nama3の気ままに雑記

<   2018年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

久しぶりの月山

f0224100_16000291.jpg
出羽三山の最高峰が月山です。夏スキーでも有名な場所ですが、三山修験のハイライト
です。ここを登るのは12年ぶりになります。体力的に自信がないので、最も初心者向けと
言われているルートで登ることにしました。まずは、リフトに乗って高度を稼ぎ・・・な
どと考えてやってきたのですが、いきなり、リサーチ不足を露呈してしまった。リフトの
乗り場に着くと動いていない。「始発は8時です。お客さん、健脚そうだから、このまま登
ってしまえば。」って係りの人がおっしゃいます。「リフトの鉄塔の沿ってのぼれば良い
のですか」「そう、距離は約1キロだから30分もあれば頂上駅だよ」「そうですか。それで
はそうさせていただきます」「気を付けて」。という訳で、楽できず。
f0224100_16001971.jpg
 そんなちょっとした躓きもありましたが、リフトに沿って登ること30分で、終点に着き
ました。当然のことながらひとっ子一人いません。休まずそのまま上ることにしました。
順調に高度を稼ぎ、最初のピーク=姥ヶ岳山頂に付くと同時に、下の方からリフト運航開
始の放送が聞こえてきました。天気は、快晴に近い晴れ、周りはたくさんの高山植物。吹
く風は爽やかで、申し分のない登山日和です。ザックに入れていたもう一台のカメラも出
して、2台ぶら下げて歩くことにしました。
f0224100_16003330.jpg
なだらかな稜線がみどり覆われ、雪田があちこちに見えるまことに雄大で優しい雰囲気で
す。修験道というとゴツゴツした岩稜のイメージが強いですが、それとは全く対照的な風
景です。ニッコウキスゲやコバイケイソウ、ヒナウスヨキソウ、チングルマ、ハクサン
イチゲ、ヒナザクラ、イワカガミ、ハクサンフウロ、ミヤマリンドウ、ヨツバシオガマ等
々、見かけるたびにしゃがみ込んでなかなか前へ進めない。でも時間は気にしない。後ろ
から来る人がいれば、「先にどうぞ」と道を譲って、ゆっくりゆっくり登りました。
f0224100_16005462.jpg
頂上神社では、500円の祈祷料を払って、おはらいしていただきました。前回ここへ来た
ときは、7月初旬で、気温が低く、ご祈祷の神主さんの手元が寒さで震えていたのを急に思
い出しました。今回は、まことに爽やかな天候で、神主さんも気持ちよさげでした。鳥海山
では、視界10メートルに強風という天候に見舞われましたが、月山は、優しく向かい入れて
くれました。  
※撮影機材 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2018-07-31 00:01 | | Comments(0)

霧の羽黒山

f0224100_15400800.jpg
早朝5時半ごろから登り始めました。まだ一般の参拝客は登ってくる時間ではありません。
山門から本堂までは約1時間の登りです。この日、朝、小雨が降ったこともあって参道の石
畳は濡れていました。そんな石段を登っていくと霧です。霧は登るにしたがって深くなり、
あたり一帯、幻想的な雰囲気に包まれていました。見上げる杉の木も、霧にの演出によって
ドラマチックになっていました。すれ違う人もなく、全くの静寂です。この石段の参道は、
産道ともいわれ、ここを登る野伏にとっては、生まれ変わりの道ともいわれているようです
。参道は杉並木になっていて、杉の木は、樹齢が300年以上あります。日光の杉並木の杉に
匹敵するような大木に覆われているいます。
f0224100_15403962.jpg
f0224100_15402988.jpg
f0224100_15412624.jpg
f0224100_15422604.jpg
やや悪天候が、霧を生み、自分にとっては幸いしました。

by nama3_kitano | 2018-07-30 00:01 | | Comments(0)

羽黒山 修験道の道

f0224100_06495934.jpg
羽黒山へ行ってきました。修験道の山として、羽黒山、月山、湯殿山を巡る道がありま
す。その起点が羽黒山なのかどうか、詳しいことはあわかりませんが、即身仏がいること
で有名です。山門に立つと神社のようであり、山門をくぐってしばらく行くと五重塔があ
って寺院のようでもある不思議な空間になっている。修験道自体が、色々な宗教を習合し
たようなものなのかもしれない。個人的には、どの宗教にも帰依していないが、神社仏閣
は大好きで、自然に手を合わせてしまいます。山登りを40年以上やって来ていることから
山岳信仰には興味もあります。学問的には民俗学の部類にないるのかもしれませんが、ち
ょっと勉強してみようかなと思ってもいます。
f0224100_06501482.jpg
修験道の山は、全国にたくさんあります。自分が登った山で考えても、富士山、木曽の
御岳山,日光男体山、ほかにも身近な奥多摩の御岳や高尾山もそうです。考えてみれば、
自分が山登りを始める切っ掛けになった山、甲斐駒ヶ岳も頂上付近には修験道で登られた
であろう剣が立てられていた。興味深いことでありますね。
f0224100_06502944.jpg
さて、今回の羽黒山ですが、天候があまり芳しくないことが幸いしました。山門付近で
は、あまり感じなかった幻想的な雰囲気を、この後たっぷりと味合うことが出来ました。
早朝5時過ぎに行ったことも良かったのかもしれない。ひと気のない杉の大木に囲まれた
石段の道は、本当に素晴らしかった。それは明日。
f0224100_06504568.jpg
撮影機材 GX-8 E-M1MK2 DG SUMMILUX12㎜F1.4 ZUIKO DIGITAL7-14㎜F4.0 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0 

by nama3_kitano | 2018-07-29 06:49 | | Comments(0)

花の百名山鳥海山ですが・・・

f0224100_16075064.jpg
百名山というと深田久弥先生が選定された百名山が定番となっています。でも他にも「
花の百名山」というのがあって、こちらは作家の田中澄江さんが書かれています。鳥海
山は、その両方に選定されていますが、花の方では、チョウカイフスマが紹介されてい
ます。チョウカイフスマ、前回登った時に撮った写真を振り返ってみても出てきません。
故に今回は是非とも見つけて写真を撮ろうと意気込んでいたのでした。今まさに鳥海山
は花の最盛期を迎えています。でもなんというか好事魔多しで、天候が味方してくれま
せんでした。霧で視界が10メートルくらいしかありませんでした。濃い霧のため、レン
ズ先端が曇ってしまって、なんだか「白内障」に罹ってしまったような写真ばかりなっ
てしまいました。
f0224100_16080689.jpg
こういう日にはこういう日にしか撮れない写真を撮ればいいのだよと自らを鼓舞して、撮
影しました。霧の風景は好きですが、ここまで深い霧の中では・・・しかも花の色もきれい
にでない。今年は、コバイケイソウが当たり年とかで、たくさん咲いていましたし、ほかに
もチョウカイアザミ、ニッコウキスゲ、クルマユリ、ハクサンイチゲ、チングルマに至って
は花もたくさん見かけたし、モジャモジャ状態もたくさん見かけました。いろいろ撮りまし
たが、以下数枚で申し訳ありませんが貼っておきたいと思います。
f0224100_16083359.jpg
f0224100_16084308.jpg
f0224100_16085529.jpg
f0224100_16090722.jpg
花の名前 2枚目チョウカイフスマ、3枚目ハクサンジャシン、4枚目コバイケイソウ、5枚目
トウゲフキ、6枚目ニッコウキスゲ。


by nama3_kitano | 2018-07-28 00:01 | | Comments(0)

霧と風の鳥海山

f0224100_09365461.jpg
夏山登山から戻って来ました。最初に登った鳥海山は、2日間とも強い風と深い霧に覆わ
れて展望は全く見ることが出来ませんでした。持って行った三脚やカメラ機材もほとんど
筋トレのための機材とかしてしまいました。7年ほど前に登った前回も雨と霧で展望を得ら
れなかったので、この山とは本当に相性が悪いのかもしれません。高山植物が咲き乱れて
いることははっきりわかりましたが、視界が10メートルほどでしたので、群落を撮ること
は出来ませんでした。それにレンズが霧で曇ってしまい、なんだかソフトフィルターを掛
けたような写真ばかりなってしまいました。「リベンジしろ」というお告げかな。もし、
リベンジするとしたら、荷物を軽くして速攻が良いかもしれません。
f0224100_09370992.jpg
1枚目の写真は、数秒だけ見えた青空です。頂上へ登って御室へ下る途中撮影しました。2枚
目は、千蛇谷雪渓ですれ違ったパーティです。↓は、御田ヶ原付近の霧と風の動画です。こ
んな感じ天候の2日間でした。


by nama3_kitano | 2018-07-27 09:50 | | Comments(0)

ブログ更新、滞ります

f0224100_21533447.jpg
夏バテしたわけではありません。21日より一週間ほど東北へ出かけます。先日書いた通り
鳥海山と出羽三山へ遠征です。5泊する予定です。内訳は車中泊1山小屋泊1テント泊3です
。行程は、1日目が自宅から山形県酒田市へ入り、土門拳記念館を訪問、そのあと鳥海山象
潟口の駐車場で1泊、2日目は、鳥海山頂上近くの御室小屋泊まり。日帰りも可能ですが、写
真を撮りながらゆったり歩きます。3日目は御室小屋から下山して、羽黒山キャンプ場へ移
動、キャンプ場泊となります。4日目は早朝、羽黒山に登り、そのあと湯殿山へ移動、神社に
参拝して、月山の麓志津キャンプ場へ。5日目は、キャンプ場から月山頂上をピストンして
キャンプ場泊。6日目がキャンプ場より帰宅しますので、予定通りなら26日に帰って来ます。
f0224100_21540210.jpg
f0224100_21541502.jpg
まあ、無理をせず、体調や天候によっては大幅に計画を変更する可能性もありますが、ど
うなることやらです。ブログは28日ごろから再開予定です。よろしくお願いします。
f0224100_21543471.jpg
写真は、奥日光にて。撮影機材は、E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2018-07-20 00:01 | その他 | Comments(0)

いきなり夏本番 奥日光

f0224100_23245597.jpg
今、奥日光は花の季節でした。特に目についたのがシモツケソウ、これはもうちょっと
ピークを過ぎた感じでしたが、遠目で見ると原っぱがピンクに見える場所があちこちで見
られました。他にも小田代ヶ原では、アザミがたくさん。こちらはこれからピークを迎え
るのでしょう。これもあちこちで群落を作っていました。すっくと伸びた茎の集まり、と
ても美しいと感じました。見頃は、10日後くらいかな。他にもハクサンフウロも大群落
をつくっていました。
f0224100_23251691.jpg
f0224100_23253876.jpg
昆虫もすごかった。特にトンボが元気に飛び回っていて、望遠レンズで、とおkの山を
撮るとセンサーゴミのようにたくさん写り込んでしまうほどでした。平地がいきなり猛暑
になってしまったように、山も夏本番に突入した感じです。
f0224100_23261842.jpg
撮影機材 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150mmF2.0 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0

by nama3_kitano | 2018-07-19 00:01 | 自然 | Comments(0)

神風避暑で奥日光

f0224100_08445001.jpg
あまりにも寝苦しい日が続くので、思い切って奥日光で夜を明かすことにしました。連
休最終日ということもあって高速道路の下りはスイスイ、22時に出発して、24時30分には
赤沼駐車場に到着しました。雲が多めで割れ目から星が見えるような天気、気温は超涼し
いくらい、2時間ほど仮眠をすることにしました。3時に歩き始めて4時ちょっと前に小田
代ヶ原に到着しました。いつものようにカメラをセットしていつものように撮影開始。気
温は15℃くらい。灼熱地獄から脱出した感じです。でも小田代ヶ原の朝にしては、気温が
高い。この日は、霧は出ましたが朝焼けはなしでした。でも、シモツケ草に覆われた小田
代ヶ原、年間でもっとも緑あふれる生気に満ちた世界になっていました。
f0224100_08452192.jpg
ここではドラマのない日はない。この日は、たくさんの高山植物、昆虫と雲がドラマを
演出してくれました。小田代ヶ原から戦場ヶ原を通って、赤沼駐車場まで歩く、いつもの
ルートを歩いて10時過ぎまで、約7時間を過ごしましたが、終日、雲がとても特徴的な姿
で、ついて来てくれました。1枚目が、ファーストショット、3枚目が戦場ヶ原で9時過ぎ
に撮影した空です。ほぼ徹夜でしたので、17日の夜は熱帯夜も何のその爆睡しました。
f0224100_08454390.jpg
※撮影機材 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0(1,2枚目)E-M1 DG SUMMILUX12㎜F1.4

by nama3_kitano | 2018-07-18 08:55 | その他 | Comments(0)

真夏はアクティブに

f0224100_23214849.jpg
7月8日の週は、全く撮影に出られなかった。ほとんど引きこもりに近い状態でした。
そんな訳だからでないですが、撮影対象がほんとに身近なところにいろいろ転がってい
ることに気づきました。光があれば写真は撮れる。新たなテーマがひとつ見つかった。そ
れはモノクロで表現したほうが良い。粛々と撮影していこう。読書三昧の一週間でしたが
その引きこもりが気づかせてくれたことがある。でも・・よしっ!
f0224100_23221561.jpg
今年の真夏は、猛暑に負けず、可能な限りアクティブに動こうと思っています。じっと
していても、どうせ暑いです。同じ暑いなら動かなソンソン。

by nama3_kitano | 2018-07-17 00:01 | その他 | Comments(0)

暑さに負けるな

f0224100_11355501.jpg
参加している生越文明先生の背景力アップモノクロワークショップ、第1回目の撮影実習
が、猛暑の中行われました。14日は朝から温度計がうなぎのぼり、そんな中、参加者5名に
生越先生の6名で、横浜山手地区の洋館を中心に撮影しました。ただ、お決まりのルートを
歩くというだけでなく、生越先生お勧めの寄り道もあったりして、とても面白かった。作品
ステートメントにつながる短い単語をいくつか準備して参加するというのも、普段はそうい
うことをまったくと言って良いほどしてきませんでしたので、とても新鮮な気持ちで回れま
した。
f0224100_11361685.jpg
自分の場合は、これまで、被写体やジャンル優先の撮影が中心でした。ですから、どんな
言葉を考えればよいのか、発想はもともと貧困なので、あまり深く考えず、とにかく思い浮
かぶ言葉を書き出して準備しました。こういう作業も背景力アップにつながるのかなと思い
つつ。
f0224100_11362634.jpg
実際の撮影では、ほかの参加者皆さんの動きを見ていても感じましが、光を意識して撮影さ
れていました。光の性質、強弱、流れ、リズムといったことです。色情報を意識しないでモ
ノを見ることもとても面白いものだと感じたり、今後の撮影でも参考になることがたくさん
ありました。
f0224100_11365177.jpg
全体を通してとても充実した内容になっていました。辛いのは暑さかな。これはちょっと難
行苦行に近かった。建物内部での撮影が多かったので、何とか顎を出さずに済みました。参
加者の中で最高齢の爺なので、次回以降も足を引っ張らないよう体と頭を鍛えようと思いま
す。今度は逆ルートで自主的に回ってみるつもりです。
f0224100_11371253.jpg
背景力はアップしているか?ムムム。
※撮影機材 OM-D E-M5MK2 SPEEDMASTER25㎜F0.95

by nama3_kitano | 2018-07-16 00:01 | 写真 | Comments(0)