nama3の気ままに雑記

<   2019年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

またまた空振り、仕方なく振り逃げ?

f0224100_18133022.jpg
27日に空振りに終わったミドリシジミ撮影、30日の早朝、再チャレンジしました。天気
は快晴でした。「今日こそ」と意気込んで出かけたのですが、結果は、またまた空振り
に終わりました。でも空振り三振だけは避けようと目につくものを撮影しました。まあ、
良く解釈すれば臨機応変に方向転換したわけです。
f0224100_18134850.jpg
f0224100_18140426.jpg
f0224100_18142402.jpg
そうしたら、見えないものが見え始めて、何とかブログネタ程度の写真は撮ることが出
来ました。動くものに目を凝らすとなかなか面白い。コカマキリ君の狩りの様子やフラフ
ラ飛んでいたイトトンボも目にとまりました。近くの草の葉に止まりましたのでそーっと
手をばして撮影しました。今一なのでストロボを光らせてアイキャッチを入れてみました
。ミドリシジミは、影も形もありませんが、ジャノメチョウは多い。練習も兼ねて撮影し
ました。そうこうしていると樹上で「トトトトトトトッ!」って音がする。見上げてみれ
ばコゲラでした。久しぶりにお撮影です。それと昨年と大きな違いは、規制ロープの場所
が拡大したこと。チョウジソウなどの希少植物を守るためと思われます。これは致し方な
いですね。という訳で最後にチョウジソウも撮ろうと探すと何とハナグモのおまけつきで
した。首から立派な白レンズを下げたカメラマンさんが来ましたので、情報交換。どうも
昨夜降った雨で気温が下がり過ぎたかもねということでした。6月に入ってから再々チャレ
ンジしたいと思います。とりあえず三振したけどアウトにはならなかったことだけは報告
申し上げます。
E-M1 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0
E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8

by nama3_kitano | 2019-05-31 00:01 | Comments(0)

空振り

f0224100_20340058.jpg
そろそろ出没するのではないかと27日の早朝、秋ヶ瀬へ行って来ました。しかし、目的
の生き物には出会えませんでした。自分の他にも2人ほど来ていました。ここのところの暑
さで飛び始めるのではないかと期待していたのです。
f0224100_20341683.jpg
それは、ミドリシジミです。やはり、ちょっと早すぎたのかもしれません。見かけたのは
ジャノメチョウばかりでした。リベンジします。空振り、結構あるのです。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL50-200㎜F2.8-3.5

by nama3_kitano | 2019-05-30 00:01 | その他 | Comments(0)

雑草園の赤と白

f0224100_09450610.jpg
雑草園のタチアオイが咲き始めました。この花は夏告げ花です。下から上へ次々と花を
咲かせます。そして花が頂上に着いた頃、夏休みが始まるイメージの花です。雑草園には
赤だけでなく他の色のタチアオイもありますが、まず赤いタチアオイが咲き始めました。
f0224100_09451970.jpg
白はこの花です。ちょうど見ごろの時期に入りました。これから梅雨入りしますが、こ
の花が見ごろになる時期と重なります。今年は、梅雨入り前に暑い日が続いていますが、
いよいよ梅雨入りが近づいていることを実感します。
α-7 ZUIKO AUTO-MACRO90㎜F2.0 ZUIKO AUTO-S 50㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-05-29 00:01 | | Comments(0)

泉門池にて

f0224100_14221044.jpg
小田代ヶ原での撮影後、ほぼ毎回立ち寄る場所があります。そこは、泉門池(いずみや
ど)です。戦場ヶ原には、池が少なくて牧場のある光徳とここの2カ所だけと言われていま
す。泉門池は、湧き水が滾々と湧いている場所で、その水はまことに清冽です。ベンチが
設置されていて、格好の休憩ポイントにもなっています。小田代ヶ原から徒歩30分くらい
で行くことが出来るのです。2日目=24日は、6時ごろここに着くように、普段よりずっと
早めに小田代ヶ原を後にしました。理由は一つ、早い時刻に着けば、冷え込んだ朝は、気
嵐が発生する可能性が高いのです。その予想が的中しました。着いてすぐ水面を確認する
とご覧のような状態でした。ただ、その時間は非常に短く、5分後には消えていました。
f0224100_14223077.jpg
2枚目の写真は、水面に浮かぶ緑の物体、何なのか正直わかりませんが、緑がとても鮮や
か、そして俯瞰的に見るとデザイン的にも面白い。水際に降りて、マクロで撮ったのが、
3枚目の写真です。浮いているいるのは藻のようなもので、気泡を出しているようです。
光合成をおこなっているのかもしれません。つまり生きているのですね。
f0224100_14223994.jpg
池に沈んだ倒木に着いた苔状の緑色の部分もアップにするとたくさんの気泡が見えます
。倒木は、枯れて死んだ状態ですが、表面に着いた苔状のものは、間違いなく活発に生き
ている。これは凄いことですね。泉門池、ますます好きになりました。
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0
ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-05-28 00:01 | 自然 | Comments(0)

ズミは今

f0224100_21432147.jpg
小田代ヶ原や戦場ヶ原へ通う切っ掛けを作ってくれた樹がズミの木です。そのきっかけ
とは、以前も書きましたがズミの花です。戦場ヶ原は、このズミの木が多くて、花が咲き
始めると戦場ヶ原全体が甘い香りに包まれるほどになります。そして花時期は、梅雨入り
前の5月末から6月初めです。小田代ヶ原でも白樺以上に気になる存在になっています。そ
んなズミの木の様子を見ることも今回の目的でした。
f0224100_21433560.jpg
状態としては、芽吹きの時期の様相でした。遠目には冬枯れ状態に見えますが、近づい
て見るとしっかり緑の芽を確認できます。花の時期は、10日後くらいかなと言う感じです。
最近は、ズミに関しては、特に小田代ヶ原では、花の時期よりじつは、葉っぱの見えない
冬枯れ状態の方が好きです。特に朝日の昇る前や直後の姿がたまらなく好きです。
f0224100_21465060.jpg
花の時期はもうすぐ。次回は、このズミの花を撮りに来たいなあなんて思っています。
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-05-27 00:01 | 自然 | Comments(0)

一本の樹と向き合いそして

f0224100_22254338.jpg
24日は完全貸し切り、ここでの一人だけというのは殆ど記憶にない。そんな珍しい状況
でしたが、気象条件は最高に近い状態でした。快晴で放射冷却現象がおき、冷え込みました
。十分な防寒対策はしてこなかったのですが、持ってい行ったものをすべて着込んで凌ぐこ
とが出来ました。それよりも、目の前で展開されるドラマが凄かった。4時前に到着した時点
で小田代ヶ原に白い線が横に走っていました。それは霧です。この線が膨らんだりしぼんだり
し始めたのです。これは撮らなければと思いました。ピント合わせがちょっと大変なのですが
望遠で、白樺だけをアップすると何とも幻想的なシルエット状の白樺が液晶に浮かびました。
背景は大真名子山の山影です。
f0224100_22255551.jpg
東の空がだいぶ明るくなってきたところで場所を移動しました。樹木が多い場所へ移動して
撮影したかったのです。2枚目はこれまで撮らなかったアングルです。あの白樺を脇役にして
と考えたのですが、モニターで見てみるとやはりその存在感が際立っていると感じました。今
回、白樺に向き合うのと同時に視点を変えることも課題にしていましたので、こういう見方
も大いにありだなあと感じました。そして、そればかりでなく、新たなテーマがまた一つ増え
ました。それは、この白樺とは関係ないところでいろいろ発見があったのです。つづく。
E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8

by nama3_kitano | 2019-05-26 00:01 | 自然 | Comments(0)

一本の白樺と向き合う

f0224100_21193092.jpg
22日の午後出発して、奥日光へ行って来ました。そうです、あの白樺の樹と向き合うた
めです。多くのカメラマンに撮りつくされた感のある小田代ヶ原のシンボルツリーです。
自分もこれまでたくさん撮って来ました。それでも、本当にこの樹と真摯に向き合って来
たかと言うとやはり??なのです。大嫌いな俗称を付けられていますが、この樹が持つ気
品はやはり他にはないと感じます。昨年秋以降、自分にとってのこの樹について考え、も
う一度しっかり向き合うことにしました。どうしても見たことのある写真になってしまう
のですが、そういうことを抜きにしても良い。そんなふうに考えるようになったのです。
f0224100_21194157.jpg
今日の写真は、23日の早朝日の出前と日の出直後に撮影しました。平日と言うことも
あって、カメラマンは自分も入れて5人だけでした。自由に場所を移動して撮影することが
出来ました。23日、24日とも最高のシュチュエイションに恵まれました。特に24日は、完
全貸し切りで、とても贅沢な撮影をすることが出来ました。何日かに分けて、今回の遠征
について報告したいと思います。
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL40-150㎜F2.8 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-05-25 00:01 | 自然 | Comments(0)

六本木の空の下

f0224100_14493985.jpg
写真塾でご一緒させていただいているアーティストNさんが、油絵と写真を出展されてい
る三軌展を拝見するため、新国立美術館へ。公募展と言うと日展や二科展が有名で、何回か
見に行きましたが最近あまり行っていませんでした。三軌展は初めてです。展覧会自体知ら
なかったのです。規模も大きく展示されている作品も素晴らしい。自分が普段撮っている写
真がどうなのよってちっぽけに見えてしまう。特に人物の入った絵画は、力を感じました。
普段、ネイチャー系の写真を撮っている自分にとって、とても参考になる絵画もありました。
f0224100_14495021.jpg
絵画のコーナーは、写真撮影可でしたので、何点か撮らせてもらいました。ものの見方の
参考にさせて貰うつもりです。そんな訳で絵画のコーナーはじっくり時間をかけて拝見出来
ました。でも残りの工芸や写真のコーナーは、駆け足になってしまいました。絵画のところ
でエネルギーを使い果たした状態になってしまったのです。展覧会でこういう状態になった
のは久しぶりでした。明日と明後日の更新は、充電のためお休みします。よろしくお願いし
ます。
GX-7MK3 DG SUMMLUX25㎜F1.4 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

by nama3_kitano | 2019-05-22 04:30 | その他 | Comments(0)

目覚めの雨

f0224100_10512990.jpg
本格的な雨になりました。久しぶりなような気もします。関東地方は、雨らしい雨が久
しくなかった感じなので、これは、植物たちにとって恵みの雨かもしれません。緑の葉っ
ぱが生き生きして見えるのは気の所為ばかりではないですね。そんな雨の中、雑草園を覗
いてみると咲き始めていました。一昨日確認したときはまだ蕾だったのですが、数輪、開
いていました。この時期の雑草園の主役(とかってに思っています)のお目覚めです。
f0224100_10513921.jpg
これから2週間ほど、この花が何回も登場しますのでよろしくお願いいたします。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL50-200㎜F2.8-3.5

by nama3_kitano | 2019-05-21 10:51 | | Comments(0)

雑草散歩

f0224100_09264901.jpg

毎日1万ぽ歩くことを目標にしています。特に撮影に出る予定のない晴天の日は、カメラ
を持ってご近所散歩をします。カメラの被写体は、道端で見かける植物が中心です。雑草と
呼ばれる植物たちです。数年前からこの雑草たちに興味を抱き、名前を特定したり、素性を
調べたり、調べるほどに面白くなってきています。
f0224100_09270452.jpg
f0224100_09260327.jpg
植物図鑑的な知識はありませんが、雑草類は、どうも帰化植物が多いように感じます。そ
して氏素性で言えば、鑑賞用に輸入された植物が、その旺盛な繁殖力で野生化し、道端で花
を咲かせている。観賞用で輸入されたのだから、「私にもっと注目して」と言っているのか
もしれません。よしよし、少なくとも吾輩は注目するよ。写真も撮るよ。好きだからね。っ
て心の中で雑草たちに声を掛け、今日もカメラを持って外を歩こう。
E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-05-20 09:27 | | Comments(0)