nama3の気ままに雑記

<   2018年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

生越文明 写真展「7’th Heaven」

f0224100_10043588.jpg
27日の日曜日、横浜市石川町駅近くのGallery fuで開催されている生越文明写真展「7'th
Heaven」にお邪魔してきました。生越さんと知り合ったのは、10年ほど前に参加したオ
リンパスのphotoartist講座でした。そして、その第一回目の撮影実習の集合場所が石川町
駅でした。石川町に来たのは、考えてみるとそのとき以来です。このエリアは、近くに元
町中華街駅が出来て、大きく変貌しつつありますので、以前がどうだったか思い出せませ
ん。でも、その石川町駅近くのギャラリーで個展とは、自分にとっては不思議な縁を感じ
ます。
f0224100_10045170.jpg
f0224100_10050022.jpg
展示作品は、すべてモノクロの作品です。知り合った頃は、写真に関して、お互いずぶの
素人でした。生越さんは、その後、難病にかかられて、残された時間を好きな写真にかけ
る、ということで、会社もおやめになって、プロの写真作家となられました。自分には到
底考えられないような重い決断をにこやかにしかもあっさり(本当は苦労されているかも
しれませんが)やり遂げられる実行力には、まことに敬服します。バックで支えられてい
る奥様も素晴らしいと思います。
f0224100_10052121.jpg
写真は、モノクロの作品ですが、自分が言うのもおこがましいことですが、プリントも含
めてどんどん洗練されてきているように感じました。Galleryも規模は小さいですが、とて
も居心地のいい空間になっていました。写真展は、6月3日までで、作者の生越さんは、透
析治療のとき以外は在廊されているとのことです。生越さんは、写真もすばらしいですが、
それに劣らず人柄が素敵な方です。一人でも多くの方に、時間がありましたら是非、会いに
行って欲しいなあと思っています。

by nama3_kitano | 2018-05-29 00:01 | 写真 | Comments(0)

ASAKUSABASHI写真塾例会日

f0224100_10163151.jpg
26日は、今年から参加している根本先生主宰の写真教室、ASAKUSABASHI写真塾の5月
例会日でした。自分は基本的に月数回設定される例会日の中で月末の例会日(自分の都合
で参加できる例会日を選べる)に参加するようにしています。いろいろな塾生の皆さんの
作品に触れるためには、固定しない方が良いとは思いますが、基本的にその月に撮影した
写真を持って行って、作品として仕上げることを学びたい。そういうサイクルを作った方
が、いいように思えて、今年度は、このスタイル行こうと思っています。今回は、渡良瀬
遊水地で撮影した写真データを持参しました。自分がこの写真で何を表現したいかを先生
とやり取りしながらPSを使って仕上げて、最終的にプリントするわけです。先生とのやり
取り中でPSの使い方は勿論のことですが、様々な話が出て、それが非常に勉強になります
。次の撮影にも大きなヒントや課題が見つかったりします。また他の参加者の皆さんの写
真も同じように撮影者と先生がやり取りしますので、これを見学しているだけでも得るも
のがたくさんあります。ゆっくりじっくり、学んでいきたいと今回改めて思いました。
 ※今日の写真は、1枚目仕上げた写真、2枚目↓元写真
f0224100_10164626.jpg

by nama3_kitano | 2018-05-28 00:01 | 写真 | Comments(0)

桜は今

f0224100_22573091.jpg
せっかく福島県へ行ったので、三春まで足を伸ばして見ました。時間があれば、三春周
辺の桜の木を見て回るのですが、あいにく、時間がありません。故に、一本桜を代表して
滝桜の今をちょっとだけ見てみました。当然ですが、風景が変わってしまって、滝桜への
道、ちょっと迷ってしまいました。たどり着いた滝桜は、非常に静かな農村風景の中にた
たずんでいました。花の時期の華やかさはないけれど、しっかりと茂った葉っぱには、力
強い生命感を感じることが出来ました。
f0224100_22575335.jpg
おまけに撮った桜です。白河の楽翁桜です。南湖公園内にある南湖神社の境内に植えら
れた桜で、種類は紅枝垂れです。5年ほど前に一度だけ花の時期に撮影しています。今の時
期の桜は命の躍動感を強く感じます。桜のことをもっと理解するためにもいろいろな時期の
桜をもっとたくさん撮影したい。

by nama3_kitano | 2018-05-27 00:01 | その他 | Comments(3)

「英国」へ行ってきました

f0224100_21592400.jpg
「英国」へ行ってきました。と言っても福島県の英国です。考えてみれば福島にはハワ
イもあるし、英国もあったのです。英国であって英国でない、日本にあって、日本でない
。ディズニーランドもそうですが、そんな不思議な空間でした。ディナーのレストランに
はドレスコードがあったりして、ちょっと窮屈な感じもしますが、本来の目的は語学教育
のために作られた空間でした。今回、上の娘に招待されて行きました。もうなんだかグラ
スワインだけで酔ってしまいました。
f0224100_21594594.jpg
f0224100_21595539.jpg
この日も大阪方面の中学校が英語キャンプで訪れていましたが、わいわいキャッキャと
とても楽しそうでした。標高1000メートルくらいの場所にありますので、周りの景色はと
ても美しい。冬は雪が2、3メートル積もるそうですが、雪景色は、とても美しいとのこ
とでした。もし、また来るようなことがあるなら、秋の紅葉も良いけど、個人的には雪の
シーズンに来てみたいと感じました。
f0224100_22011518.jpg
 ※福島県の羽鳥湖の近くにあるブリティッシュヒルズという施設です。


by nama3_kitano | 2018-05-26 00:01 | その他 | Comments(0)

「大丈夫ですか?」

f0224100_07382090.jpg
まだ梅雨にも入っていないのに、晴天になると暑くなります。1日1万歩歩くことが目標
なので、炎天下でも散歩に出るようにしています。そして散歩のお供はカメラです。今の
時期、いろいろ咲いていますのでどうしても道端の花を撮ることが多くなります。自分は
極小の雑草花も好きですから、小さくてもきれいだなと感じるとしゃがみ込んで撮影する
ことになります。
f0224100_07383333.jpg
よく見かける花ですが、カタバミの花が目にとまりました。グミの木の近くの地面です。
背景がコンクリートの塀でなかなか良い。早速しゃがみ込みました。カメラについていた
レンズは広角ですが絞りを開けて花に近づけば背景もボケてくれます。コンクリートの塀
がわかる程度ちょうどいいボケです。光の方向は出せるかなとか、ピントはどの花にする
かなとか、撮影に集中。突然後ろから声を掛けられてビクッ!
f0224100_07384524.jpg
「大丈夫ですか?」と。びっくり眼で振り返るとご高齢の御婦人でした。「あっ、写真
ですか」「はい」「気分でも悪くなってしゃがみ込んでいるのかと思ったのです。ごめん
なさいね」「いえいえ、驚かせて、こちらこそすみません」
どんな格好で撮影していたのだろう。自分の姿は客観的に見ることはできません。カメ
ラを持って、路上で撮影するときは、できるだけ目立つようにしなけらばならないと思っ
ていますが・・・それにしても、心配してお声を掛けてくださったご婦人に感謝です。

by nama3_kitano | 2018-05-25 00:01 | その他 | Comments(0)

レンズ棚卸

f0224100_11435150.jpg

自分がマイクロフォーサーズ機(E-M1 E-M1MK2 E-M5MK2 E-PM2 GM-5 GX-8)で使っているレンズを
並べてみました。いつの間にかこんなに増殖してしまった。オリンパスのズーム(9-18 12-40 40-150
7-14 14-35 50-200)6本、パナソニックのズーム(12-32 45-175)2本、オリンパスの単焦点(8 12
17 35 45 50マクロ 60マクロ 75 150)9本、パナソニックの単焦点(12 14 25)3本、シグマの単焦点
(19 30)2本、フォクトレンダーの単焦点(10.5 42.5)2本、トキナーの単焦点(300レフレックス)1
本。他ニコンの引き伸ばしレンズ50㎜を指風琴に改造1本、OM用90マクロ1本。他にレンズ扱いではあ
りませんがボディキャップレンズ2個があります。オリンパスのレンズの中には、FT用のレンズも含まれ
ます。こんなに持っていてもまだ欲しい?物欲とは恐ろしい。特にレンズは、沼という言葉が良く使われ
ますが、マイクロフォーサーズは沼が深いです。いったい何撮るの?レンズの味なんてわからないのに。
困ったものだ!

by nama3_kitano | 2018-05-24 00:01 | Comments(0)

撮影機材考

f0224100_10022861.jpg
(OLYMPUS OM-D E-M1 ZUIKO DIGITAL ED 14-35㎜F2.0)
デジタルカメラの性能は、もう個人的には申し分のない性能になっていると感じていま
す。勿論新型で、更に画質の改善など、進化は続いています。経済的に許されるなら、新
型が出るたびに更新していくというのは、カメラ好き、写真好きにとっては理想です。そ
れも、興味のメーカー全部使ってみたい。でも実際は、そういう訳には行きません。特定
の好みのメーカー、好みのフォーマットを選んで使い込んでいくのが現実です。自分の場
合は、デジタル一眼レフは、オリンパスから始めました。40数年前、最初に買った一眼レ
フもOM-1でしたので、このメーカーとは縁があるのかもしれません。そして、システムと
して交換レンズを増やし、フォーマットの移行(フォーサーズからマイクロフォーサーズ
へ)もなるべく遅れないようについてきました。これからも、メーカーが生産をやめない
限り、このフォーマット(マクロフォーサーズ)メインで写真を楽しんでいきたいと考え
ています。ただ、カメラの更新については、「慌てない」ことにしています。
f0224100_10030283.jpg
(Panasonic DMC-GM5 LUMIX G VARIO 12-32㎜F3.5-5.6 ASPH.MEGA O.I.S)
それはたぶん、自分の意識の中心が、カメラから写真へ移っているからだと思います。
新型にカメラを変えても自分の写真は進化しない。この当たり前のことにようやく気付い
たということです。この5年ほど、フォーマットについてもちょっとした試行錯誤があって
35㎜サイズやAPS-Cサイズも使ってみました。でも、自分のレベルでは、それによって写真
が進化した、あるいは変わったとは思えませんでした。写真を進化させるのはカメラでは
ない。自分自身のものの見方、考え方を深めなければならないと感じるようになりました。
という訳で機材については、今のままの方向で、今後も突き進むことになると思います。
それじゃ、物欲がなくなったのか言うとそんなことはありません。カメラ本体については
、以前のように新型が出ればすぐ欲しくなる、無理をしてでも買ってしまうということは
なくなりました。レンズはというとますます物欲が高くなっているというのが現状です。
そんな訳で、今、自分の所有している機材を一度しっかりと棚卸をしようかなと考えてい
ます。特にレンズについて。今日の写真は、先日、奥日光で撮った写真で、レンズの写り
の違いをちょっと試したものです。

by nama3_kitano | 2018-05-23 00:01 | カメラ | Comments(7)

今日の八重さん

f0224100_16273038.jpg
毎日チェックはしていますが、写真には記録していません。久しぶり(3日ぶり)に撮影しました。
開花がどんどん進んで、最初に開いた個体は、痛み始めてきました。今年は、どんな花でも咲き始め
ると進行も早いように感じます。今回は深度合成を使ってみました。久しぶりに使ったように思いま
す。
f0224100_16275536.jpg
50マクロf2.0 絞りF2.5
f0224100_16283419.jpg
 60マクロf2.8 手持ち深度合成 絞り開放

八重さんは、その花の時期が5月下旬から6月にかけなので、じっくり見るとどうしてもジューンブ
ライドという言葉浮かんできます。真っ白なウェディングドレスを纏った花嫁のように見えてしまう
のです。
f0224100_16292443.jpg
60マクロ 絞り開放 手持ち深度合成
わが雑草園のヤエさん達、この後の更なるドラマ展開、期待しています。

by nama3_kitano | 2018-05-22 00:01 | | Comments(0)

やはりフライング レンゲツツジ

f0224100_08214596.jpg
浅間隠山に登ったのは5月17日です。登山道に沿って、ツツジの木は結構たくさんありま
した。この山を選んだことはそんなに間違いではなかったのかなと思います。でも、花に
は、やはりちょっと早かったようです。個人的に花は咲き始めから満開の手前までが好き
です。それに近い状態の木も少しだけありましたが、本当に少しだけでした。一週間ほど
来るのが早かった。フライングですね(笑)
f0224100_08220147.jpg
f0224100_08221770.jpg
フライングはリスタートですね。レンゲツツジについては出直します。長野県にはこの
花の名所がたくさんあります。何処へ出直すか、ちょっと調べてみようと思います。いず
れにしても今年は花が早めなので6月中旬ごろまでには行かなければならないと思います。
こういうふうに、いろいろ計画するときが一番楽しい。自然が相手の場合は、思い通りに
いかないことが多いですから。

by nama3_kitano | 2018-05-21 00:01 | | Comments(0)

ヤマフジとの遭遇

f0224100_09321206.jpg
16日、17日の2日間、群馬長野県境の浅間隠山へ行ってきました。目的は、レンゲツツジ
です。時期的に早すぎかなとも思ったのですが、今年はいろいろな花が早く咲くし、先週
登った奥日光も1200メートル付近までレンゲツツジの花を見かけました。レンゲツツジで
有名な場所と言えば湯ノ丸ですが、湯ノ丸は2000メートルほどの高さがあって、例年、6月
が見ごろになります。それより標高が低くて湯ノ丸の近くで、アプローチが短い山をいろ
いろ検討した結果、ここへ行って見ようとなったのです。レンゲツツジが有名だからとい
う訳でもなく、たぶん咲いているかもしれない。まあとにかく行って見よう。いつものテ
キトーが行かせたのかもしれません。その結果は後日報告します。本日は、その前にヤマ
フジです。
f0224100_09322401.jpg
ヤマフジは、いつか本格的に撮影したいと考えている花です。でも正直、何時頃、どこ
へ行けばよいのか、自分の中では完全に絵空事に近い構想です。今回、浅間隠山の登山口
に向かって車を走らせてたところ、植林された樹林の中にヤマフジが絡まっている姿が目
に飛び込んできました。駐車できる場所を探して車を止めて、このフジが見えた橋上へ、
徒歩で戻りました。凄い!たくさんある。でも残念ながら近づくことはできません。
f0224100_09323802.jpg
今回撮った写真は、遠目から望遠で撮った俯瞰写真ばかりなってしまいました。でも、
絵空事だったヤマフジの追っかけ、急に現実味を帯びてきました。今年は当然無理ですが
これは大きなヒントになるような気がします。もっといろいろな角度から撮りたい。ます
ますヤマフジが心の中で大きくなったのでした。

by nama3_kitano | 2018-05-20 00:01 | | Comments(0)