日の月曜日から部屋の大掃除にかかりっきりでしたが、先ほどようやく一段落しました。
微調整は残っていますが、これで第一期の模様替えは終了としたいと思います。3月に第2期
(備品の入れ替えなど)工事を行う予定ですが、明日から新生活をスタートさせることが出
来そうです。この一週間は殆ど物を捨てる作業でした。本棚の本も段ボール箱で15箱ほど捨
てたし、使っていないカバン類や衣類なども捨てました。なんだかんだ、不要なモノがあふ
れていたいたことを改めて実感しています。そして、スッキリしました。そして雑草園には
春の先触が来ていました。この花が咲くと徐々に暖かい日が増えてきます。写真欲もうずう
ず、明日は、久しぶりに撮影に出ようかなと考えています。朝、起きられればですねど。

by nama3_kitano | 2018-02-11 14:34 | 自然 | Comments(2)