nama3の気ままに雑記

<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

そしてクライマックス 星峠

f0224100_13083693.jpg
昨日の続きです。写真はいずれも10月21日の早朝に撮影しています。太陽の上昇に従っ
て、徐々に徐々に、光が谷間を照らし始めます。滞留していた朝霧が、光とともに動き始
めます。すっくと立った杉の木々が、光を遮りそこに霧がまとわりついて、光と影のまだ
ら模様が現出する。太陽が低い位置にある時は、オレンジ色に霧が染まる。もう何と形容
しましょう、言葉が見つかりません。つい先ほどまで賑やかにカメラ談議をしていたカメ
ラマンたちの声もしなくなりました。自分のすぐ側に三脚を立てているカメラマンも撮影
に夢中、無心にシャッターを切っています。みんなこの素晴らしい瞬間に立ち会えた喜び
と幸福の中にいるのです。
f0224100_13084740.jpg
風景に写真を撮らされるとよく言われますが、その幸福は、味わった人にしかわからな
い。人間の考えなんてちっぽけです。うまい写真を撮ろう、うまく撮って自分の考えを前
面に等々、そんなことはどうでもよい。眼前で展開されている自然が織りなすドラマに酔
いしれよう。自分的にはそれで充分です。
f0224100_13085853.jpg
空気の色が、時間の経過とともに刻々と変化する。一瞬たりとも見逃せない。視界に入
る彼方此方で、ドラマが展開される。望遠で切り取っても良いし、広角で鷲掴みにするの
も良い。頭と眼をフル回転させるときです。空気が透明になって、木々や建物に色が付き
始める。この時間になると気の早いカメラマンは撤収を始めますが、自分はちょっと動け
ない。まだまだ朝のドラマが続いていると感じるからです。
f0224100_13090635.jpg
溜池に太陽の光が入り込むと、水と光が共鳴しあう。なんとも凄いドラマを見せてもら
っています。稲刈りのあとにもこの地方では、水張をする。それは勿論、観光客やカメラ
マン達のためではない。田圃の畔を守るためとお聞きしました。この美しい風景も農家の
皆さんにとっては、神聖な生産現場なのです。今回もその端っこに陣取らせてもらえるこ
とに感謝です。そして、今回もアテンドしてくださった青空さんに感謝感謝です。
※撮影機材 E-M5MK2 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0


by nama3_kitano | 2018-10-31 00:01 | 自然 | Comments(0)

光芒が出るまで

f0224100_22270667.jpg
もう、1週間以上経って、ようやく写真の整理をはじめました。ブログネタ的にはちょっ
と古い情報になってしまいますが、よろしくお付き合いください。写真は、先週の日曜日
=10月21日の朝、新潟県の星峠で撮影したものです。この峠で夜を明かすのは2回目です。
前回は、昨年の4月末でした。GWでしたので、ものすごい数のカメラマンに圧倒されました
。でも天候に恵まれて素晴らしい朝霧と光芒に恵まれました。そして今回は、季節が真逆
の秋です。霧は出るのか。光芒は出るのか。期待に胸が膨らみました。
f0224100_22273338.jpg
結果は、予想以上の素晴らしい光芒に出会ったのですが、今回は、その光芒が出るまで
を紹介したいと思います。まずは夜明け、太陽が顔出すまでの時間は、青のときです。空
気が青く、そこに朝霧が流れる。ゆっくりとゆっくりとそして時には早く。水を張った水
田が雪がついているように白く見える。何ともため息が出るほど美しい。シャッターを
切ることが至福のときになる。まさにそんな状況でした。
f0224100_22274040.jpg
そして日の出のときです。光芒はまず太陽から出始めました。このあとこの光が、徐々に
降りてくるのです。言葉では言い表すことができないほどのスペクタクル。風景がシャッタ
ーをどんどん切らせてくれる。写真的にはどうなのよということを言われますが、自分は、
大好きです。まさに至福のときの始まりです。
※機材 E-M1MK2 E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0 M.ZUIKO DIGITAL75mmF1.8

by nama3_kitano | 2018-10-30 00:01 | 自然 | Comments(2)

落ち葉の美学2018

f0224100_09350021.jpg
なかなか進まない。どうしてもきれいな落ち葉に目が行ってしまう。それはそれで悪い
ことではないと思うのですが、どうしても満足度が低くなってしまう。たぶん、モノとし
ての落ち葉しか今のところ見えていないのかもしれない。先日、日塩もみじラインを走っ
た時、要所要所で車を止めて撮影しました。
f0224100_09350682.jpg
モノとしての美しい落ち葉を見ると必ずと言っていいほどレンズを向けたくなるのです
が、シャッターを切った後、常に感じるのが「これで良いのかな?」という自問です。ち
ょっと何かが違う感に心が支配されてしまいます。今年も試行錯誤が続く落ち葉の美学で
す。
※撮影機材 E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2018-10-29 09:36 | 自然 | Comments(0)

桜の季節ではないですが....

f0224100_16261928.jpg
家族旅行のアッシーを任されたのですが、夕方と早朝は、自由行動をさせてもらって、桜
を見にやってきました。先日の上発知と同じように毎年春に撮影に来ている三春です。大急
ぎで日没前になんとか滝桜に会えました。今年は、6月にも来ることができたし、紅葉には、
ちょっと早い感じでしたが、秋にも来ることができた。できれば冬の姿も見てみたい。
f0224100_16263078.jpg
f0224100_16263754.jpg
そして、早朝、日の出の時間にやってきたのは七草木です。ここには、七草木の桜と天神
桜があります。春、いつも撮影するポイントに三脚を立てると同時に雨が降り出しました。
止む気配はまったくなく、本降りになり、桜がけむり始めた。仕方なく、桜にできるだけ近
づいて撮影しました。
※機材 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0

by nama3_kitano | 2018-10-28 00:01 | 自然 | Comments(0)

山の紅葉

f0224100_09270087.jpg
ここ数年、なかなか見ることができなかった山の紅葉ですが、新潟遠征で久
しぶりに見ることができました。機会を作ってくださったトンボさん、案内し
てくださった青空さんに感謝です。ここのところ身辺忙しく、写真の整理が全
然進んでいません。取り急ぎ、2枚だけ貼ってみます。
f0224100_09271697.jpg
今、外出先から大急ぎでアップしています。あすはお休みするかも知れませ
ん。よろしくお願いします。

by nama3_kitano | 2018-10-27 09:30 | 自然 | Comments(0)

整いました

f0224100_22501670.jpg
写真展「背景力アップMonochrome-Workshop修了展 横浜の光と影」、準備が整いました。
25日は12時集合で展示作業を行いました。出展数は、21点ですが、慣れないギャラリーとい
うこともあって、かなり時間がかかりました。作業が終了したのは17時30過ぎでしたので、
約5時間強かかった計算です。とりあえず完璧に整いました。今日から3日間という短期間で
すが、よろしくお願いします。

by nama3_kitano | 2018-10-26 00:01 | 写真 | Comments(0)

二つの写真展

f0224100_23005467.jpg
写真展の案内です。ひとつは、6月から参加していた写真家生越文明さんの「背景力アッ
プMonochrome-Workshop修了展 横浜の光と影」です。こちらは、明日=10月26日(金)~
10月28日(日)18:00まで開催されます。開催期間が非常に短くて申し訳ないのですが、
私も3点出展しています。残念ながら私用で在廊が最終日の夕方からしかできませんが
、お時間がありましたら是非ご高覧いただきたいと思っています。自分にとっては、非常
に苦手なテーマに沿った撮影を始めて本格的にやらせてもらいました。自分的には、かな
り悪戦苦闘しましたが、生越先生の指導よろしく、何とか出展にこぎつけました。会場は
横浜市石川町のギャラリー・フーです。
f0224100_23011261.jpg
f0224100_23012477.jpg
 もうひとつは、写真仲間でもある佐藤素子さんの初個展「Les Cadeaux~贈り物~です。
23日がオープニングで、写真展のしてはちょっと珍しいオープニング記念ミニ・コンサー
トが開催されていました。「きよちゃん×やぎりん」のお二人の素敵な演奏を聴くことが
できました。展示されている写真もとても素敵で、一人でも多くの人にご覧いただきたい
とおもいました。会場は赤坂のギャラリーカフェ「ジャローナ」です。写真展は、10月27
日(土)までです。是非!

by nama3_kitano | 2018-10-25 00:01 | 写真 | Comments(0)

秋山郷へ

f0224100_00113940.jpg
随分以前から一度行って見たいと考えていた場所があります。それが津南町の秋山郷で
す。平家落人伝説のある場所です。平家落人伝説のある場所は、全国に諸所ありますが、
共通してとても山深いところにあります。秋山郷もその例にもれません。自分がここへ
行きたいと考え始めたのは、そうした平家伝説とは関係ありません。切っ掛けは、山です
。自分の場合はたいていそこに基があることが多いのです。
f0224100_00114888.jpg
この秋山郷は、苗場山、田中澄江さんが花の百名山の一つとしている山ですが、この山
といつかは登ってみたいと考えていた鳥甲山に挟まれている山村なのです。素朴な温泉が
あって、尚のことそそられたのでした。しかし、如何せんアクセスが悪く、覚悟を決めな
いといけない場所でした。そうこうしているうちに行く機会を逃してしまったのでした。
f0224100_00115577.jpg
鳥甲山は、岩山です。エキスパート向きの山です。10年以上前なら自信がありましたが
今は登る自信がありません。でもその姿だけも見てみたいと今回行くことにしたのでした。
秋山郷入口の津南見玉公園から始まって、奥へ奥へと車を走らせました。しかし、蛇淵の
滝付近まで行って、断念しました。降り始めた雨が、激しくなり雷鳴まできこえるように
なってしまったからです。そう簡単には行きませんね。また出直しなというおつげかもし
れません。
※写真は10月19日撮影
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL150mmF2.0
ZUIKO DIGITAL7-14mmF4.0

by nama3_kitano | 2018-10-24 00:15 | | Comments(0)

上発知にお立ち寄り

f0224100_10284637.jpg
新潟遠征から帰って来ました。楽しい懇親会にも参加させてもらって、とても充実した
遠征となりました。22日、まっすぐ帰る予定でしたが、新潟から高速を走っているうちに
ちょっと気が変わりました。湯沢で高速を降りて、下の国道を走って三国峠を越えること
にしたのです。苗場スキー場周辺は紅葉真っ盛りで、晴天もあってとても色鮮やかでした。
しかし車は止めません。高速を降りた本当の理由は、別にあったからです。それは、毎年
4月下旬に撮影に来ている上発知の一本桜に会いたかったからなのです。
f0224100_10285013.jpg
太陽が西に傾く時間でしたので、光線が斜光線になっていて、花はないけどその姿は、や
はり凛々しい。それと今だからわかることもありました。この桜のある土手のしたですが、
てっきり田圃と思っていましたが、それは一部だけで、ススキの原っぱになっていました。
逆光で、美しくはありますが、ちょっと寂しい現実のような気もします。
f0224100_10285555.jpg
桜の下に鎮座しているお地蔵様、これも春とは違った印象です。前掛や帽子が色あせて
今年の厳しい暑さや豪雨、台風に耐えて来たのが良く伝わりました。来年春の桜の時期に
は、またぜひとも訪れたいですが、できればその前に冬の雪景色の中の桜も見てみたいな
んて、考えてしまいました。

※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8 ZUIKO DIGITAL150mmF2.0

by nama3_kitano | 2018-10-23 10:29 | | Comments(0)

夜活、朝活そしてトンボ

f0224100_07120451.jpg

f0224100_07121044.jpg
星峠では、夜活と朝活を。夜一旦寝たのですが、月明かりがきれいだよと青空さんに教え
ていただき、急遽、撮影することにしました。広角レンズをつけて数枚ですが、月明かりの
棚田風景を撮影しました。翌朝は、朝起きると青空さんは、すでに三脚を立て、撮影をはじ
めていました。星峠の一番高いポイントに三脚を立て、日の出を待ちました。この日は、最
高に素晴らしい撮影条件に恵まれ、とてもスケールのある光芒を見ることができました。写
真の整理ができていませんので、2枚だけ貼っておきます。
f0224100_07121694.jpg
f0224100_07122454.jpg
そして最後は、ビュー福島潟で行われた撮影実習付きのワークショップに参加しました。
トンボだけを狙っての撮影は始めてでしたが、ポイントを教えていただきましたので、短時
間でしたがビギナーズラックで、いろいろ撮影することができました。講師のトンボさんに
感謝です。
※機材 E-M1MK2 NOKTON10.5mmF0.95 ZUIKO DIGITAL150mmF2.0
M.ZUIKO DIGITAL12-40mmF2.8 M.ZUIKO DIGITAL40-150mmF2.8

by nama3_kitano | 2018-10-22 07:14 | 写真 | Comments(2)