nama3の気ままに雑記

<   2019年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

桜だけじゃないよ

f0224100_22581850.jpg
4月末までの一ヶ月は、どうしてもこのブログは桜中心になってしまいます。でも、実
際は桜だけを撮っているわけではありません。桜以外にもたくさんの魅力的な被写体に溢
れているのがこの時期です。桜を追いつつも、若葉が魅力的だったり、雑草として大群落
を作っている花があったりします。黄色や紫に一面染まる姿はとてもきれいです。
f0224100_22583678.jpg
この写真は、我が家の近くで撮りました。柿の畑があって、季節季節にいろいろな表情
を見せてくれるのですが、花だいこんが一面を覆っているとは思いもしませんでした。普
段あまり通らない裏通りにあるからです。近くに雑木林があって、そこに1本だけある山
桜を見たくてその裏通りに入ったのでした。こういう想定外の景色に遭遇するととても嬉
しい。ちょっと得した気分です。
※メインのPCが逝ってしまったかも知れません。修理に出してみますが当面、サブのノー
トPCでしのぎます。故に、更新が滞るかも知れません。よろしくお願いします。
※GM-5 DG SUMMILUX15mmF1.7

by nama3_kitano | 2019-03-31 00:01 | 自然 | Comments(0)

桜追っかけ 千鳥ヶ淵の山桜

f0224100_11460474.jpg
千鳥ヶ淵の桜と言うとほとんどの皆さんは、九段下駅付近から武道館入口の田安門前を通
って濠沿いに戦没者墓苑付近までを往復して終わってしまうと思います。自分の場合は、時
間がある時は、もう少し先まで行きます。濠に沿って、英国大使館前を通って半蔵門付近ま
でです。そこで引き返し、千鳥ヶ淵の交差点から代官町通りを東京国立近代美術館工芸館付
近まで行き、そこから北の丸公園を歩いて田安門から外へ出るのです。と言うのは、このコ
ースを歩くと非常に多くの種類の桜を見ることが出来ます。特に自分の好きな山桜が代官町
通りにたくさん植えられています。
f0224100_11462248.jpg
戦没者墓苑までのコースは、確かに濠に沿って、たくさんのソメイヨシノが植えられていて
その景観は、まことに素晴らしい。お濠の水面すれすれのところまで枝を垂らして咲くサク
ラは、本当に見事です。一方、その先の代官町通りに多く植えられている山桜は、ソメイヨ
シノから感じる艶やかさにちょっとかけているかなと思います。でも自分の中では、その清
楚な花と花と同時に広げ始める若葉がものすごく好きなのです。白い花とちょっと赤く染ま
った若葉が創り出す独特の美しさです。
f0224100_11463864.jpg
この後、靖国神社を通って、外濠公園へ向かいましたが、そちらでも山桜を中心に撮影し
ました。
f0224100_11470974.jpg
f0224100_11472435.jpg
それがこちらです。外濠公園の桜は、殆どソメイヨシノですが、お濠の内側の桜並木には
ところどころ山桜が混じっています。お濠の外側の桜並木はそのほとんどがソメイヨシノで
す。お濠の外側のソメイヨシノは、2,3分咲という状態でした。やはり見ごろは、来週です
ね。開花は早かったけれどそのあと花冷えになっていますので、その分、花期が長くなる感
じでしょうか。
※メインPCが不調、このあと更新が滞るかも知れません。
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150mmF2.8

by nama3_kitano | 2019-03-30 00:01 | | Comments(0)

満開?千鳥ヶ淵のサクラ

f0224100_00045307.jpg
f0224100_00051604.jpg
東京の桜が満開になったとのニュースが流れました。東京の標準木は靖国神社の境内に
あります。このニュースを聞いて頭に浮かんだのは千鳥ヶ淵の満開の桜です。千鳥ヶ淵は
靖国神社のすぐそばにありますからね。28日は、旧職場の同僚から花見に誘われていまし
たので、都内に出なければなりません。どうせ出るなら早めに家を出て、花見の前に頭に
浮かんだ満開の桜の千鳥ヶ淵へ行こうと思ったわけです。朝、6時過ぎに九段下駅につい
て地上に出て見ると「あれ?これが満開」という状況でした。正確ではないかもれません
が、ぱっと見、五六分咲という感じでした。という訳で、本当の満開は、来週ですね。
f0224100_00054267.jpg
一通り千鳥ヶ淵を歩いた後、満開を確かめるべく靖国神社境内の標準木を見に行きました
。こちらがその写真です。間違いなく満開です。ソメイヨシノはクローンなので、気象条件
が同じところに植えられている場合は、一斉に咲き一斉に散るのですが、どうもその摂理
さへ最近は崩れ始めているのかもしれません。今年は、そのばらつきが顕著なような気がし
ます。気の所為であればよいのですが・・・
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL12-40㎜F2.8 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8

by nama3_kitano | 2019-03-29 00:11 | | Comments(0)

桜追っかけ 高麗神社のしだれ桜

f0224100_22022167.jpg
なんだか、あちこちから桜見頃の知らせがやってきて、もう、じっとしていられない。
という訳で、埼玉県日高市の高麗神社へ、GOでした。樹齢400年のしだれ桜が見頃という
ニュースに接したからです。高麗神社といえば、曼珠沙華で有名な巾着田の近くです。一
昨年、巾着田の帰りに寄った時、高麗家住宅の横でしだれ桜を見たことをすぐに思いだし
ました。そうしたら、ますますじっとしていられない。となった訳です。8時過ぎに到着
したのですが、すでに4,5人カメラマンが三脚を立てていました。皆さん、やや遠巻きに
三脚を立てていましたので、しだれ桜へ近づいて撮影するのが憚れるような空気が漂って
いました。これでは、一般の観桜者が近づけない。なんとかしなければ。左右のカメラマ
ンさんたちに目礼して、しだれ桜に近づきました。そしたら、次々に三脚を持って近づき
はじめました。皆さん、遠慮していたのですね。カメラマンのマナーがよく言われますが
圧倒的多数は、いい人が多いのです。
f0224100_22025272.jpg

このしだれ桜の他にもちょっと惹かれるものがありました。椿です。椿は、斜面に一本だ
けですが、落ち椿の花もあって、桜撮影に飽きたカメラマンさんたちが、盛んに撮影して
いました。きれいな落椿を拾って、別の場所へ置いたりみたりしながら、わいわいやって
いました。人為の是非は別にして、個人的には、きれいな個体より、朽ち始めた個体のほ
うに魅力を感じ、そんな落椿ばかり撮影しました。
f0224100_22040599.jpg
この神社には、しだれ桜の他に、神社本殿の近くにもう一本、大変立派な桜があります。
こちらは、樹齢300年のヒガンザクラです。そしてこちら方が御神木のようです。巫女さん
が、コンパクトカメラを向けていましたので、ひょっとしたら開花状況をホームページに
でも、アップするのかも知れません。このヒガンザクラの周りには、人だかりができてい
るわけではありません。まだ満開状態ではないからでしょうか。いずれにしてもこの週末
には、こちらも見頃を迎えますので、大勢の参拝客が押し寄せることでしょう。
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL12-40mmF2.8 M.ZUIKO DIGITAL75mmF1.8

by nama3_kitano | 2019-03-28 00:01 | | Comments(0)

写真展、ついでに都心の桜

f0224100_22013981.jpg
富士フォトギャラリー銀座で開催中の「小林民子写真展 砂の途上<スペース1・3>」にお
邪魔してきました。写真展は、とても素晴らしい展示でした。モロッコのひと、くらし、
自然を鷲掴みにしたような写真で、久しぶりに揺さぶられた感じです。会期が28日までで
すが、超オススメです。そして、今日の写真は、その帰り、真っ直ぐ帰るもの何なので、
京橋から東京駅まで咲いている桜を撮りました。
f0224100_22020693.jpg
f0224100_22021937.jpg
と言いながら、これは桜ではありません。でも、その見事な姿に見惚れるほどでした。名
前はわかりません。わかる方がいましたら是非教えてください。
f0224100_22023823.jpg
f0224100_22025096.jpg
ソメイヨシノは、3,4分咲きという感じでしょうか。都心の桜の面白いところの一つは、
反射でしょうか。建物のガラスに写り込んだ桜が面白く、映り込みを見つけるとついつい
遊んでしまいました。
※E-PM2 DG SUMMILUX15㎜F1.7 DG SUMMILUX25㎜F1.4 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-03-27 00:01 | 写真 | Comments(0)

桜追っかけ 北本自然観察公園へ

f0224100_20574169.jpg
エドヒガン桜が満開になったというニュースに接し、いても立ってもいられなくなり、
4時起床で出かけました。と言ってもここへ行くのは初めてです。公園の駐車場に車を入
れて、さて、この広い公園のどこに目的の桜があるのか。どうしようかなと思っていたら
都合よく、散歩の人が来ました。お聞きすると丁寧に行き方を教えてくれました。迷うよ
うな場所ではありませんでした。駐車場から徒歩5分ほどで、目的の桜がありました。樹
齢約200年、高さ29メートル、根回りは3.8メートルと大変立派なエドヒガンサクラです。
背景に竹林があって、なかなか良い風情です。ただ、ちょっと花勢が弱いかなと感じまし
た。完全な一本桜ですが、どうも自然に生えた桜のようです。
f0224100_20580698.jpg
正面から観察して、この桜の素晴らしいところは、大きく左右に張り出した枝だと感じ
ました。木道の幹から一番近い位置へ移動して、見上げてみるとなんともとてもたくまし
く、そして凛々しく見えます。花勢が弱く感じるのは、日当たりがあまり良くないからか
なと思います。それにしてもこの公園、初めてやってきましたが、とても魅力的な場所で
した。一通り撮影したあと、公園の案内板にあったシダレサクラを見に行くことにしまし
た。園外ですが、徒歩5分ほどで行けそうだからです。
※E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL7-14mmF4

by nama3_kitano | 2019-03-26 00:01 | その他 | Comments(0)

桜追っかけ 地元の桜

f0224100_20540775.jpg
埼玉県志木市の宝幢寺の枝垂れ桜です。ここの桜を初めて撮ったのは今から15年ほど前、
当時は、枝垂れ桜は1本だけでした。今では、その2倍の2本になっています。そして、15年
ほど前からライトアップも行われるようになったのですが、当時は、2日か3日間限定でし
た。今は、枝垂れ桜の時期は、毎日点灯されるようです。天気は快晴、風がちょっと冷たく
感じますが、花見には最高部類の天気ではないでしょうか。そんな天気に誘われてか、ひっ
きりなしに人がやってきます。でもその殆どは地元の方のようです。自転車や徒歩で来る人
が多いことからよくわかります。そして、滞在時間が非常に短い。桜の周りをゆっくりとス
マホで写真を撮りながら1,2周したら帰ってしまう。一眼カメラを桜に向けている人のほうが
圧倒的に少数派です。そんな花見のひとの邪魔にならないようにゆっくり時間をかけて撮影
しました。
f0224100_20542127.jpg
今年の桜撮影で注意することは、まず第一に綺麗にまたは美しく撮ろうとしないことです。
どうしてもカメラを向けると美しく撮ろうとしてしまう。この条件反射のような行動から脱
却しなければならないと強く思っています。自分がなぜにこれほどまでに桜撮影に惹かれる
のか。それは間違いなく、美しく撮るためではありません。そして第二にもっともっと桜を
リスペクトすること、そのことを常に思いながら接しようと思っています。桜を撮ることが
主ではありません。そして、第三に今年やろうと思っていることは、そうした桜への思いを
文章にして、撮影に向かうことです。まだ、これからですが、一本桜巡礼を始める前にかな
らずやって、それからぶれない心を持って向き合おうと思っています。
f0224100_20543901.jpg
 まあ、そうは言っても、桜はどんなふうに撮っても美しく撮れてしまいますけどね。
※GX-8 DG SUMMILUX12㎜F1.4 DG SUMMILUX25㎜F1.4 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-03-25 00:01 | その他 | Comments(0)

東京の桜 六義園

f0224100_23192080.jpg
写真塾の日でした。せっかく東京にでたので、浅草橋からの帰り、六義園で道草すること
にしました。六義園のしだれザクラが見頃になって、ライトアップが始まったことをニュー
スで知ったからです。本格的な桜追っかけの始まりです。六義園の桜は、東京の桜の中でも
有名な桜です。そのため、土曜日ということもあって、日が暮れると同時に続々と入園者が
やってきました。しだれ桜の周りは、観桜客やカメラマンでいっぱい、警備の人が盛んに「
桜の花に触れないでください」「三脚、一脚、自撮り棒などを使った撮影はお断りしていま
す」「正面正門付近には立ち止まらないでください」等々、叫んでいました。東京の桜の名
所では、これからあちこちで見られる光景です。そうした状況であっても、この場では、自
分対桜、周りはあまり気にしません。木は使いますけどね。
f0224100_23193525.jpg
六義園の夜桜を見に来たのは、本当に久しぶり。六義園も久しぶりなので、園内も歩きま
した。大きなこぶしの木のがあって、夜はこれもライトアップされていました。以前来たと
きもそうだったか、記憶はありません。庭園の松もライトアップされていて、これが思いの
外美しかった。この六義園は、かの犬公方徳川綱吉後が寵愛した家臣、柳沢吉保が完成させ
た大名庭園です。当時のままということはないと思いますが、流石の庭園です。
f0224100_23194966.jpg
さて、2019年桜追っかけが始まりました。最初は、ゆっくり徐々にスピードアップして行
こうと考えています。当面、東京や近場埼玉の桜が中心となります。
※E-M1MK2 DG SUMMILUX15mmF1.7 DG SUMMILUX25mmF1.4

by nama3_kitano | 2019-03-24 00:01 | | Comments(0)

時代の節目

f0224100_09060778.jpg
ここ20年くらい、プロ野球にはあまり関心がないけど、イチロー選手が引退するという
ニュースに接して、色々考えてしまいました。イチロー選手のゲームを生で見たことはあ
りません。でも、阪神淡路大震災のあと、オリックスの選手達が肩に「がんばろう神戸」
のワッペンを付けてプレーする姿をテレビで見たこと、そしてその選手の中で一番画面に
出てきた選手がイチロー選手だったことが、よみがえります。イチロー選手と言えば、大
リーグの中では、ひと際小柄な体ですが、実績は不世出の大打者であり、なんか求道者の
ような風格を漂わせる存在に見えました。このニュースに象徴されるように、平成という
時代が、あと数十日で終わりますが、そんな時代の節目に立ち会っていることを感じます
。気の所為かな。
 写真は、このニュースに接して、そう言えば昨年、銀座で撮影したような気がしました
のでHDDの中を探してみました。普通、削除してしまうような写真なのですが、残ってい
ました。そればかりか、一発で見つけました。なんか不思議な気分になりました。
※E-M5MK2 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-03-23 00:01 | その他 | Comments(0)

そうだ!ツクシだ!野草だ!

f0224100_15523553.jpg
サクラソウ公園のサクラソウは、完全なフライングでした。勿論、予想通りのことなので、
ショックはありません。それよりも、毎年早春の時期に、ここでツクシを撮っていることを
思い出しました。そうだ!ツクシだ!という訳で、ツクシがたくさん出ているエリアへ。あ
るある、ありました。東北で見るツクシは群生していることが多いですが、ここのツクシは
、密度こそ低いですが、その代りすっくと背が高い個体を多く見かけます。ちょっと春らし
さを画面に出すため、ハイキーに撮影しました。
f0224100_15525337.jpg
f0224100_15530753.jpg
そしてこの時期の桜草公園は、芝生エリアが面白い。ここでは、オオイヌノフグリが大群
落を作っています。芝生の所々が薄く青色に染まるほどです。そしてその隙間にはホトケノ
ザやタンポポがたくさん咲いています。自分は大の雑草好き、もうたまりません。芝生を這
いつくばるようにあっちへ行ったり、こっちに来たり、時間が経つのを忘れるほどでした。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150mmF2.0 ZUIKO AUTO-MACRO90mmF2.0

by nama3_kitano | 2019-03-22 00:01 | 自然 | Comments(0)