nama3の気ままに雑記

<   2018年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

花托(果托)

f0224100_20172547.jpg
主役の花の時期が終わると今度は花托が主役です。まだ、茎がしっかり残っているので咲
き終わったそのままの状態で立っているものが多い。。今の時期、よく見ると色が面白い。
若い花托は緑いろ、徐々に茶色がかって実もしっかりしてきます。果托と呼ぶ人もいます
がたぶんそれが正解も知れない。紛れもなく実を包んでいますから、花ではなく、果です
ね。
f0224100_20175972.jpg
f0224100_20180910.jpg

池に落ちた花托も面白い。今の時期は、茎や葉っぱに隠れて、全貌を見ることが出来ま
せん。でも、ちょっとした隙間や茎の密度が薄い場所ではちょっとだけ見ることができま
す。そんな水面すれすれにしゃがみ込んで撮影していると、遊びに来た人達からは「何か
いるんですか」と声を掛けられます。また、園内で作業している人からは、「この時期で
も絵になるものがありますか」と声を掛けられます。
f0224100_20190147.jpg
f0224100_20192057.jpg
「花托が面白いのです」と答えると、どちらかというと「へえー」という反応が多い。
写真を撮っている人は、この時期は本当に少ない。やはり花托は絵にならない?自分は、
絵になるものを撮っている訳ではないので、花托が面白い。これから朽ち果てるまでの
課程が面白い。いろいろな意味で面白い。そして、モノとしてではなくその朽ち果てる
課程が「こと」として美しいと感じるのです。それを写真で感じてもらえるかどうか、
自分の写真にはそんな力はないかもしれません。でも、ちょっと頑張ってみたいと思っ
ています。
f0224100_20203489.jpg
※撮影機材 E-M1MK2 E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2018-08-31 00:01 | 写真 | Comments(0)

十分楽しめました

f0224100_20370650.jpg
何が楽しめたかというと蓮の花です。時期が時期ですから花については、殆ど期待して
いませんでした。毎年、遅くまで咲いている水鳥の池は、予想通りでしたが、古代蓮池
の方にまだ花が残っているのには、本当にビックリしました。花の時期が長引くような、
そんな奥の手があるかどうか知りませんが、とにかく予想外のことで、嬉しかった。
f0224100_20372705.jpg
f0224100_20374602.jpg
f0224100_20373787.jpg
今日の写真は、E-M1MKⅡで撮影した写真です。MKⅡには、ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0を付け
っぱなしにしていました。このレンズ、ガラスの塊です。フォーサーズにしては、大きく重
いですが、一番使用頻度の高いレンズになっています。ちょっとほかのレンズでは味わえな
いオンリーワンのレンズです。このレンズがある限り、フォーサーズからは離れられないと
まで思っています。
f0224100_20380382.jpg
これからも、古代蓮の里、月一くらいでは訪問しようと考えています。9月、10月、11月と
どんなふうに変化していくのか、とても楽しみです。

by nama3_kitano | 2018-08-30 06:06 | Comments(0)

古代蓮の里へ

f0224100_16100435.jpg
約1か月振りに古代蓮の里へ行ってきました。カメラマンにとっての蓮の花のシーズンは
終わってしまったようです。7月ごろなら、早朝4時に行っても三脚を立てている人がいま
すが8月末ともなるとさすがに誰もいません。物好きカメラマンの貸し切りです。花が全然
咲いていないかというとそんなことはありません。世界の蓮コーナーには、まだ葉をつけ
ている品種があります。あと、水鳥の池は、この時期でも咲いています。数は少ないです
ねどね。そればかりではなく今年は、古代蓮池でも花を見ることが出来ました。ちょっと
びっくりでした。
f0224100_16111558.jpg
f0224100_16135955.jpg
f0224100_16145368.jpg

自分は、花を狙って行ったわけではありません。期待したのは花托です。この時期になる
と青々としたものから実って変色したもの、実が落ちて枯れてしまったもの、水面に落ち
てしまったもの等々、色々表情を見ることが出来ます。今回、まさしく期待通りで、花の
時期に負けず劣らずのモチベーションで撮影に臨むことが出来ました。
f0224100_16102578.jpg
今日、アップしている写真は、E-M5MKⅡで撮影した分からピックアップしています。どう
でしょう、なかなかだと思いませんか。花は、6月中旬から8月中旬でほぼ終わってしまいま
すが、花托は、これから冬まで撮影時期が続くのですが、古代蓮の里の残念なところは、管
理が行き届きすぎて、水面に落ちた花托もきれいに回収されてしまうところです。できれば
1月いっぱいくらいはそのままにしておいてほしいのですが・・・
f0224100_16151938.jpg
 撮影機材 E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0 
      ELECTRONIC FLASH FL-600R

by nama3_kitano | 2018-08-29 16:19 | 自然 | Comments(0)

写真塾 集中的に

f0224100_09011736.jpg
写真塾の二つの講座と例会と3回の講座をほぼ連続で受講しました。講座の方は、まず、
22日に「デジタルフォトの基本<撮影からデータ保存迄>+<画像処理入門>」そして、
昨日(26日)は、「作品創りの基本的考え方と実際 自分で<基本的構想を創り>、必要
であれば<デジタル処理をし><A3伸びの作品を創り>」。この二つの間の日(25日)は、
通常の例会に参加と非常に充実した3日間でした。例会は、ほかの参加者の作品作りもしっ
かり拝見できて、とても勉強になりますが、二つの講座は違った意味でとても充実してい
ました。毎日使っているPhotoshop,どんな解説書にも書いていない基本的にたぶん一番重
要と思われる使い方を教えていただきました。「念仏」を唱えないように反復したいと思い
ますが、相当使い込まないと身に付かないことを痛感しました。10教えていただいても、
帰ってやって見ると1くらいしかできません。蝸牛の歩みで行くことにします。
f0224100_09030503.jpg
 特に昨日は、最少催行人員3名のところをマンツーマンで実施していただけました。感謝
感激でした。2枚目の写真が、仕上げてプリントした写真のデータです。

by nama3_kitano | 2018-08-27 09:04 | 写真 | Comments(0)

淡路町から秋葉原

f0224100_05374543.jpg
浅草橋写真塾の例会日。天気が良い日は、丸ノ内線の淡路町から秋葉原を経由して浅草
橋まで歩いて行くことにしています。このルートで往復すると万歩計が10,000歩を超える
のです。そして大抵は、30~40分早めに家を出て、途中、カシャッ カシャッってやるので
す。カメラを持っての街歩きも大好きなのですが、最近なかなかできません。なのでこう
いう時間にちょっとだけやるようにしています。
f0224100_05380829.jpg
特にテーマがあるわけでもないのです。ちょっと気になった建物やストリート、デザイン
など、なんでも撮ってしまいます。こうして撮りためたものからテーマを抽出して、新たに
テーマに沿って取り直す。そんなことがあるかもしれない。実は、卵はたくさんできつつあ
ります。その卵からステートメントを書いて、テーマを決めて本格的に撮影する。そんなこ
ともやって見ようかななんて考えている今日この頃です。
f0224100_05382433.jpg
どんどん消える昭和の建物。裏通りにはまだ残っていたりしますが、どんどんスクラップ&
ビルドが進んでいます。前の東京オリンピックでもたくさんのものが消えて行ってしまった
ようですが、今回もですね。

by nama3_kitano | 2018-08-26 05:41 | 写真 | Comments(2)

ニコンの新型

f0224100_13492158.jpg
ニコンから35㎜フォーマットのミラーレスが発表になりました。触った訳でもスペック
を詳しく見たわけでもないですが、「不変のFマウント」からようやく卒業したことが、個
人的には一番エポックを感じます。フィルムカメラでは、1970年代から2000年代の初めまで
、約30年間、Fマウントのカメラのお世話になっていました。デジタル時代になってもたぶん
1950年代に設計されたと思われるFマウントを改良して使ってきた。それはそれですごいこと
で、それを売りにすることはもちろん大ありだと思っていました。でもいつかはおさらば
しなけらばならないだろうなあとも思っていました。タイミング的には良いと思います。今
回発売される機種については、ネット上で話されているスペックを見る限り、フラッグシッ
プではないように感じます。それにしては価格が高すぎるような印象を持ちました。この製
品のターゲットは、ニコンユーザーが対象ではないかと思います。想像ですが、発売キャン
ペーン等でFマウントのレンズアダプターはプレゼントされるのではないかと思います。そう
すれば、Fマウントのレンズ資産をたくさんお持ちのユーザーさんなら食指が動くような気も
します。それとネーミングがZ6とZ7で、数字の使い方が、6からって何で?Z1は?などなどい
ろいろ邪推してしまいます。いずれにしても新型が出るのは、楽しみですね。

by nama3_kitano | 2018-08-25 00:01 | カメラ | Comments(0)

ギロッ!!

f0224100_09112501.jpg
ギロッなんて日本語はないかもしれないが、そんな感じで睨まれてしまった。もうそろ
そろ花のシーズンが終わりそうな雑草園のサルスベリ、「一応撮っておこうかな」とカメ
ラを持って近づきました。一番大きな花にレンズを向けようとしたら、ギロ!!あっ、ご
めんなさい、ここは君の縄張りなのか。気が弱いのですぐに引き下がりました。この瞬間
にサルスベリを撮ろうとしたことも、明後日の方へ飛んでしまいました。
f0224100_09114086.jpg
カマキリは肉食昆虫、それも生きているものしか食べないらしい。雑草園は、除草剤や
消毒液は一切使っていませんので、意外と昆虫が多い。カマキリ君にとっては、縄張りに
するには、良い場所なのかもしれません。いつもは隠れていることが多くて頻繁に目撃す
るわけではありませんが、花を撮ろうとする突然現れたりするのです。このギロッ、嫌い
ではありません。

by nama3_kitano | 2018-08-24 09:11 | 昆虫 | Comments(0)

レンゲショウマ

f0224100_09163470.jpg
 レンゲショウマは、日本の固有種です。花の形が蓮に似ていて、葉っぱが升麻に似てい
ることからレンゲショウマと命名されたようです。レンゲショウマの存在を知ったのは、
40年ほど前、職場のハイキングで御岳山へ行った時のことです。当時は、休日は殆ど山へ
行くという生活をしていて、「山男」として有名な存在でした。そんなことから職場の皆
さんに「ハイキングへ連れて行って」という要望を受けたのでした。谷川岳や北アルプス
などで岩登りばかりしていましたので、どこへ行ったらいいか皆目見当もつかずこまって
しまったことを覚えています。最後は、山の先輩にいろいろ相談して、御岳山の滝で遊ぶ
計画を作ったのでした。実はその時が初めての御岳山で、この花の存在も初めて知りまし
た。
 
f0224100_09163807.jpg
初めて見たレンゲショウマ、花の先端の部分の薄紫にとても惹かれました。花の写真を
趣味として撮り始めた10年ほど前からは、毎年、御岳山へ来ています。最初は、望遠やマ
クロで花の部分だけを熱心に撮りました。4年ほど前から、そういうレンゲショウマの写真
に飽きてきて、この花の出す雰囲気や空気感が気になりだしました。その時から「美しく撮
ろう」とすることをやめました。最近は、できるだけ小さく撮って、周りの空気感を出した
いと考えてレンズを向けています。
f0224100_09164243.jpg
でも自分のスキルでは、これがなかなかできません。本当はもっと頻繁に通って撮れば
結果が違ってくるのでしょうが、撮りたいモノがほかにもいろいろあって、年1回か2回し
か来ることが出来ません。故に結果も満足いくものにはなりません。残念ながらまた来年
です。

by nama3_kitano | 2018-08-23 00:01 | | Comments(0)

レンゲショウマの御岳山へ

f0224100_20093071.jpg
今年はいけないかなと思っていた御岳山へレンゲショウマを撮りに行ってきました。昨
年からの課題、レンゲショウマから感じる空気感というか宇宙感のようなものを写せない
かと考えながらの撮影でした。天気は雲のやや多い晴れでした。レンゲショウマほど全天
候型の花はないと思っています。基本的にあまり日の射さない森の中に咲く花です。雨や
霧に包まれればそれは幻想的になるし、晴れて木漏れ日が漏れるような天気ならこの花の
持っている美しい色が表現できます。木漏れ日も美しいし。
f0224100_20095869.jpg
この花の撮影は、単調になってしまうきらいがあります。特にアップにすると同じよう
な写真ばかりなってしまう。この花の持つ雰囲気もなかなか出すことが難しい。綺麗な
個体、主役の花を引き立たせる背景を探すことに終始してしまいます。木を見て森を見
ないようなことに陥ってしまうのです。本当に難しく感じます。
f0224100_20135836.jpg
今年は、天候が異常だったためか、花の咲き方もこれまでと違うように感じました。
地元の方にお聞きすると「非常に早く咲き始めた」のだそうです。つまり花期が非常
に長くなっているというか間延びしているというか、そんな感じらしい。故にかどう
か、数の上でもひとつひとつの花にもなんとなくボリューム感を感じない。ちょっと
「痩せている」感じがしました。

by nama3_kitano | 2018-08-21 20:18 | | Comments(2)

撮影に出たい

f0224100_09071509.jpg
 何~て言うと出てるじゃん、って突っ込まれそうですが、自然のフィールドへ撮影に出
たいのです。毎年秋が近づくこの時期には奥日光へ行っています。シーズン的に端境期に
なるので、静かな奥日光が楽しめるからです。約2か月近くご無沙汰しているし、8月は、写
真教室や講座にできるだけたくさん参加して学びのときにしていることもあって、なかなか
身動きできない。行くとしたら神風で行くしかないが、台風が次々やってくるので、タイミ
ングも難しい。
f0224100_09072076.jpg
やはり、近所で雑草を撮りためるかな。
※写真は雑草園にて

by nama3_kitano | 2018-08-21 00:01 | 写真 | Comments(0)