nama3の気ままに雑記

<   2019年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

小田代ヶ原の白樺

f0224100_09461568.jpg
 小田代ヶ原の白樺というとあの樹のことになってしまうことが多いですね。それくらいあ
の樹には存在感があります。でも、ここへ来てよく見ればわかりますが、白樺の樹は他にも
たくさん生えています。ここに集まる多くのカメラマンは、あの樹をメインに撮影すること
が多い。自分も勿論その一人ですが、最近、平日しか行かないからかもしれませんが、あの樹
ばかりを狙って来てるわけではないという人が、案外多いことに気づき始めました。たとへ
ば、この日は、5人ほどのカメラマンと一緒になりましたが、大半は、アザミをメインに撮影
しているように見えました。レンズの向きからの判断ですけどね。まあ、霧は出ましたが、
インスタ映えするようなドラマチックな雰囲気にならなかったことも影響あるかな。
f0224100_09462574.jpg
f0224100_09463501.jpg
白樺の話に戻します。小田代ヶ原には、たくさんの白樺が生えていて、ここ2,3年ほど、個
人的には、あの白樺以外の白樺の木々に注目しています。あの白樺は、意識しなくとも目に入
るし、画面にも入って来ますからね。それで感じたことがいくつかあって、そのことを自分の
写真に出したいと試行錯誤しています。今回も個人的には、とてもいい条件に恵まれたと感じ
ました。夜が明けて、徐々に明るくなるその瞬間瞬間に小田代ヶ原の彼方此方に点在する白樺
を見る。刻々と変わる表情は、朝の清新な光が演出してくれます。時にはその樹肌を艶めかし
く感じたり、神々しく感じたり。漂う霧にドラマを感じたり。やはりこういう光景に触れると
ここへ通うことはやめられない。それほどここの白樺には魅力を感じます。
※E-M5MK2 NOKTON42.5㎜F0.95(デジタルテレコン)
 E-M1MK2 DG SUMMILUX25㎜F1.4 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-07-31 00:01 | 自然 | Comments(0)

ニッコウアザミの小田代ヶ原

f0224100_21385476.jpg
歯痛から始まった無気力状態、何とか脱出を図ろうと試行錯誤しました。勿論、第一は
歯科医院へ行って治療を受けることから始めました。治療の甲斐あって、痛みは治まりま
したが、写真とブログは放置状態、ここから立ち上がるのにちょっとエネルギーが必要で
した。そんな訳で、自分にエネルギーを注入するには、奥日光へ行くのが良いかなと、奥
日光小田代ヶ原へ行きました。7月下旬のこの時期は、ニッコウアザミが良いのです。数
年前、その大群落を見てビックリ仰天しました。そんなことも思い出したのです。
f0224100_21384590.jpg
カメラ装備は、出来るだけコンパクトにしようとズームレンズを置いて行きました。レン
ズは単焦点のみです。1本だけで行けばカッコいいのだけれど、結局、12、25、42.5、75、
150と5本もバックに入れてしまった。何だかいつもとあまり変わらない装備になっちゃった。
何だかなあです。到着してすぐ、明るくなり始めた湿原を凝視、間違いありません。ニッコ
ウアザミは、今が見ごろ状態になっていました。写真はあまり撮らないつもりだったけど、
気が付けば、シャッター切りまくりでした。
 梅雨がようやくあけました。自分も連動して「梅雨」明けにします。
※E-M1MK2 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-07-30 00:01 | | Comments(0)

写欲ゼロ

f0224100_14222012.jpg
 ここ数日、シャッターを全く切っていません。撮りたいという意欲が全然湧かないので
す。こんな気持ちなったのは、本当に久しぶりです。このまましばらく、写真生活から離
れることもありかなとさへ思い始めています。月曜には、梅雨明けしそうなので、ちょっ
と山へ行って考えてみよう。別に自宅にいても考えることはできますが、環境を変えて気
分も変えて。来週は、奥日光へ日帰り、そして8月に入ったら、加賀の白山へ行ってみよう
かと。
※GX-7MK3 SPEEDMASTER25㎜F0.95

by nama3_kitano | 2019-07-27 14:22 | その他 | Comments(0)

f0224100_10260468.jpg
 近所の自転車置き場に生えている苔です。駅へ向かう途中、数年前からとても気になっ
ていました。なんでコンクリートの上に生えるのだろう。水分がないと苔は生えないはず、
水分はどこからとっているのだろう。そもそも苔ってどういう植物?奥日光などを歩いて
いると倒木や地面の湿気の多そうな場所ではよく見かける。奈良や京都の寺院の庭でもと
ても美しい苔を見ることが出来る。最近通い始めた青木が樹海も地上は、殆ど苔でおおわ
れている。まあ考えだすととめどもなく広がっていく感じ。でも、苔についての知識は、
殆どありません。ちょっと調べてみようかな。何だか最近、こんなことが多くなって、ち
ょっと収拾がつかなくなりつつあるけどね。

by nama3_kitano | 2019-07-25 10:26 | その他 | Comments(0)

歯痛で撃沈中

f0224100_09002687.jpg
日曜日のズイコー倶楽部湘南支部例会後、歯痛が進行、今、何もできない状態です。昨日
は、じっと耐えていましたが、今日はこれから歯科医院へ行って来ます。左頬がちょっと
腫れた状態です。どうも親知らずが悪さをしている感じ、プラス普段の不摂生が祟ってし
まった。夏山計画を立て、梅雨明けと同時に出発するつもりでしたが、計画を大幅に変更
する必要がありそうです。そんな訳でブログ更新も滞りがちになります。こんなことをこ
こに書くべきではないと思いますが・・そういう訳です。完全復活には時間がかかりそう。
※写真は、先週参加したモノクロ講座で撮ったものです。S先生流の画像処理をしました。
 GX-7MK3 DG SUMMILUX15㎜F1.7

by nama3_kitano | 2019-07-23 09:03 | その他 | Comments(0)

モノクロ、カラー

f0224100_09233249.jpg
f0224100_09234665.jpg
 同じものをカラーでもモノクロでも同時に表現できることは、デジタル時代だからこそ
だろうなあと思います。フィルム時代もそれは可能だったかもしれないが、デジタル時代
の今ほど簡単ではなかったと思います。そんな時代の恩恵をしっかりと受けていきたいと
今思っています。カラーもモノクロも楽しみたいのです。あれもこれもの軽佻浮薄な態度
では、大成しないかもしれないが、そもそも大成を目指している訳ではありませんので、
それで良いなんて、あくまでも軽く考えたい。普段生活している空間は、色彩で溢れてい
ます。カメラ設定をデフォルトのまま撮影すると当然のことながら、カラー写真になりま
す。それをモノクロに変換してみるととても面白い。見えてくるものが違うからです。何
が良く見えてくるようになるのかを詳しく分析する必要があると思いますが、その前に、
違うものやことが見えるというそのことをちょっと楽しみたい。なぜって、それが、とて
も豊かな気分にさせてくれるからです。まあ、大上段に構えるのではなく、ちょっと遊ぶ
つもりで、「モノクロ遊び」をして行きたい。
f0224100_09240376.jpg
f0224100_09241497.jpg
でも、そんな軽いだけでは自分が納得できないこともあって、モノクロ画像で思い浮か
ぶ芸術ジャンルには水墨画もあるので、そちらについても少々かじっています。といって
も描いている訳ではありません。美術館で鑑賞したり、関連書籍をあさったりする程度で
すけどね。絵画は当然のこととして、写真もとても奥が深いですね。
本日は、あるテーマで撮っている自然写真をモノクロ化して並べてみました。見えてく
る世界の違いが大きい。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-07-19 09:24 | 写真 | Comments(0)

学びの週

f0224100_09353112.jpg
今週は、写真のお勉強の週です。撮影に行く予定はありません。16日は参加している「
PHOTO-Lab-054」の例会日でした。今回は最初に生越先生より写真関連の本の紹介がありま
した。その本とは、畠山直哉「話す写真」小学館です。数年前に読んだことのある本です
が、以前読んだ時のもやもや感を思い出しました。2011年の東日本大震災で、陸前高田の
実家が被災し、故郷の陸前高田を改めて撮るような記事が新聞に載っていてこの写真家を
しりました。調べてみると大変活躍している写真家で興味が湧いて、この本を読んだので
した。2013年か14年のことなので、個人的にカメラよりも写真の方へ関心の重心が移り始
めた時期です。もやもや感は、そうしたことも含まれますが、結論らしきことが読み取れ
ず、「あとがき」を読んで、なんとなく趣旨が見えたような気になったのでした。今回、こ
の本のことを取り上げてくださって、改めて、読み直してみようと思っています。その後
は、テーマに基づいて撮ってきた写真の講評でした。毎回出されるテーマが、抽象的であ
ることで、参加者ひとりひとりの個性が出ていて、とても面白く勉強になります。来月の
テーマは「熱」です。これをどう表現するか、普段あまり撮らない写真に取り組まなけれ
ばなりません。一応、ステートメントは書きましたが、果たしてどうなることやら。
f0224100_09354851.jpg
17日は、浅草橋写真塾の例会日でした。いつものようにプリントをすることによって、
撮影の大事さを学びました。最終的にプリントで表現したいことを仕上げる訳ですが、当
然のことながら、テクニックも大事だけれど、それだけを覚えても意味がない。自分の番
のときは、勿論ですが、ほかのメンバーのときも後で見ていてとても勉強になります。今
回も、内容が濃すぎて、途中何回も、頭がフリーズしました。今週は、19日に、モノクロ
プリントの講座を、そして、21日は、所属しているズイコー倶楽部湘南支部の例会と勉強
の日々が続きます。そんな訳で、更新は、不定期になりますので、よろしくお願いします。

by nama3_kitano | 2019-07-18 09:35 | 写真 | Comments(0)

太陽よどこへ行った

f0224100_16152420.jpg
これだけ日照時間が少ないと太陽よどこへ行った?と愚痴りたくもなります。たぶん、
出れば出たで、灼熱地獄とか愚痴るんだろうけどね。何だかその灼熱が恋しくなるほどの
悪天候が続きます。こうなったら、逆に開き直って、「当分、顔出すな!」なんて言いた
くなります。で、顔を出さないなら出さないなりの写真を撮ろう。というか、この天気で
はそういう写真しか取れないのですねどね。
f0224100_16153939.jpg
f0224100_16155974.jpg
本日の写真は、7日、古代蓮の里で撮った写真です。被写体は水滴です。水滴が創り出す
宇宙空間を表現してみました。宇宙空間とは、ちょっと大げさすぎると言えなくもないで
すが、マクロで寄ると予想以上に面白い。それしても、梅雨明けはいつになるのだろう。
毎年恒例の夏山登山、そろそろ具体的に計画だけでも作ろう。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-07-16 00:01 | 自然 | Comments(0)

「写真展 GOTO AKI[TERRA2019]地球相貌」へ

f0224100_23334634.jpg
13日の土曜日ですが、表記写真展へ行って来ました。今年1月から3月にかけてキヤノンギャラリー
Sで開催された写真展のリメイク版かなと思いながら出かけました。キヤノンギャラリーでの写真展
があまりにも素晴らしかったので、その違いも見たかったのです。会場は、MYD Galleryで、初めて行
く場所です。南北線の白金高輪駅から7分、麻布十番駅から9分とありましたので、白金高輪駅から行
って帰りは、麻布十番駅を使うことにしました。場所はわかりやすく、大通りから入ってすぐの場所
でした。ただギャラリーへは、ちょっと入りずらく感じました。ガラス越しに中は見えるのですが受
付がある訳でもなく、ちょっとだけ入っていいのかどうか迷ってしまいました。この写真展は、基本
予約制のようなのですが、GOTO AKIさんの在廊日は予約なしでOKとありました。13日土曜日は、在
廊日でしたので、予約もせずに来たのです。
f0224100_23340015.jpg
f0224100_23341152.jpg
ドアを開けて中に入ると、いきなり展示コーナーです。普通、入り口にはステートメントは掲示さ
れているものですが、それはありません。いきなり「始まりました」です。写真も含めて中に入った
時点で異空間に入り込んでしまったような気分になりました。奥へ奥へと写真を見ながら進むと別室
があるようで、覗くとそこも展示室で、御本人がpcに向かってなにか作業をされていました。記帳し
たあと、少しだけお話をすることができました。自分のくだらない質問にも丁寧に答えてくださいま
した。写真展は、9月27日まで。MYD Gallery←詳しくは、こちらをクリック。

by nama3_kitano | 2019-07-15 00:01 | 写真 | Comments(0)

散った花びらいきいき

f0224100_21441123.jpg
古代蓮の花の命は、4日間です。4日目には花びらをどんどん散らせてしまい、最終的に
は蜂巣のようになってしまいます。今回、撮影の間中、小ぬか雨のようのな細かい前が降
っていましたので、落ちた花びらには、きれいな水滴がついていました。その為でしょう、
落ちた花びらがとても美しい。葉っぱに落ちた花びらも、水面に浮かぶ花びらもその表情
がとても良い。もう完全に気持ちはノックアウトされました。
f0224100_21443546.jpg
f0224100_21450194.jpg
f0224100_21451535.jpg
蓮の花は美しいのですが、それ以外のものも負けず劣らず美しいと思います。葉っぱも
素敵だし、花托もいろがどんどん変化していきますので、見逃せません。今回、雨が水分
を供給し続けますので、花はその重みでちょっと首を傾げた姿のものが多かった。凛と上
に首を伸ばした姿と違って、ちょっとお疲れかなという感じになっていました。一方、散
った筈の花びら、池の彼方此方でとても元気で瑞々しい。そのコントラストがとても面白く
感じられました。そんな訳で、花よりも花以外のものにばかりレンズを向けました。それ
もありだよね。
※E-M1 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-07-14 01:00 | 自然 | Comments(0)